カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

閉じられた棺 ソフィー・ハナ

ソフィー・ハナによる、エルキュール・ポアロ第2作。

スコットランドの刑事、キャッチプールは、アイルランドの児童向け推理小説作家、レディ・アセリンダ・プレイフォードの屋敷に招かれた。そこには友人のポアロも招かれていた。
着いたその日のディナーの席で、レディ・プレイフォードは、破天荒な遺産相続内容の更新を告げる。
その晩、新たな相続人となった者が殺された。


Amazonの『閉じられた棺』のページ

読み始めはいただけなかった。
例によって、読みにくい文体。(推定される理由はあえて語らない)
難病で余命が幾ばくもないという人物にひどい物言いの人々。
屋敷の主もなんだかあえてトンチンカンな人物になっているようで、面倒くさい。

それが読んでいると、面白くなってくる。
当初考えられていた死因が実は違っていたり。
検死審問後に、驚くべき事実が浮き上がったり。
それで、被害者に対する意識が自分の中でがらりと変わるのも面白い。

これを読み始めた頃か、読み始めるちょっと前かに、イギリスは謎解きの本格ミステリーがお家芸というような記述を読んだ。ほんと、そうだね。

レディ・プレイフォードがある人物を愛しながらも、殺されるかもしれないという心理。私にはわからないなんて思っていたけど、よく考えたら、そんなことなかった。
昨日の仕事で某グローバルエンタメ施設企業のおもてなしに関するちょっといい話が出て来て知らずに涙ぐんでいた。でも、実は最初に読んだ時は私がそのようなもてなしを受けるのは嫌かも、やられてむしろ悲しい気持ちにならなかっただろうかと思ったんだよね。
人間、歳とともに感情と理性が同時に別々に働くんだね、とレディ・プレイフォードにシンパシー。

そして、奔放なようでいて義理堅いレディと、彼女に忠信を尽くす存在もいいなあと思った。
チャッチプール君の控え目な性格といい、これはイギリスないしはUKの味じゃなかろうか。好きな味だ。

舞台のクロナキルティはここのようだ。
そもそも、ポアロとキャッチプールはロンドンから来ているわけだし、もう一つの舞台であるオックスフォードもイングランドであり、イギリスであり別の国になるのだが、そういう垣根が一切なく描かれている。
東京の人間にとっての松山ぐらいの感じなんですかね。距離だとそんな感じ。

最初っから文庫って助かる~。軟弱すぎるけど、単行本じゃ重くてつらいのよね。

関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

08/09のツイートまとめ

kiyohara00

何でこれで円高なのよ。1ドル120円の頃に入金されたドル預金がいつまで経っても引き出せないわ。 トランプ氏、北朝鮮をけん制 「米脅かせば炎と怒りに直面」 https://t.co/ut0IinfQ9M @Reuters_co_jpさんから
08-09 14:26

関連記事

07/29のツイートまとめ

kiyohara00

今日はほんの少しだけだけど下を向くとくらっとするような感覚と頭痛。昨夜少し睡眠が浅かったせいかなあ。
07-29 14:16

関連記事

大奥 第十三巻 よしながふみ

将軍は、徳川家斉、家慶、家定
老中首座は、水野忠邦から阿部正広
大奥は、瀧山
ペリー来航、攘夷論が持ち上がる時代。

人痘接種の普及で赤面疱瘡が封じ込められ、男子が少ない社会は終わりを告げ、それにしたがい、再び男が支配する社会になりつつあった。


Amazonの『大奥 13』のページ

よしなが作品は男女共同参画センターに所蔵されている率が高いと思っているのだが、冒頭部はそれを改めて思い出す内容だった。

家慶、家定の母がとてつもなくひどいのだが、それで、また話が面白くなっている。
珍しく何度も読み返してしまった。

家定の下唇に光のパールが描かれていて、『ベルサイユのばら』を思い出した。マリー・アントワネットとかの下唇にも乗っかってたよね。そういえば、『ベルサイユのばら』も男女共同参画センターに所蔵されていることがある。

阿部正広は谷中霊園に葬られているらしい。(Wikipedia調べ)今度、日暮里に行ったら寄ってみたい。あと、阿部家中屋敷が文京区西片にあったとのこと。西片公園とか誠之小学校も行ってみたい。

阿部正広、瀧山、家定の機知、活躍に次巻も期待。
関連記事

Happy Birthday Mick!

お誕生日おめでとう、ミック!

結成55周年? すごいよね。人生のキャリア大半がローリング・ストーンズって、どんな感じ?

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト



ライブの合間に、ストーンズのメンバーのインタビューがちょこちょこっと入る。
それが、「何その質問?」というような質問。(ロックミュージシャンへの欧米人の質問って伝統的に、そんなよね)だけど、それをかっこよく切り返していく。
10年ぐらい前のライブで、当然のことながら、すでにメンバー、そこそこじいさんの60代。
なのに、ミックが若々しくて、遠目から見たら、若者だ。シルエットも動きも。黒のTシャツ(ラメが入っている?アングルによってちょこっと光る)に暗色のパンツ(デニム?)という非常にシンプルなコスチューム。それが生きている。シャツは腕を上げるとお腹がのぞくという絶妙な長さ。それがキュートというかセクシーというか。健康オタクで鍛え上げられているからというだけじゃすませられない。何かそこから発散されているものを感じる。

アンコールの1曲目なんだろうか、『悪魔を憐れむ歌』。会場の後方から、客席通路の中央を通って登場する。それはそれは印象的で。今までぴんと来なかった楽曲だったんだけど、今回深く心に刻まれた。

Just as every cop is a criminal
And all the sinners saints
As heads is tails
Just call me Lucifer

ストーンズ、いいわーと実感したので、『ベガーズ・バンケット』やベスト盤を聴きつつ、Facebookのストーンズのページを見たところ、
あれー、これは、ルシファー(『聖☆おにいさん』の…)。ミックじゃなくてキースだけど。
(今のところ、誰も賛同してくれない)

ベスト盤は、『GRRR!』がいい。オリジナルのライナーノーツ(って今でも言うのか?)に日本語版解説が加わった90ページ。1曲1曲に、かんたんな解説が付いていて、その後に、歌詞が英日対訳(1ページが2段組み)で載っている。ストーンズが50年世に送り出してきた名曲の数々をさらっとおさらいできちゃう。CD3枚もあるのに、耳に馴染みのある曲ばかり。

関連記事
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

07/21のツイートまとめ

kiyohara00

カルピス シチリアレモンの水出し緑茶割り。わりといける。口にするものに好き嫌いが多く保守的ななかでの冒険は好きなんだな。他にも牛乳割りみそ汁とか。
07-21 14:05

フィラリア症予防薬、昨日(7月21日(金))に投与済み。
07-21 14:06

関連記事

五番目の女 ヘニング・マンケル

鳥を愛する隠居した男、ホルゲ・エリクソンが殺された。次に蘭の愛好家、ユスタ・ルーンフェルトが誘拐される。
イースタ署の警部、クルト・ヴァランダーらが捜査にあたる。

 
Amazonの『五番目の女 上』のページ

まず、書いておかないと忘れるので、本作の核と思えるものについて。
女性への虐待と自警団。
スウェーデンでは、実際この頃(90年代)に自警団が社会問題になっていたという。この場合の自警団とは日本人が想像するものとは異なり、警戒にあたるだけではなく、自ら処刑(私刑)を実施してしまうというもの。
この二つが掛けられて本作の骨子を形成している。

鳥を愛し、鳥の詩のみを書く男と、蘭を愛好し、アフリカまで旅行するという男。殺人などの対象となりそうもない人物が…というのが、引き込まれていった要素の一つでもあるかな。
また、読みだせば程なくわかることなのでばらしてしまうと、犯人は女性。
これは、もう一つの引き込まれた要素。自分が女だから、親しみやすい気がする。
ただし、この犯人の考えることはほとんど理解できなかったけど。

女性といえば、シリーズが進むにつれ、女性の活躍率が高まりつつあるかな。これはシリーズ第6作。
フーグルンドは、今や片腕。
前作の途中だったか、イースタ警察署の署長の女性になったし。リーサ・ホルゲソン。
娘のリンダもちょくちょく登場。
その中でも、地道にいいなあと思うのは、受付のエッバ。
父親と行ったローマ旅行で必死に日焼けしてきたヴァランダーに対し、
「九月でもイタリアならそんなに日に焼けることができるのね?」
なんて、ヴァランダーが一番言ってほしいことを言ってあげる。すごいよ。

その父親。ヴァランダーとは長いことわだかまりがあって、ローマ旅行で打ち解けあえたと思ったのに…ね。

ヴァランダーは、バイバ・リエパを呼び寄せて、一軒家に住んで、黒ラブを飼うなんて夢を描いている。
娘のリンダに、他人と住むには不向きと言われても、そう願い続けている。
さて、どうなるんだろう。

最後に、
本作が良かったと思う点は、チームワーク機能が高まっているところ。ヴァランダーがイースタ署の刑事の特徴や役割から、適切な仕事を振る。ストックホルム等の警察署からの応援の刑事、近隣の警察署の刑事と協力して、効率よく捜査を進める。
それで、それぞれの刑事の仕事や気付きから、難解な事件が解決につながるというのは、ヴァランダーがひとりで事件を解決するというより、現実味がある。

関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

ときどき旅に出るカフェ 近藤史恵

奈良瑛子は、以前同じ会社に努めていた葛井円に再会した。円は瑛子の自宅のそばで、カフェ・ルーズというカフェを営業していたのだ。客を旅に出ている気分にさせるカフェ。円は、ほぼ毎月世界中に旅に出て旅先で出会ったおいしい料理やお菓子、飲み物をメニューに取り入れていた。
瑛子はカフェ・ルーズが気に入り、頻繁に通うようになる。

第一話 苺のスープ
第二話 ロシア風チーズケーキ
第三話 月はどこに消えた?
第四話 幾層にもなった心
第五話 おがくずのスイーツ
第六話 鴛鴦茶のように
第七話 ホイップクリームの決意
第八話 食いしん坊のコーヒー
第九話 思い出のバクラヴァ
最終話


Amazonの『ときどき旅に出るカフェ』のページ

第一話~第六話までは、瑛子の身の回りや店で起きた、ちょっとザワッとするような小さなミステリーを円または瑛子が看破していくという一話完結方式。
自宅のそばで気楽に行けてすてきな心地よいカフェで過ごす。このまま、ほわんほわんと続くのかと思いきや…。
第七話以降、カフェ・ルーズにライバル店登場というだけではない、円に何やらいわくがありげ。一話で完結しなくなり、「最終話」がそれまでのようなカフェメニューに掛けたタイトルがない。「最終話」とだけ記されたページを見ると、何とも不吉さを感じさせる演出。

語り手の瑛子は、控えめながらそつのない感じのいい女性だ。
好感の持てる人物だけに、心の中の描写として人を批判するときが刺さった。その批判が自分に当てはまるだろうと思えたから。カフェで大きな声で話していたり、人の悪口を言っていたりすることもあっただろう。
また、円も同様。外国のレストランにて日本語でその国を悪く言う。心当たり大アリ。
おっしゃることはごもっともだし、今後そのようなことのないようにとは思うけど、現実世界で自分が好きな瑛子や円のような人たちに内心そういうふうに思われていたんだろうなと思うとショックだよね。

瑛子のタイプは近藤氏の作品によくある若い男性の語り手とタイプが同じだ。内省的で周りをよく見ている。男性で世代も違うと、すてきな人物で流してしまうところだけど、同性となると、受け止め方が違うんだなあとも思った。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

回帰 今野敏

警視庁刑事部捜査一課 殺人犯捜査第三係の樋口顕(ひぐちあきら)の母校の門の近くで爆弾テロが起こった。指揮本部が設置され、刑事部のみならず、公安部やSITの者たちとの協調が求められる。
そんな中、樋口の上司である第二強行犯捜査担当の天童隆一が退職した元部下の因幡より電話があり、事件の前にテロを防ぎたいので協力してほしいと言われたという。しかし、その因幡は海外を放浪した末に、国際テロ組織に入ったという噂があった。


Amazonの『回帰』のページ

面白かった。
どんでん返しの展開と緊張感が…かなあ。
細部はむむむーというところがあったけど。

読んでいる間中、この表紙の写真はどこで撮ったのか気になっていた。NTTビルと新宿の高層ビル群らしきものが見え、手前にラグビーグラウンドがある場所。読み終わる少し前に気がついた。この事件現場と想定されている上智大学(作品のなかでは大学の名前は出されていない)の脇の桜並木の土手からの写真だ。ここ
最初に桜の季節にこの桜並木の土手に行ったときに土手の上から転げ落ちた(飲んだ後で酔っていた)。それで、ここに行くたび、ここの話題が出るたび、そのことが真っ先に思い出される。
関連記事
THEME:今野敏 | GENRE:本・雑誌 |

学生 島耕作(5) 弘兼憲史

STEP 45 青年は荒野をめざす
STEP 46 ふたりのシーズン
STEP 47 愛すべきボクたち
STEP 48 危険なふたり
STEP 49 僕のそばにおいでよ
STEP 50 嘘は罪
STEP 51 クレイジー・ラブ
STEP 52 ノー・ノー・ボーイ
STEP 53 今日の日はさようなら
STEP 54 仰げば尊し
STEP 55 受験生ブルース


Amazonの『学生 島耕作(5)』のページ

布施は命を取り留めてよかった。
東北沢に接近した鈴木恵子は怪しいね。
島の最初の妻となる岩田怜子登場。
また、島は家庭教師先の教え子と何かが発生しそうな気配。
樫村も引き続きひょうひょうと活躍。
関連記事
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして