カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行: オランダ、ベルギー、オーストリア、チェコの40日間 関口知宏

ヨーロッパのオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、チェコ、5か国を鉄道で巡り、各国人々との触れあいが、文、写真、イラストで描かれる。


Amazonの『関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行』のページ

NHKの鉄道の旅シリーズの一部をおさらい。
5か国と言っていいと思う。1日だけだけどルクセンブルクが入っているから。EU加盟国で人口や面積で比較的小規模だけど、経済的には安定している国ということになるんじゃないかなあ。チェコだけ、旧東欧諸国で若干仲間はずれ感があるけど。
関口氏はそんな各国独特の特色を見つけてまとめている。

先日放送していた総集編(トリンデルさんとヨーロッパのシリーズを振り返るという)で語っていたことを展開した内容。シリーズ本編のテレビ放送では十分に伝わってこなかった関口氏の意見がはっきりと語られている。
世界中で、日本でも高まりつつある内向き指向の現状にあって、
「違う国々、それもこれまで戦いや争いを売り返してきた歴史を持つ同士が一つにまとまる」という挑戦
を日本も進めていかなければならないと考えている。そこでオファーを受けたという流れらしい。

先日やっていた総集編で、私の旅は終わった、と断言していた。
えー、だってまだヨーロッパでも行っていない国があるじゃん。もっと続けてよ、と思ったんだよね。
それに関して、この本の「はじめに」に「ある国を最後にヨーロッパ鉄道の旅を終えようと決めています」とある。

実はこの今の時代の可能性と限界を生んだのが、僕がこれから目指すある国と、その国民性だからです。

と、続く。
シリーズの最後はイギリスだった。でも、放送を見て関口氏がイギリスについて「今の時代の可能性と限界を生んだ」と考えていたというのはわからなかった。
状況的にEU脱退が決まった後だから、「この今の時代の限界を生んだ」と考えるのはわかる。しかし「この今の時代の可能性を生んだ」については何をしてそう言っているのかわからない。これは2006年に刊行されている『関口知宏が行くイギリス鉄道の旅』を読むしかない。
また、今回のイギリスの旅をまとめた本も出るんだろうな(出て欲しい)。ぜひ、読んでそこのところを確かめたい。

あと、今回の旅の『関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行: イタリアをめぐる旅~ローマ、ミラノ、ナポリをゆく』も、ぜひ読みたい。

各国の基本情報は観光ガイドブックレベルの詳しさ。この基本情報を頭に入れて読み進めると内容や関口氏の視点を理解しやすくなる。

小口部分に、各ページの内容に対応する英語の国名と国旗が印刷されている。この国旗が閉じた状態での見出しになる(辞書にあるような)。ちゃんと国旗の模様っぽくなっていて、これが何ともいとおしい。

national flags

続きを読む

関連記事
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 | TAGS:

プラハの憂鬱 佐藤優

佐藤氏が、外務省の研修生時代、86年~87年に、ロンドン郊外の英国陸軍語学学校でロシア語研修受講時に、亡命チェコ人で古本屋を営むマストニーク氏出会った。


Amazon 『プラハの憂鬱』のページへ

佐藤氏のイギリスでのイギリス語学研修時代の話。時間軸で見ると、説明の導入部分を除き、「紳士協定」の中に収まる。「紳士協定」の中心となっている英語研修期間の直後になる。「紳士協定」の中心となっているロンドン郊外でのホームステイ&英語研修の後、佐藤氏が同志社大学大学院の神学部時代から続けている神学者フロマートカ(ロマドカ)の研究で、チェコの神学書を買い集めていた際に、ロンドンのマストニーク氏に出会う。

佐藤氏はマストニーク氏のチェコの話(講義と呼んでいる)、会話に惹かれ、マストニーク氏も佐藤氏の向学心に応えようと、それまで避けていた神学について学びつつ、佐藤氏に知識を授けていく。
人見知りだという自己評価の佐藤氏が、マストニーク氏など周囲の人間にとって忘れがたい関係を築いていく。陸軍語学学校でクラスメートになった英国海軍のトーリャ、ロシア語の先生などから、さまざまな話を引き出してくる。この内容が難しいが面白い。

佐藤氏は沖縄出身の母を持ち心の底に複合アイデンティティの問題があった自分が地政学的環境にあるチェコ人とチェコの神学と思想に無意識のうちに引き寄せられたと分析する。
そして外務省でチェコの専門家を希望しながらもロシア・スクールの配属となりロンドンに行き、複雑なアイデンティティを持つマストニーク氏やトーリャのガールフレンドでナバホ族(ネイティブアメリカン)等と交流したことは、神の引き合わせと感じている。

同時に私も本書に巡り会ったことについて神の引き合わせを感じる。
まず、マストニーク氏が営んでいた古書店Interpressは、私がロンドン滞在時のステイ先から徒歩で数分の場所だった。シェファーズブッシュ駅から徒歩なので、近そうだとは思ったものの、これほど近いとは。(そこも私のステイ先も、シェファーズブッシュ駅から10分ほどあり、シェファーズブッシュは最寄り駅ではない)
もう一つ、引き合わせと思えたこと。最近、複数のチェコ人と仕事でやりとりしている。チェコが本社の会社だから。しかもその会社はマストニーク氏の出身のモラビアの中心都市にある。
単純に楽しみのために手に取った本に、複数のチェコ人について、チェコ人の気質や考え方が書かれているというのは、偶然の一言にしてはできすぎている。
本書からチェコ、チェコ人について、もっと知りたくなった。
関連記事
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして