カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

パズル・パレス ダン・ブラウン

NSA(米国国家安全保障局)は19億ドルの費用を投じたコンピューター<トランスレータ>を使い、暗号化されパス・キーで保護されたメールの復号化処理を行っていた。
<トランスレータ>はその存在が公にされておらず、運用開始時にNSA単独の裁量に任されることになった。
つまり、NSAはだれのどんなメールも秘密裏に盗み読むことできることになった。

NSAの暗号解読課に勤務していたエンセイ・タンカドは、道義心に満ちた男で、この決定に激怒し、人権を著しく侵害すると主張した。そして、NSAの機密保持規約を破り、この事実の公表をはかった。
タンカドは逮捕され国外追放となったが、あきらめることはなかった。<トランスレータ>が解読不能の暗号プログラム”デジタル・フォートレス” を作成しており、<トランスレータ>を装備している事実を世界に公表するように迫った。メールを閲覧できることをNSAが認めれば、デジタル・フォートレスは廃棄すると。
しかし、その連絡を受けたNSA副長官のストラスモアは、その提案を退けた。

デジタル・フォートレスは完成され、タンカドのウェブサイトで無料公開された。
ただし、そのデジタル・フォートレス自体がそれ自体を使って暗号化されておりパス・キーなしには開くことができない。<トランスレータ>にさえ、その暗号を解読できずにいた。

パス・キーは、タンカド本人と、協力者が持っており、タンカドが死んだ場合、その協力者がパス・キーを公表するようになっていた。
その協力者がだれなのかは不明だった。

そんな折、タンカドはスペインで不慮の死を遂げる。デジタル・フォートレスのパス・キーが公表され、<トランスレータ>でその暗号を解読できないとなれば、<トランスレータ>を使ったメール閲覧による情報収集が大打撃を受けることになる。
そこで、NSAの暗号解読課主任のスーザン・フレッチャーはストラスモアに呼び出された。また、同時に、パス・キーを手に入れるため、スーザンの婚約者、デイヴィッド・ベッカーは、同じくストラスモアから依頼を受け、タンカドの遺留品をセビーリャの死体安置所まで取りに行く役目を負った。パス・キーを手に入れるためとは知らされずに。

 
Amazonの「パズル・パレス」検索結果ページ

ミレニアム 4』を読んで、NSA(米国国家安全保障局)に興味が湧いた。といっても軽~い気持ち。
こんな気持ちを満たすにはダン・ブラウンはぴったりでしょう。

デビュー作だけど暗号学者ラングドンのシリーズが当たった後に、日本語版が出た模様。
1998年の出版とのこと。

ラングドンのシリーズより、残虐なシーンが少ないのはよかった。人は、次から次に殺されるけどね。

上下巻で600ページを超える長編だけど、すらーっと読めた。
引き込まれてつづきを読まずにはいられない内容なのはもちろん。
その他、翻訳がいい?翻訳文を読むのに私が慣れた?
文字が大きく(1行の文字数が少ない、1ページの行数が少ない)て読みやすい。新聞の文字が大きくなったぐらいの時期から最近の文庫本はそうなっているのかな。

読み終わって、誰が悪者だったのかと考えると、最初は真の悪者はいなかったように思った。自分の信念が欲望にちょっと絡みついちゃって道を踏み外しちゃった登場人物がしでかしちゃったかなと。
いやいや、違う。殺し屋を雇って、さらに、それが常態化していたことをほのめかす記述から考えると、もう明らかな悪者だ。
また、一件落着して、その人物が殺人者を雇うのを知っていた人物が何のとがめも受けないというのはいかがなもの。司法判断以外で、人を殺すことを容認するって大問題でしょと思わせられたところは、作りが甘いように思えた。

また、エンセイ・タンカドは日本人ということで、日本人の価値観的な記述があるのだけど、う~ん、そうなのって思う。自分のコミュニティ以外の人間を描くとそういうことになるのが普通なんでしょうね。ということで、そこは流さないとね。
それでもエンセイ・タンカドって、漢字でどうかくのよって何度も考えたけど。
同様に、もう一人の日本人や、ポルトガル人の名前が聞いたことないぞと。

スーザンはすこぶる付きの美人で、スタイルも良く、頭脳明晰であるらしい。小説って、その辺を読み手の自由で視覚化想像できるからいいね。

デイヴィッドの指輪のアメリカン・ユーモアのシーンでは、くすりと笑わされ、そして、ちょっと泣かされた。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

佐藤優が5人のゲストとナビゲート! 90分でわかる 日本の危機 佐藤優

ラジオ番組での対談。佐藤優氏が次の5人と対談。ニッポン放送アナウンサの増山さやか氏がサポート。
手嶋龍一氏(作家・外交ジャーナリスト)
下村博文氏(文部科学大臣当時)
山口那津男氏(公明党代表)
加藤達也氏(産経新聞前ソウル支局長)
加藤登紀子氏(シンガーソングライター)


Amazonの『佐藤優が5人のゲストとナビゲート! 90分でわかる 日本の危機』のページ

2015年の放送。
各ゲストがどのような人であるかということがわかる。
政治や国際情勢は放送当時から2年弱で変わってきていることがあるのだと実感する。

聖☆おにいさん 12 中村光

その81 バイセコーバイセコー
その82 今日は何の日48
その83 カミとカミ
その84 コチコチとグニャグンヤの間
その85 夢の枕、星の屋根
その86 寒い国から来た神様
その87 決戦!! 立川は萌えているか
その88 もちろん踵は0インチ



各話の後のその後のオチみたいな一コマイラスト(+台詞)が、一番面白いように感じた。南無阿弥陀仏。
THEME:アニメ・コミック | GENRE:アニメ・コミック |

演じられた白い夜 近藤史恵

舞台女優の神内麻子は、演出家である夫、匠の招きで新たな舞台に出演することになった。匠と匠が選んだ初対面の出演者とともに雪深い山の中で合宿をする。演目は本格的推理劇で、出演者には演じる役の気持ちになりきってもらうため、台本は練習する日の1日分が前日に渡されるというやり方。ただし、犯人役のみには、事前に説明されているという。
その劇は、猫好き掲示板のオフ会で者たちが孤島に行ったが翌日になっても連絡船が迎えに来ず、島に取り残されてしまうという内容だった。
役の上で、殺された役者が、翌日死んでいるのを麻子が発見した。役者としても、恋愛面でも悩んでいたことから、自殺と考えられた。それを連絡しようと電話を掛けようとしたところ、電話がつながらなくなっていた。また雪崩で麓への道も通行不能になっていた。


演じられた白い夜

こういう入れ子構造、作中作って苦手な方なんだけど、これは面白く読めた。両方、どきどきした。そしてミステリー劇の真相にも驚いた。ほんと本格推理劇になっているんじゃないだろうか。

作者があとがきで「今読めば稚拙なところはたくさんあるけれど」と書いているのを読み、そういえばそうだと思ったものの、読むまでは、そうも思わず読んだ。
69年生まれの近藤氏が98年に書いたということは、28か29の時の作品になる。稚拙さ以上に若さの勢いが勝っているように思う。その勢いに押されるように一気に読んだ。

そのあとがきで近藤氏が演劇をやっていたと知った。最終公演後に涙が止まらないほどの喪失感を感じたそうだが、私にとっては、演劇をやめてくれて良かったと思った。演劇を続けられていたら、小説が生み出されることはなく、私の楽しみの読書の時間が何時間も喪失されていたのだから。
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

ミレニアムと私 エヴァ ガブリエルソン、マリー=フランソワーズ コロンバニ 他

原題のMill énium, Stieg et moiのとおり、「ミレニアムとスティーグと私」の内容。ミレニアム3部作の作者スティーグ・ラーソンと32年間パートナーだったエヴァ・ガブリエルソンが、ラーソンから聞いた二人が会う前のラーソンとガブリエルソン自身、そして共に歩んだ32年間のラーソンとガブリエルソン自身について語る。ミレニアムに関連し、ミレニアムが生み出されることに大きく寄与した二人の人生、生活について。ミレニアムはガブリエルソンの知識とスティーグの創作能力を組み合わせた産物であり、どちらを作者としてクレジットするかは重要と考えていなかったと。
ラーソンの作品の著作者人格権をめぐりラーソンの家族との争う状況にあり、内容の客観性のため、第三者のマリー=フランソワーズ・コロンバニに原稿を預けて共同作者とした。
…という内容だったと記憶。

社会福祉・社会保障の先進国と考えていたスウェーデンで結婚していないパートナーに遺産が入らないというのが驚きだった。これは、ミレニアムを文庫版の訳者あとがきなどでわかっていたことだが。

ミレニアムでにわかに興味を持ったスウェーデン、そしてラーソンについていろいろ知れて面白かった。
二人が住んでいたフラットがうちよりも床面積が狭いというのは、かなりびっくりしたし、余裕のない生活を送っていたというような記述は掛け値のないものなのだろうと思った。

あと、びっくりしたのは、作者が北欧神話に基づいた呪いの儀式を行ったという記述。結構鬼気迫るものがあった。スウェーデン人は合理的な考え方をし、そういうものとは無縁だという先入観があったから。それできっぱり怨嗟が晴らせたなら、合理的な方法だったし、そういうことをしたと書くことにより広く伝えて相手を糾弾するという効果を得られたと考えるのであれば、それもある意味合理的だが。

ラーソンの死、その後の遺産を巡る悲劇的な展開には、あらかじめわかっていたことだけど泣かされた。

ミレニアム4は、著作者人格権さえ得ることができれば、ガブリエルソンが完成させルことができると言っている。つまり、話はほぼほぼできあがっているのだろう。
単純なミレニアムファンとしては、それは吉報。とにかく出してほしい。

ミレニアムと私ミレニアムと私
(2011/11)
エヴァ ガブリエルソン、マリー=フランソワーズ コロンバニ 他

商品詳細を見る

KISS (キス) 2014年 09月号

『海月姫』再開。
『東京タラレバ娘』は、どこいった?主人公が韓流風の若いモデルと箱根の旅館でってところで、姉妹紙に移った?

『透明なゆりかご』。
産婦人科の話。前回、厳しい内容で読んでいてつらかったので、今回もしばらくあえて読まないようにしていたけど、読んでみたら、うんまあ、そんなに厳しい内容でもなく、なかなか考えさせられる内容だった。

『9時にはおうちに帰りたい』
ミーハーっぽいけど、意外とロートーンの野呂さんは、世代感なんだろうな。

今後の展開が気になるのが『逃げ恥』
あとの話は、もうどうなったって同じでしょうという心境。

Kiss 2014年9月

KISS (キス) 2014年 09月号 [雑誌]KISS (キス) 2014年 09月号 [雑誌]
(2014/07/25)
不明

商品詳細を見る
THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック |

KISS (キス) 2014年 07月号

七つ屋志のぶの宝石匣 Story. 3 二ノ宮知子
表紙&巻頭。
志のぶと同じ学校のお金持ちの家の子のピンクダイアをめぐる話。本作では『のだめ』みたいに、のだめやら千秋のような登場しただけで愛着を持ってその活躍ぶりを楽しみにするようなキャラがいるという状態ではない。それでも一話一話楽しまされる。

おいピータン!! 256 ドロップ 伊藤理佐
サクマの缶ドロップ。なつかしい。また食べたくなる。でも夏は湿気でドロップがくっついちゃわなかったっけ?

銀盤騎士 magic21 ジュモンノキキメ 小川彌生
ドキドキの展開だが、展開の理由付けが今ひとつ伝わってこなかった。

9時にはお家に帰りたい 青色イリコ
#22 「りぼんっ子?なかよしっ子?」
#23 「アラサーと90年代少女マンガ」
講談社なのに二人とも「りぼんっ子」だったってあり?小中とひたすら集英社のマンガだけを読んでいた私としては共感でき,
うれしい。
そして中学でファッション誌に移行してマンガ史は読まなくなった野呂さんと同人アンソロジー、青年誌に移っていき、それを隠す矢部さん。少女の典型が描かれているなあ。

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥) 第17話 [言わぬが花] 海野つなみ
平匡は、ひねくれ過ぎだなあ。でも現実こんな人いそう。めんどくさー。そのひねくれ逃避行動から、平匡はピンチ、腐女子読者うひひの次号予告的展開。でも仮面夫婦の新婚旅行、旅行最後のキスと2号連続で引っ張られて、楽しみにして読んでみれば、ぱっとした盛り上がりのない展開だったから、期待できない。こっちも平匡みたいにひねくれてきてしまうわ。


銀のスプーン
 第55話 小沢真理
奏のクラスメート美由の虚言がやばい感いっぱいの前号の展開だったけど、ソフトランディング。よかった、よかった。

神は細部に宿るのよ 第111回 久世番子
ファッションに於けるヒップライン問題。
ヒップラインを見せられないからスカートって!どうしてこの人の話は私の心情にどんぴしゃなんだろう。

KISS (キス) 2014年 07月号 [雑誌]KISS (キス) 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/05/24)
不明

商品詳細を見る

Kiss 2014年7月号目次
THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック |

エロイカより愛をこめて 23 (秋田文庫 20-34)

<番外編>聖夜のよき訪問者たち
<番外編>古城販売作戦
NO.22 聖ヨハネの帰還 Part.1~Part.2
プリンセスコミック版第35巻から第36巻にまたがった内容。

エロイカより愛をこめて 23 (秋田文庫 20-34)エロイカより愛をこめて 23 (秋田文庫 20-34)
(2012/07/10)
青池 保子

商品詳細を見る


時間を置いて読んだプリンセスコミック版の「聖ヨハネの帰還」は、少佐やミーシャの任務の詳細が何だったかわからなくなったり、話の筋の細かいところをすっかり忘れていて、完結しても何だかよくわからなくなっていたが、ある程度まとめて読み直して、思い出した。
しかしマークス教授の左に立つヨハネのデイシスが持つ意味の仮説が、わからないまま。

伯爵に華やぎが欠けるような。それは、現実世界じゃエロ愛35周年で、初登場で20代(後半?)だった伯爵は、もう還暦を迎えたおっさんのせい?いや、サザエさん方式で、伯爵以下、ジェームス君ら部下達、少佐や部下A~Zら、みんな歳を取っていないはず(少佐は一切昇格していないし)。

そう感じる理由の一つを発見。服装だ!
寒い季節の設定か、戸外ではコートにニットの帽子やらマフラーやらやらという服装。それでは、ドリアン・レッド・グローリア伯爵にしては貧乏くさい。初期には、毛皮のロングコートを身に纏っていた。
青池先生がアンチ毛皮主義者になったのだろうかと思ったが、金持ちの女性や女性に化けた宝飾店強盗は、毛皮を着ている。
男性ファッションでは毛皮は流行っていないせいかもと思うが、女装した伯爵も毛皮を着ていない。(襟にあしらっているコートを着ているというのはあったけど)(余談だが、その点を検証しようと「毛皮」で画像検索をしたところ、「毛皮」を剥がされた動物の画像が(キャ~~~~!!!)。やはり極寒地でもなければ、毛皮は必要ないと思う。ダウンもね)
(アンチ毛皮でも)まんがなんだから、毛皮を身に纏っても、いいじゃんとも思うし、地味になってもアンチ毛皮を貫いてほしいとも思う。複雑だな。

任侠病院 今野敏

日村が代貸(関西:若頭)を務める阿岐本組。過去に出版社経営(とせい)、高校経営(任侠学園)を手掛けてきた。どちらも組長阿岐本の道楽心から。
今度は病院経営。傾きかけた駒繋病院の業務委託業者に問題があった。
同時に地元では、阿岐本組の立ち退き要求運動が起こった。

任侠病院任侠病院
(2011/10/20)
今野 敏

商品詳細を見る


今野敏のほぼすべての作品に渡って伝えられるメッセージ:個々がそれぞれの役割を全うし、協力し合って成果を出すというのが仕事。
助っ人緊急外科医の多賀が、阿岐本に答えて

「人を助けるのが、医者だって?それは違う。医者は、人を診ているわけじゃない。患部や症状を診ているんだ」
(中略)
「患部を治療し、症状をなくしたり、軽くしたりすることに全力を尽くす。それが医者だ。そして、それを検査技師や看護師がフォローし、ケアする。さらに、医療事務がそれをサポートする。わかるかい?人を助けるのは、医者じゃない。俺はそんなに思い上がってはいない。人を助けるのは、病院なんだ。病院のみんなで人を助けるんだよ」


今回、私が感心したのは、次の描写

 思えば、日村は若い頃から居場所がなかった。学校に通っているときも、そこが自分の居場所だとは思えなかった。
 貧乏を絵に描いたような母子家庭の自宅も、本来の居場所だと感じたことはなかった。

経歴からも、作風からも、日村のような「居場所がなかった」人間の気持ちがわかるのかと。ま、わかんなきゃ、作家になれないか。

本作は、日村の視点で描かれているというのは、とせい任侠学園と同じ。しかし、本作では、阿岐本のおやじが、ひたすらアイディアを出し、日村は司令塔として働くのみ。日村がかっこいいと感じられるシーンがなかったなあ。

上馬で「駒繋」って。「駒留」から来てるね。
THEME:今野敏 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:

獅子神の密命 今野敏

UFO、超古代文明、超能力にCIA等諜報機関、ジャズ、拳法がからむ…という今野先生のお得意分野がぎゅっと凝縮された長編作品。

1983年の作品。「海神の戦士」から改題。

獅子神の密命 (朝日文庫)獅子神の密命 (朝日文庫)
(2011/01/07)
今野 敏

商品詳細を見る


けっこう翻訳物っぽい文体、ノリ。

古事記に秘められた超古代宗教の記述とかユダヤ教、キリスト教との関わりとか、嫌いじゃないテーマなんだ…けどね。
人が簡単に殺されちゃうっていうのは、結構つらい。

80年代頃って、こういうの流行ってたかもねと当時を思い出そうとするものの、その頃、今以上に世の中の流れに頓着しない日々を送っていたから、よくわからない。

これも途中まで場面があちこち跳ぶので、何が何だかわからなかった。読み終わってから、最初の方を読み返してみると、なるほどね…という感じ。
THEME:今野敏 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして