カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

氷姫 カミラ・レックバリ

スウェーデン西海岸の小さな町、フィエルバッカで殺人事件が起きた。被害者は、フィエルバッカで12歳まで過ごし、イエーテボリに引っ越ししていった非常に美しい女性、アレクス。
ライターのエリカは、アレクスが引っ越して行ってしまうまでは、アレクスと大の仲良しだった。両親から県民新聞に掲載する追悼記事を書くように頼まれ、それとは別にアレクスの伝記を書きたいという野心を抱く。
アレクスの両親、夫とともに行ったターヌムスヘーデ警察署で幼なじみのパトリックと再会する。パトリックは刑事になっていた。
エリカとパトリックは急接近。
エリカは、謎の多いアレクスの身辺を探り、パトリックは刑事として事件の真相を探り、アレクスを殺した犯人を追う。


Amazonの『氷姫』のページ

若い女性作家ならではのエリカの心理描写。
そしてファッションやカロリーの取り過ぎを気にしながらおいしい料理を作ることに心を砕いたり。そして、膀胱炎の心配。
この寒い国では女性は風邪をひくことと同じ頻度で膀胱炎を心配しなくてはならないのだろう。消えた少年の登場人物もこの心配をしていた。もう一つ読みかけのスウェーデン推理小説にも出てきたように思うが、確信はない。私自身、この寒い時期、これらの作品を読んでいた日々にちょっとした痛みというか違和感があり、「もしかしてこれは尿道炎?」と思うことがあったので、日本とは遠い、行ったことのない地でありながらリアリティーがあった。
30代で、いろいろできるエリカにはあんまり親しみは湧かないけどね。

エリカよりもパトリックのほうにより好感を覚えた。礼儀正しい態度で人々に接して、捜査の聞き込みにあたり、子ども、赤ん坊にすぐに好かれる。
しかし、都会的、先進的な印象があるスウェーデンだが、田舎は田舎なんだろうなと思った。聞き込みに行く先々でコーヒーやケーキを出され、同僚にエリカとの仲を根掘り葉掘り聞かれるという人間関係の濃さ。

今までヨーロッパの国々って小さいよねって思っていた(チェコとかオーストリアとかベルギーとか小さいじゃん?)けど、スウェーデンはそこそこでかいな。フィエルバッカから、近辺で大きな町、イェーテボリの国際空港まで200キロ余りだそう。あ、Googleマップだと、そんなにないね。
https://www.google.co.jp/maps/dir/Fj%C3%A4llbacka,+%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3/Landvetter+(GOT),+438+80+Landvetter,+%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3/@58.1922434,10.6611125,8z/data=!3m1!4b1!4m13!4m12!1m5!1m1!1s0x46444ab498afaaed:0x2fb535a41099d251!2m2!1d11.2882238!2d58.5997756!1m5!1m1!1s0x464ffa015437846b:0x2460362f259684b3!2m2!1d12.292314!2d57.668799

続きを読む

THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

消えた少年 アンナ・ヤンソン

スウェーデン、ゴットランド島。観光客で賑わう7月の夏至祭りに近い日。
アンドレアスは、第一次世界大戦中、ゴットランド島沖で座礁したドイツ戦艦、アルバトロス号に夢中という少年。
ホームパーティーで母親と妹とともに出かけた先からいなくなり、姿を消してしまった。
夏の間だけゴットランド島で勤務する警察官のマリア・ヴェーンは、上司や同僚とともに事件を捜査する。


Amazonの消えた少年のページ

子育て世代の女たちが中心に描かれている。マリア、アンドレアスの母親であるシャルロッタ、シャルロッタのいとこであるスサンヌ、友達のエルヴィーラ。恋愛、夫婦関係、子どもとの関係、子どもの心配、女同士の関係が綿密に描かれている。
四人の女たちのうち、二人は離婚していて、一人は離婚を考え、もう一人は夫の浮気を疑う。誰一人として幸せな結婚生活を送っていないとはずいぶんシニカルだと思えるが、これは平均的なところなのかもしれない。だからなのかリアルだ。
そのパートナーや元パートナー、あるいは恋愛に絡みそうな男たちは、ほとんどが情けないか暴力的である。

登場人物の心理描写にページが割かれ、その合間に新たな事件が起きていくが、アンドレアスの捜査は一向に進んでいないように思われるというのが斬新。それでも、最後の最後に事件の真相が明かされる。

続きを読む

THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

三本の緑の小壜 D・M・ディヴァイン

ジャニス・アレンが殺された。成績の良い13歳の美少女だった。遺体はゴルフ場で全裸で発見された。ジャニスが殺された夜、ゴルフ場で目撃された医師のテリー・ケンダルが容疑者となったが釈放された。しかし、テリー・ケンダルがジャニスの遺体発見現場付近の崖から落下してその下の海岸で遺体が発見された。表向きは不注意で落ちた事故として処理されたが、町の人々は、テリーが自責の念から自殺をしたものと考えた。
テリーの弟のマーク・ケンダルは、テリーがマークに向けて出さなかった手紙や匿名の手紙を読み、マークが殺されたものと考え、町に移り住んで、独力で調べ始めた。

三本の緑の小壜 (創元推理文庫)三本の緑の小壜 (創元推理文庫)
(2011/10/28)
D・M・ディヴァイン

商品詳細を見る


テリーとつきあい、結婚を申し込まれた元カノのマンディ・アーミテイジ、テリーの弟、マーク・ケンダル、マンディの異母妹のシーリア・アーミテイジの3人により主に語られる。それぞれの人物に共感しながら読めた。特にシーリアは、それまで知恵遅れで凶暴という扱いだったのが、いや全然普通。むしろ私が13歳の時よりいろんなものが見えている。(私が人より全然見えていないものが多かったんだろうけど)その語りが面白かった。

都合4人が死んだ。その前兆やら、何やらで、スリリングだが、ずーーっと引きずっているわけじゃないし、グロい表現もない。バランスとしていい感じ。
犯人以外に容疑者として考えられる人物にも、動機になり得るような背景があったりするのも飽きないところ。

読みやすい。翻訳物に感じる読みにくさがほとんどない。あとポアロのシリーズなどにある古い翻訳で、訳が英語に引っ張られておかしいというのもない。うん、新しいっていい。70年代の初めに書かれたもので、人物像は現代イギリス人とはちがっているとは思うが、特に古めかしい感じもしない。(私が13歳だった時代とほぼ一致していることもあるだろう。平成生まれの人たちが読んだら、古い感じがするのかもしれない)

アーミテイジ家がベスという犬を飼っていて、下宿していたテリーが逢い引きのお供(口実)に連れて行っていた。兄に代わりアーミテイジ家に下宿した弟のマークも、夜ベスを散歩に連れて行ったりしている。ノーリードで。その辺が、愛犬大国イギリスだなーと感じた。ベスはマークがテリーを殺した犯人に当たりを付ける鍵の一つにもなっている。

最後まで面白かったが、殺人の動機としてとってつけた感じがした。犯人の人物像がもっと描き込まれていたら、読後の感動が大きかったはず。
あと、犯人はテリーを口封じで殺したのに、テリーを殺す際に目撃される危険性を犯人が知りながら顧みなかったというのも、お粗末かなあ。
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして