カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 〈1〉ラサ~桂林、〈2〉桂林~西安

コンピューターではじき出した中国大陸の鉄道で描く一筆書き・最長片道ルートの旅(2007年)。全36,000キロの前半編となる春の旅。ラサ~西安。

 

この企画が含意したであろう「記録に挑戦」、「中国のあらゆる土地の観光」というポイントに関口氏は背を向けるようにして旅をする。そもそも長旅をするつもりはなかったという同氏。
それなのに何かに導かれるようにこの旅に出た。

チベット高原で高山病に悩まされたり、車中泊が続いたり、真夜中や早朝の出発便に乗ったりと体力的に相当過酷な10週間。
だいたい日曜から木曜までの日記になっている。休息日と思われる金土は記載がなくて、もしかしたら臥せっていたのだろうかなんて思わされる。

自身が書画、音楽と多彩な才能を持つ関口氏が、中国らしい様々な才能を持つ人々に出会う。また、言葉も通じないような小さな子供から年配者までとコミュニケーションを交わす。

また、見たもの、食べたもの、体験したことを確実に自分に取り込んでいく。
鶏や牛の解体に立ち会い、命をいただくことのありがたさを知るなんて、なかなかできることじゃない。

偶然の引合せにぞくぞくしながら、かつて遣隋使や遣唐使が命を賭して海を渡って来た目的地であった西安(長安)で春の旅のゴール。
感慨無量であったことだろう。

関口氏の鉄道紀行の本のシリーズは、今まで、テレビ番組を見たあと読むか、単体で読んでいたのだが、テレビを見る前に読むと、見過ごしてしまうようなポイントやテレビでは語られないエピソードが映像を見た瞬間に思い出されるので、テレビ(録画)も面白くなった。映像と本(テキスト、写真、絵日記)が相乗効果を生む。

関口知宏が行くイギリス鉄道の旅 関口知宏

ロンドンから、ソールズベリ、カーディフ、リバプール、ウィンダミア、エディンバラ、インバネスなど、イングランド、ウェールズ、スコットランドを鉄道で巡る7日間の旅が、文、写真、イラストで綴られる。


Amazonの『関口知宏が行くイギリス鉄道の旅』のページ

諸々の成熟を日本より先に経験して(先進国で)、田舎主義を貫くイギリスを体感したようだ。

さすがにイギリスは鉄道発祥の国だからか、「イギリス鉄道の基本情報」がある。(これって、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、チェコ編でもあったっけ?)
鉄道ファンでなくとも、イギリスに行くならここは押さえなくちゃと思わせる内容。

今まで、「関口さん、なんで旅の前に髪を切ってこない?無頓着な人だなー」と、最近(去年か)の放送を見て思っていたが、これをみて、無頓着なヘアスタイルなのではなく、おしゃれ(自分の意思)でそうしていると気がついた。
パディントンベアと一緒に描かれた自画像の毛先はシャギーに流れている。
それに写真では髪を染めている。
それで、それがまた似合っている。
2006年。関口さんは、まだ若者だ。(最近何かで知ったのだが30台は「若者」の分類になるらしい)

「1階にトイレがない」
そう言われてみれば、そうそう。パブとかね。
日本の飲み屋でトイレが遠いとなると、泥酔者がたどり着くまでに失敗する(何らかの物体が体外に出てしまう)ということが懸念されるけど、イギリスではそんな分別を失うほど飲む人はいないのかな。
へべれけっぽい酔っ払いは見かけたけどね。

ウェールズ、スコットランドの城。ハドリアヌスの城壁。湖水地方。その他、都市と人々とのふれあい。やっぱ、行きたくなる。
THEME:イギリス | GENRE:海外情報 |

関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行: オランダ、ベルギー、オーストリア、チェコの40日間 関口知宏

ヨーロッパのオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、チェコ、5か国を鉄道で巡り、各国人々との触れあいが、文、写真、イラストで描かれる。


Amazonの『関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行』のページ

NHKの鉄道の旅シリーズの一部をおさらい。
5か国と言っていいと思う。1日だけだけどルクセンブルクが入っているから。EU加盟国で人口や面積で比較的小規模だけど、経済的には安定している国ということになるんじゃないかなあ。チェコだけ、旧東欧諸国で若干仲間はずれ感があるけど。
関口氏はそんな各国独特の特色を見つけてまとめている。

先日放送していた総集編(トリンデルさんとヨーロッパのシリーズを振り返るという)で語っていたことを展開した内容。シリーズ本編のテレビ放送では十分に伝わってこなかった関口氏の意見がはっきりと語られている。
世界中で、日本でも高まりつつある内向き指向の現状にあって、
「違う国々、それもこれまで戦いや争いを売り返してきた歴史を持つ同士が一つにまとまる」という挑戦
を日本も進めていかなければならないと考えている。そこでオファーを受けたという流れらしい。

先日やっていた総集編で、私の旅は終わった、と断言していた。
えー、だってまだヨーロッパでも行っていない国があるじゃん。もっと続けてよ、と思ったんだよね。
それに関して、この本の「はじめに」に「ある国を最後にヨーロッパ鉄道の旅を終えようと決めています」とある。

実はこの今の時代の可能性と限界を生んだのが、僕がこれから目指すある国と、その国民性だからです。

と、続く。
シリーズの最後はイギリスだった。でも、放送を見て関口氏がイギリスについて「今の時代の可能性と限界を生んだ」と考えていたというのはわからなかった。
状況的にEU脱退が決まった後だから、「この今の時代の限界を生んだ」と考えるのはわかる。しかし「この今の時代の可能性を生んだ」については何をしてそう言っているのかわからない。これは2006年に刊行されている『関口知宏が行くイギリス鉄道の旅』を読むしかない。
また、今回のイギリスの旅をまとめた本も出るんだろうな(出て欲しい)。ぜひ、読んでそこのところを確かめたい。

あと、今回の旅の『関口知宏のヨーロッパ鉄道大紀行: イタリアをめぐる旅~ローマ、ミラノ、ナポリをゆく』も、ぜひ読みたい。

各国の基本情報は観光ガイドブックレベルの詳しさ。この基本情報を頭に入れて読み進めると内容や関口氏の視点を理解しやすくなる。

小口部分に、各ページの内容に対応する英語の国名と国旗が印刷されている。この国旗が閉じた状態での見出しになる(辞書にあるような)。ちゃんと国旗の模様っぽくなっていて、これが何ともいとおしい。

national flags

続きを読む

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして