カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

エロイカより愛をこめて (1) (2) (3) (秋田文庫)

注! ネタバラシまくりです。備忘録なのでご勘弁。でも、おいしいところは、話の展開にあるわけじゃないから。

第1巻

No. 1 千のキス
3人の超能力者のティーンエイジャー(真ん中、女の子)が扉の第一話。よくあるコミックの後ろの方に入っている、同じ時期にその作者が発表した別の読みきり作品?と見紛う。なわきゃない、だってこれ目次の後ろの本文最初のページ。その真ん中の美術学生の女の子がロンドンのナショナルギャラリーでエロイカに会う。後ろに控えたジェームズ君ら御付きの者たち、シリアストーン。で、この女の子がナレーションをする形で3人の若者を紹介しつつ話が進む。3人のうちの一人、大学講師シーザー・ガブリエル(ピーター・ガブリエルのもじりか?)をエロイカが狙う。ストレートのシーザーは捕らわれてなお、激しく抵抗されるが、エロイカとのキスで、恋してしまう。

No. 2 鉄のクラウス
ここで初めてクラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐登場。第1話で登場のシーザー・ガブリエルの超能力に危険性が認められないか、認められればしかるべき処置をとることが、少佐の任務。エーベルバッハ家の絵画、紫を着る男(のちにこの絵の男が主人公の話を青池保子は書いている。エル・アルコンだっけか?たしか中世スペインの話だった。)の前で、エロイカと初対面。で、いきなり反発しあう。
エロイカは紫を着る男を盗るためにロンドンへ。少佐もシーザー・ガブリエルにエーベルバッハ家の絵画を鑑定してもらうという名目で件の調査を主目的にロンドンへ。
さすが主人公のエロイカは、予告しながら、易々と紫を着る男をを盗み出すが、シーザーは少佐に監禁状態にされている。今度はシーザーを少佐の手から奪うエロイカ。
美術オンチの少佐がシーザーに紫を着る男の価値を問い、
--そうだなあの伯爵が あれほど気に入っていた絵だから いいものなんだろうなきっと--
と、エロイカという男を認めたエンディング。

No. 3 アキレス最後の戦い
ジェイムズ君ならぬ、ジミー・ペイジのギターのイントロが私の頭の中を鳴り響く。Led ZeppelinのPresenceからのシングルカット曲、アキレス最後の戦い。これをBGMに読みますよ。
発掘されたアキレス像を我が物にしたいエロイカ。そのアキレス像にNATOのエージェントが軍事情報を隠した。そこで二人はアキレス像の争奪戦を。
シーザー・ガブリエルもちょこっと出演。少ない登場だが、話の展開の一局面を握っている。

No. 4 ギリシャの恋
ギリシャ風というかトルコ風の見開きのエロイカがいい。
ギリシャの富豪が持つヒスイの仏像を盗まんとするエロイカとKGBの女工作員を監視する少佐。富豪の隠し子として、(おかまの)部下G、初登場。
GがGなのは、gayのGか?
Gに近づく伯爵に嫉妬するジェイムズ君。
J 「は・・・・・・伯爵」
伯爵 「あれ おかまだよ」
J 「だからこそ許せないんです~~」わっ
←泣く

第2巻

No. 4 ギリシャの恋 Part 2

No. 5劇的な春
ロンドン郊外の伯爵の城で、闇の国際大会議。一方少佐はその近くで行われる東西両首脳会議での警備に。首脳会議にノイエ・ナチスが爆弾を仕掛けた。その情報を追って、最後はやっぱり伯爵と少佐が大活躍。
腐女子としては、寝室にいる伯爵に少佐が「脱げ!」のシーン。伯爵のお色気&ウィッティーな態度がサイコー。

No.6 インシャー・アッラー
舞台はイラン。伯爵はパーレビ元国王の隠し財宝を狙い、伯爵は同じくパーレビが隠した軍事情報。
トルコとの国境で偶然会ってしまう二人。お互い身分をバラされまいとして、「アッラーフアクバル」と叫びながら、熱いイスラム教徒もまっつぁおな情熱的な抱擁。隠したガンとナイフを突きつけあいながら。はい、これは本筋には関係ないですね、趣味の記述です。
イスラム原理主義の政権交代後のテヘランで、こんな場所あったんかいな~と疑問が残るが、ベリーダンスのショーがあるクラブや少年男娼のクラブが登場。
目的達成後の伯爵、秘密の情報をもたらしてくれた少年ハールーンの元に戻り、お礼のプレゼント。少年が青年になるまで5年待っていてほしいと言うハールーン。
少年の台詞「インシャー・アッラー(さようなら)
伯爵の心のモノローグ「5年先の私はハールーンを覚えているだろうか--
伯爵は、ハールーンとのことは、ペルシャの異国情緒の夢のひと時だったと割り切っている。
もし夢につづきがあったにしても「イン・シャー・アッラー--すべてアッラーの御心のままに--さよなら ハールーン君
ラスト、パルミュラ遺跡付近の砂漠の真ん中でエロイカを追って来た少佐。二人とも交通手段を失い遭難状態。いかにもイスラム的三日月の下で
すべてはアッラーのみこころのままに--イン・シャー・アッラー

No. 7 ハレルヤ・エクスプレス Part 1
新たな少佐の任務は、エロイカに依頼してヴァチカン法王庁の大金庫から軍事機密を盗み出すこと。
伯爵の趣味で豪華列車で向かう途中、少佐に恨み百倍のKGBの小熊のミーシャに狙われてしまう。

第3巻

No. 7 ハレルヤ・エクスプレス Part 2

川を渡る鉄橋に仕掛けられた時限爆弾の時限装置のみをライフルで破壊することにした少佐。伯爵と列車の屋根の上に上る。ブレーキが壊れた走る列車の上。風圧がすごい。伯爵に自分の腰の保定を頼む。ベルト下はさわるなとくぎをさしておいて。そして破壊は成功。目を細め少佐を讃える伯爵
やっぱり君はすごいよ少佐--!
反則だぞ きさま ベルト下!
ごめん

なぜだか、伯爵の手はベルト下にまわってしまったらしい。

No. 8来た 見た 勝った
No. 7の続き。ローマに着いて、当初の少佐の任務、伯爵の1億マルクの請負仕事。

No. 9 アラスカ最前線 Part 1
少佐の任務はアラスカの湖の底にある偽ドル原版を引き上げて処分すること。この話を少佐の家に忍び込んでいたエロイカとジェイムズ君が聞きつけた。
ミーシャを見かけてチームを病院送りにしてしまうなんて、伯爵の少佐への愛。

もう1巻から少佐の部下Aは律儀でまじめな性格(血液型Aってことか?)、部下Bは、のんきでちょっと怠慢って性格(血液型B?)だったんだな。昔読んでたときはまったく気がつかなかった。まとめ読みすると見えるものが違うのだろうか?年月が私を変えたのだろうか?
画風は、1巻2巻は、昭和の香りがぷんぷんだが、3巻は十巻代と同じ画風になってきた。(それが平成かどうかはわからないけど)






続きを読む

THEME:腐女子の日記 | GENRE:アニメ・コミック |

少女漫画みたい…(服装倒錯)

給湯室で自分のお茶を淹れていた私に部長が話しかけてきた。私が履いていたタータンチェックのスカートを見て、そんな柄のシャツを昔着ていたと。それから(部長は一人っ子で男だが、部長の)お母様が、女の子が欲しかったものだから、赤い服や花柄の服ばかり着せられていたと。その後、部長は問わず語りに、自分が子供の頃に着た服や今着ている福の話をしていたが、そのとき、私は内心「少女漫画みたいと思っていた。50代、若干エキセントリック、と言ってルックスや言動から今までそんな気配まるでなしだった部長のそんなエピソードに、超うけた。
職場の30代女子(中高の時には漫画を読んでいた、部長の補佐的業務もしている)にこの話をしてみたものの、「少女漫画みたい」という私の心情は理解されなかった。うすい反応だった。

親の意思により、男子が女子の服装をする。海月姫の蔵之介が、そう暗示させる境遇。女装して女のふりをして、男子禁制の天水館という個人運営の女子寮に出入りする。

またこの海月姫の中で、素性がバレそうになって、「父さんは…(中略)…女の私を男のように育てたの!うん!将来立派な政治家にするために!!!」
それを受けた天水館管理人代行の千絵子は「まあ!!それってまるで…ベルばらのオスカルじゃない!!」と興奮気味に頬を紅潮させ、胸の前に両手を合わせて言った。

親の意思により、女子が男子の服装をする。これも千絵子の言にあるように少女漫画。
生徒諸君で知られる少女漫画家 庄司陽子が(青年誌モーニングではあるものの)連載していたG.I.D ―GENDER IDENTITY DISORDERでも女子が男子の服装をする。GIDのヒロインが政治家になる話であり、東村あきこが上記台詞を海月姫で蔵之介に言わせたのは、これに着想を得てのことだろう。

海月姫 1 (講談社コミックスキス)海月姫 1 (講談社コミックスキス)
(2009/03/13)
東村 アキコ

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:少女マンガ全般 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして