カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

パーフェクト・ブルー 宮部みゆき

元警察犬マサは蓮見探偵事務所で所長の娘、加代ちゃんこと、加代子と行動を共にしている。依頼で家出高校生を迎えに行ったことから、高校野球界のスーパースターであった高校生が殺されるという殺人事件に関わることになった。
主にマサにより語られる長編ミステリー。


Amazonの『パーフェクト・ブルー』のページ

伏線のはられ方、構成、登場人物の魅力、読みやすさ…すべてパーフェクト。
もちろん、マサはかわいく賢い。
これが作者の初長編だとは恐れ入る。

読みだす前は、高校生が死ぬなんていやだとか、高校野球っていうのもなあ、なんて思っていた。
でも、ほら、犬が活躍する話は読まないわけにはいかない。

読みだして、話が古いよなあって思った。そりゃ、そうだ。出されて30年近い。
ここは、その時代の味を味わうがいいと自分に言い聞かせつつ読む。昭和の終わり近く、さまざまな機器にマイコンと呼ばれるようなコンピューターも仕込まれ、携帯もネットもない時代。台詞も人々の考えも今とは少々違う。

読んで良かったと思える読後感を得られるのもいい。
少年たちのまっすぐさなんていいじゃないか。

事件解明後の高校生諸岡進也の様子や、加代ちゃんの妹、糸ちゃんと、進也とのからみから、続編あるでしょ、と思わされる。うん、あった。『心とろかすような―マサの事件簿』。
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

Remembering Pie and Patty-Pan/パイがふたつあったおはなし - Beatrix Potter/ビアトリクス・ポター

ピーターラビットの絵本、19巻。
猫のリビーが黒い犬のダッチェスをお茶に招待した。ダッチェスは招待を受けるものの、出されるであろうねずみのパイを食べるのが嫌でたまらない。そこで一計を案じる。


Amazonの"The Tale of the Pie and the Patty Pan"のページ


Amazonの『パイがふたつあったおはなし』

facebookのスキッパーキーグループで紹介されていた。
黒い犬はまごうことなくスキッパーキーだ。
われらが女公爵様(Duchess)!
リビーにねずみのパイを食べさせられると思い込んで(実際にそうなのだが)、それを避けようと慌ただしく行動する様がまさにスキッパーキ。
そして巧みなイラストにかわいい、かわいいスキッパーキが描かれている。
アマゾンのサイトの「なか見検索」でいくつか黒い犬のダッチェスの挿絵を確認できる。

私が見た英語版はNew color reproductionsということでの方が挿絵が大きくていい。
THEME:絵本 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:

近藤史恵氏の犬が出てくる小説

愛犬家近藤氏の小説には犬をテーマに扱っているもの、重要な脇役になっているものがいくつかある。しかし、「カテゴリー」では「近藤史恵」に入れてしまうので、こちらのカテに上がってこない。そんなものをピックアップ。

犬が中心、または中心に近いところに配されている話

シャルロットの憂鬱
元警察犬、メスのジャーマンシェパード、シャルロットと飼い主の身の回りに起こる小さな事件の短編集

さいごの毛布
老犬ホームで不審な出来事がいくつか重なる

黄泉路の犬―南方署強行犯係
犬猫の保護活動家(あるいはアニマルホーダー)が殺された。

三つの名を持つ犬
愛犬家として仕事を得ていたモデルの都が、その愛犬を不注意の事故から亡くしてしまった。そんな折、その愛犬にそっくりな犬を見つけた。

犬が結構よく出てくる話

賢者はベンチで思索する
ふたつめの月
愛犬家の久里子が犬と散歩しているときなどに問題に出くわす。

薔薇を拒む
グレートデンが出てくる。かわいそうな役回りだったように記憶。

アネモネ探偵団3 ねらわれた実生女学院
巴の家で犬を飼っていた。たしか。

ガーデン
ねむりねずみ
桜姫
二人道成寺
探偵、今泉のシリーズ。今泉の事務所兼自宅に犬がいる。ガーデン以外の語り手の瀬川小菊の師匠の菊花の家にも犬がいる。なので、たいがい犬が出てきているように記憶。

THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 |

愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活 須崎恭彦

はじめに
1章 「がん」が消えていく食事と生活
2章 「がん」が起こるメカニズム
3章 治療方法を考える
4章 「がん体質」を変える食事とは
5章 「進行がん」が治った!元気になった!
6章 医師からのこんな宣告に悩んでいます


『愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活』のAmazonのページ

がんになった犬のための食事(手づくり犬ごはん)については読んだ。
では、生活はどうすれば?ということで読んでみた。

「はじめに」の中の見出し

「がん」は怖いものではなく、デトックスのサイン

「がん」は原因を取り除けば、自然と小さくなる

がん治療は、その子に合わせて原因究明を



つまり、がんによって現れた症状の止めるのではなく、その原因を突き止めて、取り除くことが、がん治療になるという。その方法は、個々に異なるという。
その見極め方が記載されているわけではないので、須崎動物病院で先生に診てもらうしかないようだ。
とはいえ、この動物病院のサイトを見ると、サプリ等、いろいろ売っている。

免疫力アップよりまずデトックスだそう。
あと、室内除菌、口内ケア、吸引。がん対策として他ではあまり聞かないよね。室内除菌と口内ケアは元々気になっていたので、この本に書いてあることを実践(須崎先生お勧め商品を購入し使用)したいと思う。歯周病はがんに関わらず、心臓などの病気にまで及ぶと最近よく言われているしね。

愛犬のがん治療のために、飼主ができること

1 日頃の体調チェック
2 飼い主さんがリラックスする
3 運動療法
4 食事療法


運動で、血行促進、体力の維持・強化、犬がリラックス→副交感神経が優位な状態→リンパ球が活性化と、運動はやはりいろいろいいらしい。うちの犬は一時期散歩は私とのつきあいだったのが、どこまでもいつまでも行きましょうというモードに。こちらもそうそう時間がないのでいつまでも散歩しているわけにはいかないのだけど、なるべく長く遠くまで行ってあげるようにしようと思った。

四つ足の動物の肉は炎症が増すというようなことが書いてあった。初耳だけど、うちの犬は確かに家禽肉しかダメ(牛、豚、羊では下痢や発疹が出る)。

お気に入りは6章。西洋医療の三大療法(手術、抗がん剤、放射線)や自分の考えとは違う治療方法を強く勧める獣医を対し、そうしたくない飼主の対応方法。医術というより、コミュニケーション術の提示。角を立てず、こう言えばいいのねえと感心。
THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 |

今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん 須崎恭彦

はじめに
がんに勝つごはん
抗がんごはん、基本食材組み合わせ
犬が好む、高タンパク食材
噛む・飲み込みやすい工夫
抗がん食材帳
基本の抗がん栄養素&レシピ
がん臓器別抗がん栄養素&レシピ
Dr. 須崎に聞くがんのお悩みQ&A
おわりに
レシピの協力者


Amazonの『今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん』のページへ

写真中心のレシピ本。
見やすいレイアウト。
テキストはそう多くないのでさっと読める。
コンサイスだからと言って侮るなかれ、がんになった犬の飼い主が食事についての考え方を得られ、どうすればよいのか方針が立てられ、具体的に何をどう取ればいいのかもわかる本。

自分のごはんと兼用で作っちゃえば、なんとかなるかもと思って読んでみた。
でも、私には無理ってわかった。
そういう人も巻末のレシピの協力者をあたれば、手づくり犬ごはんも通販で得られる。

毒性学の祖、パラケルスス氏の言葉の引用「全ての物質は毒であり、毒でないものは存在しない」が、非常に示唆深かった。この引用は「ただ適切な容量が毒と薬を区別する」と続く。
THEME:ペットの健康・病気・怪我 | GENRE:ペット |

ペットががんになった時 鷲巣月美(編)

第1章 がんとは?
第2章 がんを早期発見するためには?
第3章 異常に気づいて動物病院を受診するとき
第4章 診断と治療方針の決定
第5章 発生頻度の高い腫瘍
第6章 手術によるがん治療
第7章 抗がん剤治療って何?
第8章 放射線治療って何?-効果と副作用
第9章 補助的な療法-クオリティ・オブ・ライフの維持・向上に役立つ療法
第10章 がん治療の将来展望
第11章 ペインコントロール-痛みはとれる
第12章 がんとともに生きる-ターミナルまで
第13章 苦しみからの解放-静かな旅立ち・安楽死
第14章 がんと戦うペットと生きる-5つの闘病記
第15章 動物医療の現状
第16章 葬送の実際
第17章 愛する動物との別れ


Amazonの『ペットががんになった時―診断・治療から看取りまで』

わかりやすく詳しい。たとえば、各種抗がん剤の効き方の原理の解説。図付きで。もちろん、副作用と予防方法についても。治療方法も、現代西洋医療で行われる手術、抗がん剤、放射線治療に加えて、免疫療法、遺伝子治療、鍼灸治療、マッサージ、漢方薬、ホメオパシー、フラワーエッセンスを将来展望される治療法または補助的な療法として解説する。
また、がんでは少なくないであろう治る見込みを持てなくなった場合の、ペインコントロール、ターミナルケア、安楽死、葬送まで。

飼い犬のがんを知らされる何日か前に手にした本。それはまで主治医は、断固としてがんとは言わなかったが、最初に掛かり付け医にかかったときから、がんだろうなーと思っていた。症状とネットの情報から。その時、すぐに手に入れて読み始めれば良かったのかもしれないが(いや、事実そうしてすぐに私に対応できることは始めるべきだった)、がんの本を手に取ったらがんになってしまうような、そんな験を担ぐ気持ちがあった。

病理細胞診が出て癌と言われた場合に、獣医の話を理解して質問するために備えて必要になりそうな部分はすぐに拾い読みしたけれど、全体を通して読み終わるまでには時間がかかった。その頃から今まで、私の読書の時間は夜寝る前に限られていて、寝る前に読んだら、不安で眠れなくなりそうで、読む気になれなかった。読まなくても、寝る前に不安につぶされそうになっていたけど。

癌を患ったペットを飼っている(多くは飼っていた)飼主による手記と闘病記など、後の方になるほど大泣きした。涙で喉が渇いてしまうぐらい。

でも、読んで少しだけ気持ちの整理がついてきた。
飼い犬は、手記、闘病記に出てきたどのペットより高齢だ(13歳)。そろそろ犬の平均寿命というところだ。知っている犬でそれよりもっと早く天命を全うした犬がいるのもわかっている。だからいつ飼い犬との別れが来てもおかしくないと理屈では考える。
しかし、自分は、まるっきり別れの覚悟ができていない。今の自分のままでは、JKCや掛かり付けの獣医で高齢犬として祝ってもらえる15歳を超えたところで変わらないだろう。もう少し(いいえ、なるべく長く)私に時間をください、と祈る。

家族は動物から「命も含めた委任状」を預かっているのです。…(中略)…動物を苦しみから解放するために家族だけに与えられた決定権であり、時には決定義務となることもあると思います。

~第13章 苦しみからの解放-静かな旅立ち・安楽死~序文から
THEME:ペットの健康・病気・怪我 | GENRE:ペット |

うちの犬ががんになった ウィム・モーリング

監修者のことば:うちの猫もがんになった!
はじめに
犬のがん
第1章 診断
第2章 治療に際して決めること
第3章 治療
第4章 世話の仕方
第5章 ほかに考えられる方法とは?
第6章 別れのとき
第7章 愛だけを残して

ケンタの日記

付録1 用語集
付録2 犬の平均寿命
付録3 便利な連絡先一覧

参考文献
謝辞


Amazonの『うちの犬ががんになった』

飼い犬が癌になったときに、経験すること、すべきこと/すべきでないことが飼主の立場から記載されている。

ボリュームは多くないので通しですっと読めてこれから自分がすべきことの概要をつかむことができた。

具体的で役立つ情報も。獣医の説明のメモを取り、質問は空白を空けてノートに書いておくということ。
私は獣医の説明はメモを取って、質問をノートに書いて望んでいたのだけど、質問を隅にごちゃごちゃっと書いていたので、説明を聞いているうちに忘れてしまうことがよくあった。これを先に読んでいたらと思う。

詳しいことはネットで情報が得られるとされている内容が多い。ただし、その足がかりとして用語集が備えられている。

飼い犬ががんとなれば、飼主はさまざまな判断が求められる。そのためには、担当の獣医師の説明を十分に理解すること(理解できなければ質問すること)、独自に得た情報で何かをする(補完療法をするとか)場合には、獣医に相談することが提唱されている。獣医師が執筆協力、監修しているのだから、そうなるな。

付録の犬の平均寿命。長寿と言われているスキッパーキーだけど、13歳~17歳とされている。このサイズではほぼ普通というところ。ミニチュア・ダックス、ヨークシャ・テリア、ジャック・ラッセル・テリア、チワワ、ボーダー・テリア、ポメラニアン、混血種5~10kgと一緒。混血種5kg以下が14歳~18歳で一番。次にトイ・プードル、マルチーズ、ラサ・アプソで13歳~18歳。「シッパーキー」となっているのは著者がオランダ人であるからなのか無関係か。出典不明。

日本語で書いているのだと思うが、構成も内容も言い回しもきわめて欧米的である印象を受けた。
THEME:犬の健康と生活 | GENRE:ペット |

ペットがガンに負けないために―犬・猫の体にやさしいガン治療の選択を 宮野のり子/花田道子

動物病院NORIKOの院長が、癌の基礎知識と自らの動物病院で行っている自然療法を説明。
メシマコブと核酸(魚の白子から製造)を柱に、ホメオパシー、ホメトキシコロジー、フラワーレメディー、鍼灸など西洋医学の不足を補う治療を行う。診断により何が向いているか見極めて、手術後の患畜の免疫を上げて癌の再発や転移を防止したり、手術できない癌患畜のQOLを上げたり、放射線療法や抗がん剤との併用でそれらの副作用を抑えたり効果を上げる。


Amazonの『ペットがガンに負けないために―犬・猫の体にやさしいガン治療の選択を』へ

手作り食に電子レンジは使っちゃダメ、水道水で洗ってもダメとか、ちょっとカルトです。手作りできなきゃオーダーや市販のバーフでもいかがというスタンス。
お金も時間もある飼主さんにはいいんだろうなあ。

今はミシマコブはやめちゃったみたい。

飼い犬が甲状腺腫瘍で手術して、読み始めた犬のがんに関する本。これで3~4冊目。
THEME:犬の健康と生活 | GENRE:ペット |

ぼくの名はチェット スペンサー・クイン(古草秀子訳)

警察犬の訓練を受けた大型犬のチェット。私立探偵である飼主のバーニー・リトルの相棒として少女(高校生)の失踪事件に活躍。


ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1)

チェットにより事件が語られる。
チェットがかわいい。飼主のバーニーはいつだって正しいという忠犬ぶり。
自分で知らないうちにうなっていたり吠えていたりして、注意されたり自分で気がついてやめるという描写なんかも。
事件の真相を追う探偵を邪魔者として排除しようとするというのは、アメリカーンな展開だ。そして、かなりのアドベンチャー系。
チェットが危うしという展開にはどきどきして眠り損ねた。
内容はYAっぽい。でも、大人でも楽しめる。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

容疑者 ロバート・クレイス

アフガニスタンで軍用犬をしていたジャーマンシェパードのマギーは、任務中に敵の攻撃を受け、パートナーを亡くした。また、自らも負傷した。
ロスアンジェルス市警の巡査スコットは、勤務中に殺人事件に遭遇し、犯人グループから銃撃を受け、パートナーを亡くした。また、自らも負傷した。

ふたりは警察犬隊で出会いパートナーを組む。警察犬隊としては、ふたりとも新米だ。
その頃、スコットらが遭遇した殺人事件の担当者が代わり、事件に発展を見る。スコットは、積極的に事件解決に動くが、さまざまにそれを阻むものがあった。


容疑者 Amazonのリンクへ

犬ばかにお勧めの作品。

最近の犬の行動学に基づいていると考えられる犬の訓練や心理描写は、愛犬家が読んでも納得。
主人公のスコットの逸脱ぶりには、あちゃちゃ~~~なんだけど、かわいいマギーが一緒なのだから、読み進めるしかない。
それに警察犬隊のドッグ・マンたち。マギーのためにスコットには目をつむってサポートしようとしているというのが伝わってきた。シンパシーを感じる。

マギーは、事件の展開にも、解決のうえでも、重要な役割を果たしているが、犬だけじゃない、本格的なミステリー/サスペンスのプロットになってる。
THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして