カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 オーサ・イェークストロム

オーサは、スウェーデンから日本に来た30代の女性。
「セーラムーン」を観たことから、漫画家になると決心し、実際にスウェーデンで漫画家とイラストレーターとして数年間仕事をしたあと、あこがれの日本に引っ越してきた。
1年半日本語を学校で勉強して都内の専門学校でグラフィックデザイン科に通っている。
3年間日本で暮らしているオーサが、感動したり不思議に思ったりしたことが4コマ漫画のエッセイに。


Amazonの『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 』のページ

作者、オーサと本書はテレビで知った。オーサが崇拝する、高橋留美子の故郷である新潟に行ってさまざまな体験をするという、この漫画のドキュメンタリー版のようなテレビで見て、このエッセイ漫画も読んでみようと思った。
正直ドキュメンタリーはそれほど面白くもなかった。けど、何しろスウェーデンはマイブーム。その国の人が、日本についてどう感じるのかが大いに興味があったので読まずにはいられない。

読んだ結果、こちらのほうがドキュメンタリーよりずっと面白かった。
外国人あるあるも、言われてみればなるほどということも出て来るのだが、どちらも面白い。

例えば、日本語で語尾に付ける「だ」。友達がオーサに秘密にしてサプライズパーティーをしようとライングループを作ったが、当の本人を間違えて追加しちゃったという話。
友達がオーサが間違えて使う語尾の「だ」を本人が見ていないと考えているグループ内で使っていたと。「皆来ると嬉しいだ!」、「面白いだ!」、「来るだ」、「ケーキを作るだ」という調子。(「来るだ」と言っているのは誘っている人じゃないので、そこもおそらくわざと間違っている)
間違って「だ」を付けちゃうというのは、あるある。内容は本人にはこれはショックだろう。他人には笑えるけど。
この落ちのコマでショックを受けたオーサが、ペンか鉛筆らしき細い棒状のものを折っている。その横の擬音が、「ぽちっ」。ちょっと違っちゃっていることが、またおかしくかわいい。周りの人々が、「オーサの日本語はかわいい」といいうのは納得だ。

コンビニでは、「袋は いらないです」を間違えて、ずっと「フロは いらないです」と言っていたという。間違えに気づいたあとも「お袋はいらない」と言っていたという。
日本語を正してくれない日本人に対して、「優しすぎて困るぐらい」という。そんな言い方はオーサ自身が優しく大人だ。

女性は男性のためにいろいろ頑張るから、その見返りを得たいと思い、結果、「外見を大事にする日本の男性は素敵~」というのは、考えたことがなかったので新鮮。
私自身はバンカラをよしとする時代には日本人男性のその風潮はイヤだと思っていた。男性が眉毛を整えるようになった時は良い時代になったと思った。けど、最近は整えていなさそうなコを見るとほっとする。高校球児のほんの一部とか日本人以外の男子フィギュアスケーターとか。

日本のことじゃなくて、東京のことだというのもある。よく知らないけど、電車を待つのに整然と並ぶとか、エスカレーターの立つ側が逆だとか。

また、日本人との違いじゃなくて、極個人的な話もある。部屋の普通の状態がかなりやばいとか、コンビニのおにぎりが①②③の矢印方向に引くという指示に従えば開けられるというのに気づくまで半年がかかったということ。
日本人にもたくさんいると思う。私も両方あてはまる。コンビニのおにぎりに関しては、ずーーっと指示など気づかずに包装の切れ目から開けているという人もいると思う。

そして、物事に真摯にまじめに取り組む人だということが伝わってくる。だから、最初はコンビニのおにぎりの包装に書かれた「ツナ」さえ読めない日本語レベルだったのに、3年でエッセイ漫画を書くまでのレベルになったのだろう。
そのまじめさがまた、共感でき、好感を覚えた。結果、オーサが好きになり、スウェーデンがますます好きになった。

モテキ 久保ミツロウ

藤本幸世は童貞のまま成人し夢の無い二十代を終えようとしていた。だが、ある日、複数の女性から一度に連絡が来て、人間誰しも一度は訪れるというモテ期がやってきた。


Amazonの『モテキ』のページへ

女の子たちがかわいくて、「どうなる?どうなる?」と読んだ。

土井亜紀は『ラブコメの法則』の岩佐まち子を連想させられた。音楽好きで快活なところ?北九州の人間が描く女性像?(登場人物で実際に北九州出身の女性は、幸世と学校(中学か高校)が一緒の林田尚子と、幸世の帰郷時や回想シーンで出て来るチョイ役のみ。幸世は佐世保出身という設定)
状況判断が的確で人を動かすこともできて、さらに料理や掃除も上手で美人なのに受け待ちの幸世に惹かれるというのがよくわからない。顔と音楽の好み?テキパキした女の子だからこそ、受け待ち男に惹かれてしまうというところか。

土井亜紀、いつかちゃん、林田尚子。みんなそれぞれにすてきな女の子たちなのだけど、小宮山夏樹の考え方はわからない。でも、セックスが好きでもないのに酔って誰かれ構わず男をセックスしてしまうというのはなんとなく想像つくような気がした。

説明調なところがあり、わかりやすくなっているのだが、さらに最終巻のあとがきで

私は幸世が誰かに必要となれなくても他人と関わっていく力を持ち始める事が大事だと思うのでその姿を描けてよかったです。

と書かれているのでさらにわかりやすい。
アゲイン!!』もそうだった。
アゲイン!!』もそうだと言えば、島耕作ネタが、こちらも出てきていた。

4.5は、まだ読んでいない。いつかちゃんのスピンアウトだけに、いつか読めばいいかなんて…ゴメンナサイ、ゴメンナサイ(←アゲイン!!』のチャンクマ風に)

それより、久保氏のまんがに興味を持つきっかけになった、「久保みねヒャダこじらせナイト」が終わってしまった。楽しみに見るようになってわずか半年ほどだったのに、5年続いた番組が終わってしまうとは!OMG!!!

ピアノの森(26) 一色まこと

最終巻。
ショパンコンクール優勝の発表の後、選考委員会による選考過程の回想、ミュージシャン・ハンド・ドクターの登場、入賞者によるガラコンサート世界ツアー、リハビリ、ピアノ・リサイタル。


Amazonの『ピアノの森(26)<完>』のページ

ショパンコンクールまでの話だと思ったのに、あと1巻分どうなるのと思っていた。そうそう、手の問題があったね。

パン・ウェイは希望どおり、阿字野に師事できるのかなど、今後が気になる。

何度読んでも感動の涙が出る。登場人物の涙にもらい泣きする。

モーツァルトの2台のピアノのための協奏曲とラヴェルのラ・ヴァルスが聴きたくなった。ショパンの各楽曲も。

会長 島耕作(7) 弘兼憲史

STEP 64 Enjoy Yourself
STEP 65 Life Is A Rock
STEP 66 Tin Man
STEP 67 Just The Way You Are
STEP 68 Brand New Key
STEP 69 Walk This Way
STEP 70 Steppin' Out
STEP 71 Precious And Few
STEP 72 The Lion Sleeps Tonigh
STEP 73 Long Train Runnin'
STEP 74 Living For The City
STEP 75 Tear Her Like A Lady


Amazonの『会長 島耕作(7)』のページ

「釣りバカ日誌」 の浜ちゃんとのコラボ企画作品あり。言われなきゃわかんなかっただろうな。

今回は色恋沙汰なし。すっきりしていていいね。

STEP 68以降はミャンマーに。奚錦梅こと曽烈生がまたまた登場して、正体を知っている島は、狙われている?スリリングな状況に。

大奥 第十三巻 よしながふみ

将軍は、徳川家斉、家慶、家定
老中首座は、水野忠邦から阿部正広
大奥は、瀧山
ペリー来航、攘夷論が持ち上がる時代。

人痘接種の普及で赤面疱瘡が封じ込められ、男子が少ない社会は終わりを告げ、それにしたがい、再び男が支配する社会になりつつあった。


Amazonの『大奥 13』のページ

よしなが作品は男女共同参画センターに所蔵されている率が高いと思っているのだが、冒頭部はそれを改めて思い出す内容だった。

家慶、家定の母がとてつもなくひどいのだが、それで、また話が面白くなっている。
珍しく何度も読み返してしまった。

家定の下唇に光のパールが描かれていて、『ベルサイユのばら』を思い出した。マリー・アントワネットとかの下唇にも乗っかってたよね。そういえば、『ベルサイユのばら』も男女共同参画センターに所蔵されていることがある。

阿部正広は谷中霊園に葬られているらしい。(Wikipedia調べ)今度、日暮里に行ったら寄ってみたい。あと、阿部家中屋敷が文京区西片にあったとのこと。西片公園とか誠之小学校も行ってみたい。

阿部正広、瀧山、家定の機知、活躍に次巻も期待。

学生 島耕作(5) 弘兼憲史

STEP 45 青年は荒野をめざす
STEP 46 ふたりのシーズン
STEP 47 愛すべきボクたち
STEP 48 危険なふたり
STEP 49 僕のそばにおいでよ
STEP 50 嘘は罪
STEP 51 クレイジー・ラブ
STEP 52 ノー・ノー・ボーイ
STEP 53 今日の日はさようなら
STEP 54 仰げば尊し
STEP 55 受験生ブルース


Amazonの『学生 島耕作(5)』のページ

布施は命を取り留めてよかった。
東北沢に接近した鈴木恵子は怪しいね。
島の最初の妻となる岩田怜子登場。
また、島は家庭教師先の教え子と何かが発生しそうな気配。
樫村も引き続きひょうひょうと活躍。

聖☆おにいさん(13) 中村光

その89 ママ友会 in 立川
その90 松田ハイツの秘密
その91 スキー天国、スキー極楽
その92 シモキタ異聞
その93 声に出して読みたいアポカリプス
その94 ブレッド&何か
その95 オフという名のひのき舞台
その96 イヤー・オブ・ザ・セイント


Amazonの『聖☆おにいさん(13)』のページ

ブッダの母、マーヤーが初登場。
ゴージャス系美人キャラか。

『聖☆おにいさん』は、今まで正直あまり笑えない巻もあったのだけど、これは、結構きた。なんでだろう。

マリア、マーヤーの聖母二人の会話とか
モーセとエリヤの聖書的ハワイの描写とか
ミカエルの地上遠征前のライブハウスでの注意事項とか
梵天のあこぎとも思える編集者魂とか、とか笑わせてもらった

プライド 一条ゆかり

麻美史緒は、音大の声楽科4年生。亡き母は、オペラ歌手だった。自分の部屋にグランドピアノがあるようなお金持ちで音大卒業後はイタリアへの留学を考えていた。しかし、卒業を目前に史緒の父親の会社が倒産してしまう。
緑川萌は、別の音大の3年生、声楽科というところまでは史緒と同じだったが、アルバイト掛け持ちでぎりぎりの生活を送っていた。
史緒は、銀座の高級クラブ"プリマドンナ"のシンガーの職を得、萌は同じクラブでホステスとして働き始める。
史緒は、キングレコードの御曹司で実質的経営者である神野隆に取引として結婚を申し込まれる。史緒が神野と結婚するのならば、歌のために留学でも何でも自由にできるように経済的支援をするという。
しかし、史緒は、"プリマドンナ"のママの息子であり、"プリマドンナ"で史緒の伴奏のピアノを弾く池之端蘭丸に惹かれる。
また、萌は、隆に恋していた。


Amazonの"プライド 一条ゆかり”の検索結果ページ

ちょっと古いタイプの気高い(「プライド」の高い)美人のお嬢様。
一条作品らしいキャラ。そんな現実にはお目に掛かれない登場人物はフィクションならでは。読んでいて楽しい。
そこに、レコード会社の御曹司で、実際には会社を取り仕切っている神野、
銀座の一流クラブのママ、奈都子
その息子で史緒と同じ大学のピアノ科でプリンスと形容される池之端蘭丸(女装が似合う)
とこれは、面白くなるという登場人物が配されている。

さらに、史緒、蘭丸、神野、萌の恋愛四角関係。
そして、史緒、蘭丸、萌の音楽を通しての自己実現。

史緒はお金がなくなっても気高く生きていくし、周囲の人々にそれなりに大切にされる。
だけど、萌は不幸な展開になっていてちょっとかわいそう。手段を選ばず他人を蹴落としてでもというやり方は報復を受けるものだとでもいうように。まあ、話を面白くするためなんでしょうけどね。
同時に、萌のやることは、あんまりだと思う。
そんな、萌だったけど、恋愛についてはほぼ神野一筋。イケメンで性格もいい、蘭ちゃんに仕掛けなかったのはえらい。
また、ヒールで登場したeikoが、蘭ちゃんに恋してややこしいことになるかとも思われたけど、そうでもなかったね。

相思相愛、美男美女、ともに音楽の才能に恵まれたお似合いの史緒と蘭丸は、最後にはきっと…と思いながら読むんだけど、ね。

ともあれ、感動的だった。私には珍しく何度も読み返して、何度も涙した。

天使のツラノカワ 一条ゆかり

牧師の娘で、大学生の美花は、婚約者の浮気現場に踏み込んでしまい、家に空き巣に入られるという不幸が続き、捨て鉢な気持ちで生活に困っているときに、作家の阿木龍世に知り合い、自分を龍世に売り、おもしろがった龍世は10万円を渡す。
一方、美花の婚約者の部屋で鉢合わせした沙羅は、美花と同じ大学の学生で、龍世の姪でありながら、龍世に強い想いを抱いていた。
美花はだまされてAVのバイト勧誘者についていきそうになっていたところ、親友の恵美ちゃんのカレシの紫生(しき)に助けられる。
美花と龍世、沙羅、紫生は、互いの仕事、恋愛に関わり合っていく。


Amazonの「[まとめ買い] 天使のツラノカワ(クイーンズコミックスDIGITAL)」のページ

牧師の娘。
過去何人かめぐり合ったことがある。今は、連絡を取り合えるような人はいないが、時々見かける人はいる。アンゲラ・メルケル。

でも、アンゲラがこのように自分をわかっていない女だとは思えない。
道徳を振りまわし、紫生が恵美ちゃん以外の彼女と一緒のところを恵美ちゃんが目撃するように仕組んだ。それが嫉妬によるものだということを自覚していないというむかつく女だ。
でも、自分もそんなだったよね、若い頃。(だから、よけいむかつくのかも)

コーラスで連載していたのを部分的に読んだので、全編を読みたくなった。
コーラスで読んでいたときは面白いと思っていた。15年ほどで私の感じ方や考え方が変わってきたのだろうか?
まあ、ハッピーエンドだから、よしとする。
THEME:アニメ・コミック | GENRE:アニメ・コミック |

会長 島耕作(6) 弘兼憲史

島耕作は経済同友会のメンバーとともにミラノ万博に視察へ。幹事の女性に秋波を送られるが、一方、行く先々で見かける謎の女性が気にかかる。

STEP 58 You're No Good
STEP 59 My Eyes Adored You
STEP 60 Build Me Up Buttercup
STEP 61 Love To Love You Baby
STEP 62 My Love
STEP 63 Jut To Be Close You

漫画版 島耕作のアジア立志伝
ジャンバルジャムツ・オドジャルガル モンゴル MCSグループ会長
梁穏根 中華人民共和国 三一重工
キット・メン カンボジア ロイヤルグループ

Amazonの『会長 島耕作(6)』のページ

映画の「旅情」が引き合いに出される。
見たよ、昔。でもほとんどストーリーを思い出せない。

アジア立志伝では、どの国にも志のある人がいるものだと感心。
保存保存
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして