カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

BACK IN BLACK (バック・イン・ブラック) AC/DC

警鐘の鐘が鳴る。ゴォーン…ゴォーン…ゴォーン…
おや、警鐘って、カランカラン鳴るんじゃないの?警鐘というよりむしろ梵鐘、除夜の鐘。煩悩を取り払うなんて、そんなこといいから、さあ、ロックの時間だぜ。そう告げられている。
鐘から始まるオープニング曲はHELLS BELLS。

I'm rolling thunder pouring rain
I'm coming on like a hurricane
My lightning's flashing across the sky
You're only young but you're gonna die

リリックに思わず笑ってしまう。このノリの懐かしさとか、大仰さとかからかなあ。AC/DCを初めて聞いたとき今日までの時間は、初めて聞いた日からさかのぼって自分が生まれた日からの時間以上。倍ぐらい経っているのだ。
今ではこの歌詞で雷神風神図屏風を思い出しちゃう。

当時から(今で言う)腐女子だった自分はバンド名にまず着目した。さらに、大好きだったロバート・プラントみたいに高音のシャウト。ハードなハードなロック。ヘビメタというタームが使われだした頃だった。

それから幾年月、フィギュア・スケートのテレビ観戦。ケヴィン・レイノルズがBACK IN BLACKを使っていた。(別のスケーターも使っていたが、そちらは誰だったか忘れた)不成功確率も高いがとにかくクワドプルを複数入れて挑戦する、そんな彼にぴったりだった。
そして出だしのドラム、シンバルとギター、ベースのリフ。やられた。

SWITCHED-ON AC-DC MAKES ROCK HISTORY
AC/DC、電源を入れなおしてロック史に名を残す

T.N.T.など私が昔聞いていたときとはボーカリストが変わったらしい。このアルバムから。
だけど、音楽性に変わりはない。感心する。

元のボーカリストは泥酔して嘔吐物をのどに詰まらせての窒息死。ロックンローラーらしい死。薬物使用で早世した日本人ロッカーを思い出す。教室の窓ガラス割って歩いたとかそういう歌詞の。

Idle juvenile on the street on the street
Kickin' everything with his feet with his feet
Fightin' on the wrong side of the law of the law
Don't kick dont't fight don't sleep at night
ストリートをぶらつくウブな少年
すべてを壊してまわり
法に楯つく
壊すな、楯つくな、夜は眠るな

耳垢の湿った私には、こっちのほうがいい。乾いていて扇動的だ。(湿っていて扇情的なのと対照的に)

Shake a leg shake your head
Shake a leg wake the dead


マイケル・ジャクソンの『スリラー』、ピンク・フロイドの『狂気』に次いで世界で3番目に売れたアルバム」って、とてつもない。なじみやすいメローディーライン、ノリのいいリズム。そう感じたのは私だけではない、世界中の4,900万人で共通ということ。

三輪様に伝えたい、
「Rock 'n' roll ain't noise pollution」と

バック・イン・ブラックバック・イン・ブラック
(2008/10/22)
AC/DC

商品詳細を見る
THEME:ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

レッド

懐かしのメロディー、(タイトル曲の)レッド。とっき時、聞きたくなったりしていたメロディーだったんだけど、キング・クリムゾンってだけで、曲名がわからなかった。
じゃあ、なんでこの曲を知っているかというところ。初めは、ラジオで聞いたんだろうな。何しろこのアルバム(のLP盤)がリリースされたのが、1974年。私はまさに中二だった。中二病の罹患患者のメンタリティーにぴったりくる曲だ。もっとも私はその頃、ごくごくメジャーな洋楽を聴いていたのだけど。

このアルバムをリリースして、アルバム・ツアーもせずにクリムゾンは解散してしまったという。ライナーノーツでは、中川五郎氏が

各々異なる方向に向いていたミュージシャンたちの強い理想がその演奏に緊張感を生み出していた…(中略)…解散するきっかけを作るほどピリピリとして張りつめたムードを作り出しているからであり、それを証明するように後にも先にも本作以上の緊張感をもった作品は生み出されていない。

と言っている。
確かに緊張感、半端ない。そこがかっこいいんだよな。
客観的に聞けば、昔の怪獣映画のサントラみたいでもあるけど。
グレッグ・レイクもピート・シンフィールドも、もういなくなっちゃった後だけど、私のイメージする、これら二人の世界を感じる。簡単に言えば、私にはEL&Pとの区別がつかない。

せっかくのインストルメンタルの名曲、レッド。フィギュアスケーターに使ってほしいなあ。フィギュアスケート界で使われるプログレといえば、ひたすらピンクフロイドだけど。

レッドレッド
(2008/03/26)
キング・クリムゾン

商品詳細を見る


私が聴いたのは2004年版。
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

私の中の無限 マリーザ・モンチ

手こぎの舟が夜ないしは洞窟を進むような印象を与えるベースのリズム。オープニングナンバーのInfinito particular。

Só não se perca ao entrar
No meu infinito particular
ただし迷い込まないでね 入ってくるとき
わたしだけの個人的な無限の中に

入るのに迷わなくても、中で無限で迷っていそうです。

全体に、水を感じさせる。水面を進んでいたり、水の中に潜って溺れる。溺れても爽やかに甘美。

いつものように歌詞カードに(音楽の)コードがついている。

私の中の無限(CCCD)私の中の無限(CCCD)
(2006/05/17)
マリーザ・モンチ

商品詳細を見る

i クラシック ~寂しい夜に~

きれいなメロディーのさびし~い曲が集められている。
それぞれいい曲なんだけど、私にはさびしすぎるなあ。
誰かとの別離の時など一人で聴いて、気が済むまで泣くのにいいかもしれない。
ジャケットのジャック・ラッセル・テリアは、殊勝そうな表情をしているが、このアルバムの雰囲気の犬じゃない。むしろ真逆では。

i クラシック ~寂しい夜に~i クラシック ~寂しい夜に~
(2011/03/23)
(クラシック)

商品詳細を見る
THEME:クラシック | GENRE:音楽 |

世界に捧ぐ

時間を掛けて、感傷たっぷりに書いていた記事を操作ミスにより消してしまった。がっくり。
同じことを書き直すだけの気力はないので、今回のNEWS OF THE WORLD鑑賞のメモを残すに留めることにする。

時代背景とメンバーの思惑

アルバム発売当時(1977年)、パンクムーブメントが台頭しつつあった。クイーンは、旧体制の音楽、時代遅れと見なされ、メンバーはそれに対し、メッセージを発している。
  • SHEER HEART ATTACK: クイーン流パンク。作ったロジャーは、パンクを快く思っていなかった。

  • SLEEPING ON THE SIDEWALK: ブライアンは、自分は時代遅れと自嘲気味


クイーンの音楽の方向性

このアルバムでクイーンはアメリカで初のプラチナセールスを記録し、世界規模の音楽ユニットとなった。

下記2曲はアメリカン・ドリームのサポート曲と捕らえられる。アメリカでの成功の鍵と言えるかもしれない。
  • WE ARE THE CHAMPIONS:努力で這い上がり、勝者となり、その座を維持するという歌詞内容。アメリカ人のハートをがっつり捕らえた。

  • SPRED YOUR WINGS:歌詞は、「サミーは、勤め先のボスには分相応を知り、自分の仕事を全うするようにと言われるが、きっとできるのだから、翼を広げて舞い上がるのだ」が大意。SammyはUncle Sam=アメリカ人と取れることから。

それまでの精緻でパーソナルな印象を与える音作りから、シンプルな分力強さのある音がその鍵。(これはパンク・ロックの音楽的ポリシーの影響があるのか)
この決断に対し、フレディーは、WE ARE THE CHAMPIONSの歌詞に王座は死守すると滲ませ、MY MELANCHOLY BLUESで、離れるファンには構わず、自分の道を突き進むとほのめかす。非常にナルシスティックなメロディーに乗せて。
対してブライアンは、IT'S LATEで昔のファンに執着したところで手遅れだと思うものの、恩義から大切にするべきではないかとほのめかす。
この辺は、星座の性格特徴が出ている。潔癖の乙女座フレディーと情の蟹座ブライアン。

ブライアンの優しさ

ブライアンは、名も知らぬ旧来からのファンのみならず、ペットに対しても情愛を見せている。
当時かわいがっていた猫の死を悼んで書いたといわれるALL DEAD, ALL DEAD

She came without a farthing
A babe without a name
So much ado about nothing
Is what she'd try to say
So much ado my lover
So many games we played
Through every fleeted summer
Through every precious day

何も持たず、やってきた
名前すらなかった子
空騒ぎ それで言いたいことを伝えようとしていたのか
それはそれは騒いで 愛しい者
それはそれはいっしょに遊んで
あっという間に過ぎていった夏
かけがえのない日々

嗚咽を上げて泣いてしまった。犬を溺愛する自分が投影されててしまう。
ブライアンが猫を愛して過ごした日々とペットロスの喪失感が豊かな描写で表されている。

メガヒット

ブライアンの言によると観客が一体となって歌える歌が欲しかったとのこと。それを形にしたのが、WE WILL ROCK YOUであり、WE ARE THE CHAMPIONSでもある。フレディーは後者をフットボール・スタジアムのアンセム(テーマ曲)になるような曲として作ったという。
WE ARE THE CHAMPIONSは、NYヤンキーズのテーマ曲になった。その後、スポーツ競技優勝時のアンセムとして、たびたび用いられている。94年にワールドカップでは公式テーマ曲にまでなった。フレディーも、草葉の陰でさぞかし喜んだことだろう。

WE WILL ROCK YOUは、K-1やらPRIDEやらの格闘技系の入場曲によく使われているようだ。
そして、リリース以来、様々なアーティスト、メディアにより、カバーされ、リミックスされ、サンプリングに使われ、パロディーのネタになり、引用されてきた。

WE ARE THE CHAMPIONSもWE WILL ROCK YOUも2009年にグラミーの殿堂入りしている。

数多の批判を浴びるほど受けようと、この強力な2曲をもって、このアルバムを商業的に大成功させた。またロックだとかそうじゃないとかいうジャンルを超えて、人々に親しまれる楽曲を提供した。全米に浸透し、ひいては世界中に浸透していった。

所感

ここに記したことのほとんどは、かつて、湯浅氏や、渋谷氏や、大貫氏やらが、伝えていたこと。当時は深く気にとめずに流していたけど、三十数年経って、自分の腹(?)にすとんと収った。このアルバムも今やロック史の一つのマイルストーンになり、自分も一度クイーンやロックから遠ざかっていて、客観的に物事を考えられるようになった。それで、様々なロック識者やメンバーが語っていたことが、先入観なく理解できるようになったのだと思う。単純に忘れていたということも多分にあるが。
(なにしろ私は見捨てられた昔ながらのファンの一人だったから)リリース当時若干の違和感を感じながら、でも「好きにならなくちゃ」みたいな使命感で聴いていたこのアルバム。今回、そういう苦しさがなく楽しむことができた。

「やっぱりクイーンはいいなあ」と、1枚1枚聴きなおすたびに思っている。クイーンに関しては、それなりに、様々な知見を持っている。だから、今後はQueen Evangelist(クイーンの福音伝道者)を名乗ろうと思う。(先日Adobeの宣伝/機能紹介ビデオのプレゼンターがevangelistという肩書きだった。この言い方が、とっても気に入ったのだ)

メモにしては、ずいぶんしつこかった。

世界に捧ぐ世界に捧ぐ
(2011/06/22)
クイーン

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

24ナイツ

クラプトンのライブには、行ったことがない。しかし今まで私がライブに行ったステージって、たいてい批判的な音楽評論家が厳しい評価をしていた。まあ、確かにスタジオ録音の綿密な完成度に比べると、物足りなさがあった。でも、「そんなものでしょう。ライブはライブ感を楽しめればいいんでしょう?」と思ってきた。
このアルバムは、そんな私のライブ観を覆すものだった。

ライブのグルーブ感の中で、スタジオ録音とは別の魅力が展開している。こんなライブを知ってしまったら、確かに私が行った数々のライブ・コンサートは、お粗末であったと思えてしまっても仕方ないだろう。

スタジオ録音だと、重たく閉塞的なトーンのWhite Roomなどのナンバーも、ライブだとすかっと突き抜けてる。いい。
Wonderful Tonightなど、スローナンバーは、囁くように、甘ったるく。ギターが泣くっていうのも、やられるところ。
しぶーいブルースナンバーで、お口直しも。
全体のまとまり感が、ありながら、なかなかバラエティーにも富んでいる。だから2枚組でも、飽きさせない。
傑作だ。

24ナイツ24ナイツ
(2006/08/23)
エリック・クラプトン

商品詳細を見る


些細なきっかけで、クラプトンを聴きたくなった。それが図書館への道すがらだったものだから、図書館でこれを借りてきた。
閉館間際の時間だったため、このアルバムにその曲が含まれているかどうかも確認できなかった。でもライブでWhite RoomやSunshine of Your Loveと言った古い曲もカバーしていて、2枚組だから、入っているかも…ぐらいの判断で、これにした。
今となっては、その曲が何だったかも、忘れた。

ともあれ、借りてすぐ、車のCDで聴き始めた。
いい!夏のドライブにぴったり。
いきなり予定のなかったドライブに出てしまった。
夜のハイウェイにもいいだろう。そんなロックなテイスト。

実際クラッシックな響きのR&Bナンバーも少なくない。こちらは、単調な田舎道に合いそう。乾いた埃が舞い上がるような。ないしは、蜃気楼が上がりそうに熱い日の田舎道。蛙の鳴き声も聞こえる夜の道もいいだろう。両脇は田んぼか畑。牧場もありか。
いや実際、青山通でも、六本木通でも靖国通でも、気分は上がるだろう。
私は三ツ目通や昭和通を転がしていても楽しかった。

でも、何と言っても、黄昏時に出発して、首都高で本牧とか逗子あたりに一飛ばし…そんなドライブが、私のイメージ。

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ

タイトルどおり、グレイテスト・ヒッツ。S&Gは、中学生の時に、アルバムを1枚買ったきり。特別ファンのつもりはなかったけど、収録曲ほとんどすべて、耳になじみのある曲ばかり。

非常に詩的。歌詞は言うまでもなく、アコースティックギターも、コーラスも(ときにソロヴォーカルも)。囁くようだったり、吟じるようだったり。
いったん捕まれると、上に下に、前に後ろに、右に左に、心を揺さぶられ続ける。

サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツサイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ
(2003/12/17)
サイモン&ガーファンクル

商品詳細を見る
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

ザ・ミラクル

クイーン全詩集なんてものを借りた。
これを潮に今までアルバムで聴いていなかった後期クイーンを、なめまくろうかと。まずは、これ!

ザ・ミラクルザ・ミラクル
(2001/10/24)
クイーン

商品詳細を見る

のっけから、脱線する…ライナーノーツが、東郷かおる子氏。
私の記憶では、クイーンが日本でしか、女子にしか人気がなかった頃のミュージックライフの副編集長。ミュージックライフでしょう、初期のクイーンをばかばか特集して、毎号グラビア載っけて、クイーンの日本(女子)人気を扇動したのは。ヴィジュアル系っていう言葉もなかった時代にそういったイケメン外タレを次々に特集して、ミュージックライフは、分厚くなっていった。その辺の手腕を評価され、クイーンが世界規模のビッグネームになった頃、編集長に就任した。それが東郷氏。
平たく言えば、東郷かおる子氏はクイーンの日本(女子)人気の立役者。
そんな東郷氏が、クレジットされているだけで、あの時代の甘酸っぱい想いが蘇る。
うん、ザ・ミラクルが発表されたとき(このライナーノーツが書かれたとき)、東郷氏はミュージックライフの編集長だったようだ。

そのライナーノーツによると、このアルバムは、クイーンとダンスミュージックという水と油のように思われるお題に対する解題であるらしい。
確かにレイン・マスト・フォールはワムみたいだし、スキャンダルはABBAみたい(非常に古い引用で恐縮だが)。クイーンがこんなことやる必要があったの?とは、初期クイーンを愛するものとして感じた。

でも結局やられた。
アイ・ウォント・イット・オール。歌詞もメロディーラインも中島みゆき。

Adventure seeker on an empty street

で、始まり、

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now

のサビ。涙ぐみながら、口ずさむ。
そして、素晴らしきロックン・ロール・ライフ(WAS IT ALL WORTH IT)クイーン全詩集の欄外のコメントによると、フレディーが自身のHIV陽性を知った後のレコーディングで、当初のアナログ・アルバム発売時の最終曲として配したという。

What is there left for me to do in this life

泣くだろう、やっぱし。

そして

Was it all worth it, was it all worth it

のリフレイン。
あのフレディー節の歌詞。固有名詞を並べて、韻を踏む

We went to Bali, saw God and Dali


やはりフレディー節の即興挿入句、メロディーライン、アレンジと歌声。ブライアンのギター、ジョンのベース、ロジャーのドラム…総力戦で。

リリースから20年以上経って、今更のクイーンだったけど、聴き込んでみると、なかなかよかった。この邂逅こそ、ザ・ミラクル…って、最後に余計なこと書いちゃったかな。
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

ザ・ベスト・オブ・デペッシュ・モード VOL.1

Private Jesus...タイトルだけで、ぐっと来ちゃう。スターズ・オン・アイスでジェフリー・バトルが、これで滑っていた。

デペッシュ・モードって、懐かしい。今まで自発的に聴いたことなかった。そこでこの機会に。
デュラン・デュランとかジャパンを思い出させられる音。

people are peopleが、一番聞き覚えのある曲。CMで使われていたような気が。
シングルカットのNo.1ヒットなしで、30年。渋い。
日本にはたった4回しか来ていない。不思議なバンド。

ザ・ベスト・オブ・デペッシュ・モード VOL.1ザ・ベスト・オブ・デペッシュ・モード VOL.1
(2006/11/08)
デペッシュ・モード

商品詳細を見る

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 第24番

グラミー賞受賞作。(2011年 最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞)

最初聴いた時は、「ああモーツァルト」。

そうとわかっていて聴いているせいかもしれないが、アメリカの音であるように思えた。その辺がグラミー受賞のポイントかもとか、素人が勝手なことを。
ひたすら流麗。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 第24番モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 第24番
(2009/08/05)
内田光子

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:ピアノ | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして