カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

年金月21万円の海外暮らし実現ガイド 立道和子

はじめに
第一章 ●海外で暮らすということ
なぜ、海外暮らしなのか
海外暮らしの費用
海外暮らし3つの形
海外暮らしに向く人、向かない人
第二章 ●海外暮らし・事前の準備
海外の情報はどうやって集める?
あなたに合った海外の選び方
海外暮らしをはじめる手順
海外滞在と健康保険の問題
海外で実感するパソコンの便利さ
年金は海外で受けとる?それとも日本で?
日本の家をどうしたらいい?
先輩たちの失敗体験から学ぶ
海外暮らしをサポートする会に入ってみるのも
お役立ち情報:サポートする団体の連絡先
海外に持って行くと便利なもの。あればよかったと思ったもの
自分の体の情報を英文にして
格安航空券を上手に買うには
長期滞在の前に必要な下見の旅
留守宅対策と出発前のチェック事項
第三章 ●いざ、海外で暮らす
実際に海外で長く暮らした場所の費用
お金はどんな風に用意する?
慎重にしたい貴重品の管理
海外に銀行口座を開く
海外の住居は、買う?借りる?
海外で住居を探す
海外では何をして暮らすか?
海外ひとり暮らしは可能か?
海外暮らしの実態は……
日本食品は手に入るか?
日本人コミュニティとの付き合い方
ことばはどの程度必要か?
医療保険・海外旅行傷害保険の実態
海外暮らしに年齢制限が?……
暮らしてみて、いちばんよかった海外の街
海外リタイア暮らしに成功する5つの条件
退職者ビザは必要か?
お役立ち情報:退職者ビザ・長期滞在ビザのある国


年金月21万円の海外暮らし実現ガイド

目次が内容を語っている。そして目次から自分に必要な情報にアクセスできる。きわめて実用的。
自分が本当に海外で暮らせるのかという問いかけから始めて、実際に海外で暮らす際の心得まで確認できる。

一緒に旅をしてきたパートナーが疾病で母国に帰っても、計画していたとおりオーストラリアに退職者ビザで渡っている。ゴールドコーストで暮らしながらの本書執筆。

2004年の執筆から12年、その後どうなさっているのか気になる。

巻末の「退職者ビザ・長期滞在ビザのある国」の一覧を見ていると、自分が興味のある国だと、イギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ブラジルに当該の長期滞在精度があることがわかった。
イギリスで「年間2万5000ポンド(約500万円)以上の年金または金利収入があることが条件です」は、ずいぶんハードルが高く感じるが、Brexitが決まった現在(2016年7月3日)の2万5000ポンドをネットで調べると340万ほど。為替って大きい。2004年からでは金額が変わっているかもしれないと思いググってみたところ、依然として£25,000であるよう。(https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/488269/Retired_persons_of_independent_means_v10.0.pdf のEligibility requirementsのセクション)また、
Has under their control, and disposable in the UK, an income of their own of not less than £25,000
なので、年金または金利収入に限られているわけでもない。ただし、Retired person of
independent meansが前提だし、Has made the UK their main homeなのでがちでイギリスを家として住んでいる実績が必要など、条件は厳しい。

THEME:海外生活 | GENRE:海外情報 |

年金・月21万円の海外2人暮らし〈2〉オーストラリア・ポルトガル・チェンマイ 立道和子

出版社で雑誌編集をしていた作者が55歳で早期退職して、60歳までに定住する場所を探すつもりで、勤めていた会社からの年金、月約21万円をベースに始めた「暮らす旅」。3年を超えた時点での移住候補国3国のレポート。イギリス人のパートナーと一緒に。


年金・月21万円の海外2人暮らし〈2〉オーストラリア・ポルトガル・チェンマイ


地球の歩き方から『アパートホテルで巡る欧州』や『熟年夫婦のスペイン行き当たりばったり移住記』等々海外で旅行、暮らす情報の本を数々読んできた。ネットの情報も見てきた。

その中で、これが私の求めていた情報を一番提供してくれたと思う。(もちろん、地球の歩き方の端っこに書いてある各地の気候や物価、治安なんかも非常に役に立ったのではあるが)

「海外で暮らしてみたい」という声をたくさん聞くようになったが、たとえそう思っていても日本の自宅を処分して一挙に先方に引っ越してしまうのは、冒険と言うより蛮勇と言うべきだと私は思っている。


という現実的な感覚、この本が書かれた時の年齢が現在の私に近い、さらに実用的内容を手掛けてきた編集経験から内容が実用的でテクニカルな情報が網羅されているというところから、そう思った。

オーストラリア、ポルトガル、タイのうち、私に興味があるのは、ポルトガルのみなので、読んだのはほぼポルトガルの章のみ。
2001年5月の滞在で、ユーロの現金導入直前。当時より今の方が物価は上がっているだろうとは思う。経済以外にも、状況は変わっているだろう。特にヨーロッパで言われている移民の問題がポルトガルだけ無縁とも思いがたい。それでも素朴な人々と鰯の塩焼きのうまさは変わらないだろう。

ペンション暮らしで、キッチンが使えず、外食のみで、オリーブオイル責めの食生活に作者の胃が悲鳴を上げて、予定より早く切り上げて帰ってきてしまったというのは残念。だが、現地に住んでいる引退後の日本人カップル3組のインタビューで生活の様子はわかった。

作者が滞在したカスカイス(カスカイシュ, Cascais)は、リスボンから30㎞ほどの海沿いの街。インタビューした日本人カップルが住むのもカスカイスなど、リスボンからちょっと離れた街。リスボンに通勤するというわけではないのなら、リスボンから少し離れたのんびりした街で暮らすというのがいいかもしれないと思った。

↓本日(7/2)に取ったGoogleマップのスクリーンショット。午後2時過ぎにして26度って、すばらしい。こっちは、もう夜の11時を過ぎているのに27度を超えているそうな(家の中は30度を超えている)。今年初の熱帯夜かなあ。こういう気候のいいところに住みたいよ。特に夏。それで私の妄想海外移住計画はまだまだ続きそう。
カスカイシュ(ポルトガル)
THEME:ヨーロッパ | GENRE:海外情報 |

熟年夫婦のスペイン行き当たりばったり移住記 行宗蒼一

アナウンサー等の仕事をしてきた作者が夫婦でシニア年金移住を決意した。移住先はバルセロナ。移住の決心から、準備の居住ビザなし滞在から、さまざまなトラブルを乗り越えて無事移住を果たすまで。


熟年夫婦のスペイン行き当たりばったり移住記 (地球の歩き方Books)


作者は読者を楽しませたいという人なのだと思う。面白可笑しく移住するまでの顛末を書き記したという内容。面白くて一気に読んだ。

移住を考えたときに役に立つような実務的情報は少ない。
それでもバルセロナの医療制度や年金打ち切りの危険など役立つ情報も。

本書とは関係ないけど、年金の手続きについて書いてある記事を見つけたのでリンクを貼っておく。
https://www.kaigaiijyu.com/knowledge/pension.php
THEME:海外生活 | GENRE:海外情報 |

日経パソコン 2014年4月28日号

「日経パソコン」のサイトにある目次
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc/npcs/backnum/140428/index.shtml

SSDが遅くなるなんて、知らなかった。
仕組みと遅くならないようにする対策をしっかりお勉強。
Win7なのでTxBENCHもインストールした。
ためになる~。
でも、ちょっと難しくて100%理解できなかったな。

日経情報ストラテジー 2014年 05月号

宅急便でお馴染みのヤマトホールディングスや百円ショップのセリアの社長の話など
ビッグデータをどう取り込むかという話題。
Windows Azureとか日立のHitach Advanced Data Binderプラットフォームとか(これは広告だった)
グロースハッカーとかOCP (Open Compute Project)とかキーワード解説も。

楽天のデータサイエンティストの事業部門との関係というのは、「なるほどね」という感じ。

目次はこちら↓
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/IS0265.html

日経情報ストラテジー 2014年 05月号 [雑誌]日経情報ストラテジー 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/03/28)
日経情報ストラテジー

商品詳細を見る

日経パソコン 2014年4月14日号

特集1 これからブレイクするパソコンの使い道32
あ、これやりたいというの(音楽をNASにためて、家中どこでも再生、NASに番組を保存、どこでも再生、家計の収支を見える化、など)とすでにやっているというもの(パソコンをラジオに、忘れそうな期限をメールでお知らせ、など)、さらに「いや、ブレイクはしないでしょ」というもの(Wiresharkでパケットをキャプチャする、パソコンを無線ルーターにする)。
あとアナログデータのデジタル化とか、いろいろやり方があるのを知れたのはよかった。

最新デジカメスペックの読み方」は、ためになった!連載の第1回なので、第2回以降も読みたい。

「コピペ判定ツール」について、しくみがざっくり理解できてよかった。

その他、ウェアラブルやIoTの動向や用語などチェックできて、知っておくと最近受けている仕事に役立ちそうな情報が得られて、「勉強した」感をえることができた。

くわしい目次は↓
日経パソコン 2014年4月14日号
THEME:コンピュータ関連 | GENRE:コンピュータ |

日経 Linux (リナックス) 2013年 09月号

Window XPサポート終了間近。XPのネットブックをDebian系のディストリビューションで何とかしたいと思っていたところ、Eさんが本誌を教えてくれた。

XPから他のOSへの移行した(あるいは移行せず使い続ける)場合のメリット・デメリットから始まり、Linuxに移行した場合のさまざまな要素について、細かい検証結果が示されている。
「動作速度」と「セキュリティ」の記事から、やっぱり自分のネットブックはLinuxに移行させようと決めた。起動時間のパフォーマンスからPuppy Linuxだな、やはり。

「WindowsユーザーがLinuxの必須知識を簡単理解」は、WindowsユーザーがLinux移行後にWindowsでできたさまざまなことがLinuxでできるということを示すという趣旨。ではあるが、単純にLinux上で行う、さまざまな操作方法を示しているとも、Linux上で動作する(そして、Linux以外でも動作しそうな)さまざまなアプリ(写真整理、会計ソフトなど)を紹介しているとも言える。

日経 Linux (リナックス) 2013年 09月号日経 Linux (リナックス) 2013年 09月号
(2013/08/08)
日経Linux

商品詳細を見る


特集記事以外、ざっくり読んでみて、割と基礎的な内容が多い。だけど、覚えたはずのその基礎的内容が、見事忘れかけている。まあ、そんなもんだよね。この雑誌など、Linuxに関するものに定期的に触れるようにしないと。

「サーバー構築の自動化を基礎から伝授」は興味深かった。連載ものであり、本号が第1回なので、この後も読むことにしよう。

連載の「言語の世界」の本号は、「マルチスレッド」。マルチスレッドに関する技術解説と用語解説。すらすら読めて理解でき、さまざまな用語を学習できた。これは、今後IT翻訳をするのに、役に立ちそうな予感。
THEME:Linux | GENRE:コンピュータ | TAGS:

安心して使う Facebook

Facebookを使い始める時の手順にプラスして、プライバシーを考慮した設定が掲載されている。


安心して使う Facebook安心して使う Facebook
(2013/01/24)
ICTコミュニケーションズ株式会社

商品詳細を見る


「友達」となっていても、人間関係、いろいろある。Facebookの「友達」づきあいの悩みどころは、大まかには2つに分けられる。自分が上げるアップデートを見られることと、「友達」のアップデートを見せるけられることにある。

見られることについては、「制限」。自分が「公開」に設定した投稿とプロフィールのみ相手に表示されるようにできたり、特定の友達リストを選択して「近況をアップデート」で投稿すれば、そのリストの友達だけに投稿を見てもらうことができる。
投稿ではないけど、自分がクリックした「いいね!」記事が、友達のタイムラインに表示されるのを調整することもできる。

友達リスト(「親しい友達」、「知り合い」など」でうまくリストわけすれば、よりチェックしたい友達の更新が優先的に表示されたり、逆にあまり見たくない友達の投稿を見ないようにできたりする。

ブロック機能で、相手のアップデートが表示されなくなるようにもできるし(相手がその人の更新を自分が見ていないことは悟られない)、完全に遮断することもできる。つきあいたくない度合いで細かく設定できることが分かった。

さらにブロック機能を使って、「友達」申請される前に、事前に特定の相手に見つからない(Facebookをやっていることがわからない)ようにできる。

スパムアプリやアカウントの乗っ取られ防止方法も掲載され、セキュリティ対策も確認できた。

2013年2月の出版だけど、早くもGUIが変更されていて、本書の表示とは異なるところもあり、そこはちょっと頭を働かさなきゃならない。

まあでも、わかりやすくて、かなりためになる本と言えると思う。
THEME:インターネット | GENRE:コンピュータ | TAGS:

るるぶ青森 弘前 奥入瀬 白神山地'13

観光地パッと見マップ
魅力ダイジェスト
アクセスマップ
The青森いいトコどりモデルプラン
①八戸~奥入瀬~青森コース
②弘前~白神山地~金木コース
弘前・黒石
弘前タウン 黒石 岩木山
青森タウン周辺
青森タウン 浅虫温泉
白神山地・五所川原
五能線沿線 世界遺産の白神山地 五所川原 金木 龍飛崎
奥入瀬渓流・十和田・八甲田
奥入瀬渓流・十和田湖 八甲田山麓の温泉 十和田市
八戸・三沢
八戸 三沢・小牧温泉
下北半島
恐山 大間のマグロ
交通ガイド
宿泊ガイド
さくいん
特別付録 青森ドライブMAP

るるぶ青森 弘前 奥入瀬 白神山地\'13 (国内シリーズ)るるぶ青森 弘前 奥入瀬 白神山地'13 (国内シリーズ)
(2012/12/17)


商品詳細を見る

やはり今回の旅のお供として持って行った。

今回のこの中で行ったのは、奥入瀬渓流と十和田。
十和田湖に泊まった晩に、見どころをチェック。翌朝チェックアウト前に十和田湖の十和田神社や乙女の像を、チェックアウト後に青森市までの道すがら、奥入瀬渓流に行った。予習の成果があり、効率良く行けたと思う。

早朝の十和田湖畔
十和田湖畔

奥入瀬渓流 銚子大滝
奥入瀬渓流

八甲田山は、まだたくさん雪が積もっていた。(道路は完全に除雪してあったけど)
八甲田山1

スキー場が、まだ営業していたぐらい。

八甲田山2

続きを読む

THEME:旅行、旅、ドライブ | GENRE:旅行 | TAGS:

るるぶ岩手 平泉 盛岡 八幡平'13~'14

岩手はやわかり
NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に大注目!
平泉
世界遺産平泉コンプリートガイド
中尊寺
毛越時
平泉にプラス1日
猊鼻渓 えさし藤原の郷 宮沢賢治ゆかりの地
盛岡・小岩井・雫石
盛岡 小岩井農場 雫石 つなぎ・鶯温泉周辺
八幡平
八幡平 岩手町 安比高原 二戸周辺
一関・奥州
一関 奥州 北上 湯田中温泉
花巻・遠野
花巻 花巻温泉郷 遠野
三陸海岸
久慈・洋野 北山崎 宮古・浄土ヶ浜 釜石 大船渡・碁石海岸
交通ガイド
道の駅ガイド
宿泊ガイド
索引
特別付録 岩手ドライブMAP

るるぶ岩手 平泉 盛岡 八幡平\'13~\'14 (国内シリーズ)るるぶ岩手 平泉 盛岡 八幡平'13~'14 (国内シリーズ)
(2013/01/25)


商品詳細を見る


旅行から帰ってきて、あらためて目を通してみると、また行きたくなる。
行ってきたつもりの中尊寺も見損ねた所が、たくさん。
猊鼻渓も行きたかったな。
龍泉洞って日本三大鍾乳洞なんだ。
遠野も行ってみたいと思っているのよね。

あまちゃんの北三陸。電車はドラマに出てきたまめぶ汁。団子の中には、黒砂糖とクルミが入っているって、おいしそう。

盛岡、通ったけど、途中下車できなかった。冷麺、わんこそば、食べたい!前沢牛も!
一関の餅、小岩井農場の乳製品と乳製品を使った食品。
るるぶは、胃袋つかむなあ。

続きを読む

THEME:旅行、旅、ドライブ | GENRE:旅行 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして