カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

NANA―ナナ― 21

あらすじ
レンが死んだ。

NANA―ナナ― 21 (りぼんマスコットコミックス クッキー)NANA―ナナ― 21 (りぼんマスコットコミックス クッキー)
(2009/03/13)
矢沢 あい

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:少女漫画 | GENRE:アニメ・コミック |

NANA―ナナ― 19, 20

レンがラリっていたのか、黒猫をナナと見間違え、その黒猫がいた建物に車で突っ込んだところまで。

そのちょっと前にハチ子から電話が掛かってきて、その描写でハチ子が犬の姿で車のボンネットのど真ん中に乗っかってレンを見ているというコマがある。携帯を右耳に当てた運転中のレンは「吠えるなって」とそのハチ子に向かって言っている。これは比喩的な表現かと思っていたけど、レンがラリっていることを表すために書かれているのか?そのハチ子との会話の中では、ドライブを心配するハチ子に対し
「大丈夫だって そこまで 壊れてねえよ 言ってる事も まともだろ?」(おまえより)と言い、
ハチ子もそれに同意している。

この漫画、科白で語りすぎだと思っていたが、レンが事故る件の一連のコマは画として構成として、みごと!見事過ぎて科白ばかりを追っている私には最初わからなかった。やっぱ漫画は画もちゃんと見ないとね。



続きを読む

THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

NANA―ナナ― 7 ~ 18 (りぼんマスコットコミックス―クッキー)

7巻から18巻まで読んだ。
映画の内容よりどろどろの人間関係が色濃くなってきた。オモシロイ。
8巻あたりからのハチのモノローグから、この話はハッピーエンディングには、ならないんだね?と思い、憂鬱に。それでも読み尽すまでは終われない。
でも16巻で、あ、まだ生きているんだって、なって、だんだん多少は希望の持てる展開に。

出てくる登場人物がみんな、心理学者か哲学者か、って感じ~。こわい~~~

続きを読む

THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

NANA―ナナ― 4, 5, 6

第4巻

奈々はリアル幸子と章司の関係を知り、失恋。
ナナがトラネスのレンとつきあっていたことを奈々が知る。奈々が知らずに誘っていたトラネスのライブに一緒に行くことにナナはついに同意。会場近くの奈々の地元に一緒に帰り、ついに最前列でのライブ。



第5巻

ナナはレンと再会。強い決心で別れたはずなのに元サヤに。
ナナの計らいで、奈々が大ファンのトラネスのタクミに会う。次の日、夢のような偶然の再会。一夜の決意でベッドをともにする。
ブラスト(ナナのバンド)のヤスは、トラネスのレイラと昔付き合っていたということがわかる。



第6巻

トラネスのコンサートツアーの打ち上げで、ブラストのノブとシンは、ナナがタクミと寝たことを知る。
タラシのタクミだが、奈々の元に2度3度と訪れる。
ノブは、奈々に気持ちを打ち明け、奈々もノブと穏やかな恋愛ができたらと思うものの、タクミへの気持ちが断ち切れるわけもなく。



続きを読む

NANA (2) (3)



二人のNANAは、めぐり合う。
章司にいっしょに住もうといってもらえたものの、自立を目指し、アパートを探すことにした奈々。偶然、ナナと再会し、ルームシェアをすることに。
奈々は自分のことを全力でナナに話しているが、ナナは、ほとんど語ろうとしない。そんなある日、ナナの郷里のバンド仲間、ノブがナナを頼って家出してきた。


ナナのバンド、ブラストは、新メンバー、美少年のベースが加わり、ドラムのヤスが上京してきて、活動開始。
奈々の彼氏の章司には、バイト先と同学年学部が一緒の幸子が急接近。

続きを読む

THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

NANA (1)

小松奈々と大崎ナナ、二人のNANA、ハイティーン。恋から、生き様を考える。それぞれの物語。

映画化されたメガヒット少女漫画。
元々は、読み切りだったらしい。そんなわけで、この第1巻は、独立してこれだけ読んでも楽しめるだろう。

面食いで、惚れっぽくて、依存心ばりばりの小松奈々。だけど、自分の相手に対する深い執着心を隠してしまう。好きな相手だから負担を掛けたくないからなのか、自分が一人前だとアピールしたいのか、たぶん両方。
高校時代の不倫の相手には、
浅野さんには迷惑をかけないから
とか
ストーカーとかしないから
安心してね
と言っていたと、偶然再会したかつての不倫相手、浅野が語った。

そんな自分自身と相手に対して本心の秘匿から、心のすれ違いが起きる。あっさりと振られてしまい、それが、小松奈々のトラウマに。しかしやがて、上記の不倫相手との再会、おない年の少年との出会いにより、克服する。

大崎ナナ。劇的に凄惨な生い立ち。ぬるい生い立ちの小松奈々とは、対照的。
十代で天涯孤独となってしまった彼女が。後にBFとなるレンとバンドの仲間を得、ヴォーカリストとしての生きる道を見出す。
初めてレンのステージを体験したナナの独白。
あの夜生まれた 感情を
どんな名前で 呼べばいいのか
それは恋とか ときめきだとか
甘い響きは 似つかわしくない
嫉妬が入り混じった羨望と
焦燥感
そして欲情

NANA (1)NANA (1)
(2000/05/15)
矢沢 あい

商品詳細を見る


ストーリー、科白、画、すべて隙なく巧み。
対照的な少女二人の心情、それぞれに、共感させられてしまう。

映画2本、見てるけど、やっぱり、原作って、映画よりいいねー。
映画は、これをずいぶん忠実に再現している。ストーリーも科白もインテリアなんかも。
それだけ、完成度が高いから、へたにオリジナルでやろうとしても超えられないと判断したんだろうな。それは正解。
原作が小説なら、映像化で工夫の余地がある。けど、漫画となると、あとは音声だけ。これは、音楽があるから、その点で映画制作チームは、頑張れたかなとは思う。

ちょっと前、ローカルニュースで東京都で18歳未満の登場人物のセックス描写があるものを青少年の手に渡らないようにするという趣旨の条例を制定しようとしていた。否決されたらしいけど、そんときは、規制しとけば、いいんじゃね?と思っていた。
成立していたら、これは、青少年が読めなくなっていた。やっぱ、それは、良くない。思春期の少女たちにぜひ読んで欲しい。そういう漫画だ、これは。
THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして