カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

イブの息子たち (1) (2) (3) (白泉社文庫)

ジャスティン・レイ:ポップ・ヴォーカリスト
ヒース・イアソン:ピアニスト
バージル・ワード:詩人
の3人は、ある日自分たちがヴァン・ローゼ族であると知らされる。ヴァン・ローゼ族とはイヴ(アダムのあばら骨から作られた人類最初の女性)のあばら骨から間違って作られた男であり、全員がゲイである。
3人は天使(ドジエル、ウジエル、ハジエル等)の案内でヴァン・ローゼ族が住む異次元空間に連れてゆかる。そこではヴァン・ローゼ族と男嫌いの女たちが対立していた。ヴァン・ローゼ族のほとんどは、3人のいずれかを我が物としようとする。また3人はヴァン・ローゼ族と女たちとの抗争に巻き込まれ、大変な目に遭ってしまう…というどたばたコメディー。

古今東西の偉人、著名な人物がわんさか出てくる。
現代の人物は、当時のロック・ミュージシャンが多い。そもそもヒース・イアソンはELPのキース・エマーソンのもじりだし。バージル・ワードは当時のカール・パーマーみたいなヘアスタイル。キャラは関係ないと思うけど。そのELPのグレッグ・レイクと思しきキャラもでてくる。人物だけでなく、ELPネタはちらほら散りばめられている。
番外編グッド・カンパニーではエーベルバッハ少佐が部下Gとともに出てくる。これは伏線だが、部下Gが女装に目覚めてしまう契機となるエピソード。そしてグッド・カンパニーといえば、クイーンの曲。ジョン・ディーコンの作曲。クイーンのジョン・ディーコンとロジャー・テイラーらしきキャラが、ちょい役で出ている。
番外編プリズナー69とでは、エロイカことグローリア伯爵がジェイムズ君とともに出てくる。
特別番外編では、伯爵も少佐も少佐のご先祖様も出てくる。
同性愛者または同性愛者(両性愛者)かもと言われる人物が数多く出てくる。例えば、森蘭丸、孔子、仏陀、シェークスピア、ニジンスキー。高杉晋作もそういう小説が出ているらしい。そうすると出てくる人物ほとんど、そっちなのだろうか。
突出した才を持つ人というのは、平均的な人々とは異なる嗜好性を獲得することが往々にあるという青池保子からのメッセージか?

イブの息子たち (1) (白泉社文庫)イブの息子たち (1) (白泉社文庫)
(1995/09)
青池 保子

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:ボーイズラブ | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

魔弾の射手

魔弾の射手

本格的スパイミステリ。エーベルバッハ少佐が登場。
タイトルが歌劇からとっているように、ミステリの謎は、音楽トリックによって解かれる。このトリックがみごと!

エロイカより愛をこめての番外編とどこが違うのか?
その1。少佐しか出てこない。伯爵もロレンスも執事も出てこない。部長、部下A~Z、ミーシャ/白クマさえ出てこない。
あらすじはWikipediaで。
エロ愛の中で、少佐は実は敵のテロリズム等陰謀の筋書きを読み解きを担っている。また対陰謀工作の筋書きも行っている。『魔弾の射手』では、他のエロ愛登場人物が出てこないために、少佐のそんな情報部員として手腕が浮き彫りになっている。他の登場人物たちが奏でる多彩なポリフォニー、別名「どたばた」、がここにはないから。
本編との違い、その2。「どたばた」=別名コメディーがない。ひたすらハードボイルドに話が展開する。
その3。BLがない。伯爵や部長に代わる男色家の登場はない。
その4。愛がない。同性愛も異性愛も同胞愛も、とにかく愛がない。そして、
その5。死がある。ハードボイルド・サスペンスの定石。

でも面白かった。そう、不思議なことに。
30年ぐらい前に読んだときは面白いと思わなかったのだ、たしか。当時の私は東西冷戦のごたごたなんて、まるで興味がなかったし、陰気なスパイ物にも興味がなかった。1も2も3も4もないって当時の私には見所がなかったのだろうな。しかし1、2、3、4への執着を放棄すれば、優れた作品。読み返してみて、びっくりするほど面白かった。

トラファルガー

トラファルガー海戦をモチーフに用いた海軍将校と彼に関わる人々の話。

アイビーNAVY

架空の富裕の国、アイビー王国に親善大使として派遣されたドイツ人青年トムキャットが、空母ティンカーベルでBLな人たちに翻弄される。ヴィレッジ・ピープルが、YMCAをリリースした頃。奇しくもIn The Navyのリリースに先んじている。
青池保子作品史としては、『イヴの息子たち』の連載の合間の作品。主人公トムキャット君は、ジャスティン的青年で、中身はイヴ息的、BLコメディー。

魔弾の射手 (秋田文庫)魔弾の射手 (秋田文庫)
(2000/01)
青池 保子

商品詳細を見る

続きを読む

THEME:漫画の感想 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして