カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

メッシュ 5, 6, 7 萩尾望都

矢、銃、ハサミ、暴力、強姦、そしてある者の心のゆがみが本人、周囲にもたらす痛み。さあ、どれが一番痛い?実は矢も銃も暴力の使用も、人の心のゆがみに端を発す。巨匠は、これらを巧みに組み合わせて、痛みにあえぐ人々、痛みに心の蓋をしてしまった人々を描く。

メッシュ⑤
千の矢―メッシュ 5 (メッシュ 5)千の矢―メッシュ 5 (メッシュ 5)
(1983/05)
萩尾 望都

商品詳細を見る
千の矢
メッシュは画家を志すエトワールにモデルを頼まれ、エトワールの生家へ行く。そこには、美貌の(だけど、でっぷり中年の)母親がおり、未亡人になった母親の元に、昔の恋人が訪ねてきた。メッシュは、その美貌もあり、エトワールの家族関係のやっかいごとに巻き込まれる。

苦手な人種
メッシュは、宝石店の娘 ルーと知り合う。美人でやさしい姉にコンプレックスいっぱいのルー。

MOVEMENT II
前衛劇の舞台表現のようなメッシュ。草。

メッシュ⑥
謝肉祭 (メッシュ 6)謝肉祭 (メッシュ 6)
(1983/11)
萩尾 望都

商品詳細を見る

謝肉祭 [ファスナハト]
メッシュは、ファッション・デザイナーのオズにモデルを頼まれる。オズは、学生時代の友人、ルシアンとマルラに再会する。オズ、ルシアン、マルラが心の奥に抱えた問題にメッシュは巻き込まれる。

MOVEMENT III
(おそらくオープンテラスの)カフェの椅子に座って…

メッシュ⑦
シュールな愛のリアルな死 (メッシュ 7)シュールな愛のリアルな死 (メッシュ 7)
(1984/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る
シュールな愛のリアルな死
オズのショーの記事写真を見た継兄ルイードから、メッシュは連絡を受ける。メッシュの実の母は、ルイードの父親と再婚してロレーヌにいると。ルイードに誘われ、メッシュは母親 マルシェに会いに行くが、母親は、深く心を病んでいた。

千のハサミ
切りきざむ
ハサミ
あなたが そうと望むなら
花にも
鳥にも
娘にも
この姿をかえたのに
たとえば 千の死体にも



続きを読む

THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

メッシュ 萩尾望都

メッシュは愛情を与えられず孤独な少年時代経てきた青年。暗黒の迷路に身を置き、出口を求めて相克する物語。

母親は、父親と自分を残し、駆け落ちをした。父親はメッシュを山奥の寄宿舎に入れた。

それからは 会うたびに母親の悪口をふきこんだ………………
で オレの母親像は見事にズタズタさ
…………
母親が聖女だったとは言わないよ
だけど寄宿舎で暮らす子どもには……
必要なものだってあるんだ



メッシュ
パリの路地。画家のミロンは傷付いた美青年メッシュを拾う。メッシュはミロンのアパルトマンに居候する。

巻末に萩尾望都による解説的エッセイ 『エディプス神話の話なぞを…』

春の骨 (メッシュ 2)

メッシュはひょんなことから、乞われてアングラ劇の死に神役をやることに。

革命 (メッシュ 3)

革命
メッシュはローザンヌから出てきたジュジュに恋をする。

モンマルトル
メッシュがドルーに拾われていた頃の話。

ムーブメント
メッシュがタイツ姿で動物の物まね(踊り?)をする。

耳をかたむけて (メッシュ 4)

耳をかたむけて
ミロンとメッシュは、ミロンが子ども時代の一時期を過ごした海辺の街へ行く。

ブラン
風邪をひいてしまった画商の代わりに、パリ郊外のお客に、ミロンがユトリロを見せに行く。メッシュも一緒に。そのお客はメッシュが気に入り、ミロンとともにお客の館に泊まることになった。

萩尾作品を読むとよく感じる心の古傷の引き攣れ。簡単に言うとトラウマ。
作者は悩み深い子供時代、思春期を送ってきたのだと感じる。普通だったら、年月を経てとっくに忘れ去ってしまうようなこと。それを覚えていて、作品として昇華させる。言うまでもなく萩尾望都は天才だ。

だけど、私は、そんなものを見たいという願望はなくて、読むたび非常に苦しい気分になる。たとえて言えば、非常に評価の高いスプラッタムービーだからといって、それが自分が見たい物であるかは別物であるというような。
じゃあ、なんで私はいくつも萩尾作品を読もうとしてしまうのだろう。修行?
メッシュに関しては、昔プチフラワー(だっけ?)で、最後の方の何作か読んで、面白かったような記憶があったから、いつか読めたらいいという気持ちがあった。地元の図書館に所蔵があったので、読んでみた。しかし借りてから貸出し延長を重ね、今日読み終わるまで2ヶ月以上かかった。
バルバラ異界の時のように、ラストはハッピーエンドになるかな。期待して、続きを借りよう。
THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして