カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

機は熟せり ジェフリー・アーチャー

1970年~1978年
バリントン海運会長のエマがヴァージニア・フェンウィックに訴えられた裁判の判決から、ジャイルズが恋したカリンの危機まで。

 
Amazonの機は熟せり検索結果

1970年~1978年というと私の少女時代になる。その頃のサブカルチャーが出てこないので読んでいてあんまり実感なかったけど。(セブのデートはバレエで演目は白鳥の湖だった)
ハリーとエマの息子、セブは私よりずっと年上で、私はその娘のジェシカの世代なんだなと確認。

アーチャーの作品は主人公に試練が数々あるもののそれらを乗り越え大成功。その分、バランスを取るかのようにバイプレーヤーに不幸が襲いかかる。
本作品の場合、ジャイルズとセブが割を食っていないか。女運が悪い。特にジャイルズ。
そう、ジャイルズと言えば、元妻のヴァージニア、活躍というか暗躍しすぎ。一族に関係ないところまで描かなくてもいいのではと思ったり。ジャイルズと結婚していたたから、一族の扱いなんだろうか。それにしてもレディーなのに浅ましい。レディーなんだから、ちょっとはレディーらしく振る舞ってくれてもと思うけど、そういうキャラクター付けになっちゃっているのよね。

次がシリーズ最終。This Was a Man。Amazonにはすでに英語版を読んだ人のレビューが書かれていて、おっと、中身がわかっちゃう…。でも、「なか見!検索」で、6部の最後のクリフハンガーがどうなったか確認。

前回新潮文庫を読んだのはクリフトン年代記の第5部だったはず。新潮文庫は文庫でも紐のしおりが入っているところが便利でいいと毎度思う。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

剣より強し: クリフトン年代記 第5部 ジェフリー・アーチャー

1964年10月~1970年

ざっくりネタばらし。
  • エマが会長を務めるバリントン海運の所有の「バッキンガム」の処女航海でアイルランド過激派の工作員が船内に爆発物を仕掛けた。
  • セバスチャンがサマンサに振られた。
  • セバスチャンが勤めるファージングズ銀行が乗っ取られた。
  • ハリーがペンクラブ会長として投獄されているソ連の作家の釈放運動をする。
  • ジャイルズが東ドイツの通訳の女性に恋する。
  • 長らくクリフトン家とバリントン家に対立していたフィッシャーが失墜。
  • エマがレディー・ヴァージニアを侮辱したとして訴えられ、裁判が続く。


Amazonの『剣より強し(上): クリフトン年代記 第5部』



今回もクリフ・ハンガー形式で、エマの裁判のマイナス材料で終わるが、いつもほどのはらはら感でもない。
毎度面白く読んでいるが、いつまでも大団円にならず、クリフ・ハンガーで終わって、新刊が出るのを待つのは辛い。
もうじき、次のCometh the Hourが出る。あ、Kindleならすぐ読めるらしい。原書で読むか?
さらに次のThis Was a Manも出ている。Amazonの内容紹介によるとこの第7部目でどうやら本当に終わるらしい。
この2冊を読めば、私の辛抱の日々は終わるのだが、英語だと解釈が大雑把になってしまうからなー。
保存
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

プリズン・ストーリーズ ジェフリー アーチャー

ジェリーアーチャーが偽証罪で2年間服役していた際、他の受刑者から仕入れた話を脚色したという短編9編+3編の創作。



獄中記の人々の話が興味深かったので、読んだ。最近短編は避けるようにしていたけど、そこを押して。

獄中記に出てきたねって、脱税したレストランの店主。ロンドンの中で場所が変わっているけど、出てきている。

悲しい話もあるけれど、よかったねというオチが多くて、読後にほっこりできるのがよかったかな。

特に、夜逃げするのに犬を見捨てなかった夫婦の話が、愛犬家としてはよかった。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

獄中記―地獄篇 ジェフリー・アーチャー

有罪が確定したジェフリー・アーチャーが最初に収監されたロンドンのベルマーシュ刑務所での22日の生活の記録。


獄中記―地獄篇 のAmazonのリンクへ


受刑者、刑務所職員ともアーチャーに注目。
問わず語りに自分の収監までの経緯を話す受刑者たち。ほとんどが重罪犯。刑が確定しておらず、裁判の処し方を相談する収監者も。家族のためにとサインをねだる職員も。
受刑者に乞われてしたサインは刑務所内の図書室の本だったとはおどろき。

アーチャーの著作誇りと復讐などの主人公たちのように、アーチャーが刑務所内で周囲の人間に好かれてうまくやっていく。
毎日のルーティンワーク(起きてすぐ、著作に励み、食事、休み時間のような運動場での他の収監者との交流、食事、シャワー)は、彼の著作の描写ほどは興奮するものではない。しかし、そこが寝る前に眠りに落ちるために読む本としてはちょうどいい。

刑務所として最悪のはずのベルマーシュを去り、次の刑務所に。続きが気になるので『獄中記―煉獄篇』も読むことにした。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

追風に帆を上げよ: クリフトン年代記 第4部 ジェフリー アーチャー著

1957年~1964年
ドン・マルチネスとクリフトン家/バリントン家の確執が中心。
ハリーは脇役に回り、妻のエマと息子のセバスチャンが活躍。
エマはバリントン海運の会長として、セバスチャンは、入院により知り合ったファージングズ銀行頭取のアシスタントとして。

Amazon 「追風に帆を上げよ(上):
クリフトン年代記 第4部」のページへ
Amazon「追風に帆を上げよ(下):
クリフトン年代記 第4部」のページへ


文庫で唯一しおりの紐が付いている新潮文庫。これって、いい…なんて言いだしたら、内容についての感想は推して知るべし。
ディーヴァーの鮮烈さに霞んだか、50年+前の話の長閑さに頭が切替えられなかったか。

平行して読んでいたウォッチメイカーも花瓶に爆弾仕込むっていうのがあった。それって50年の時を経て一般的なの?

アルゼンチンに逃れたナチスの残党が英国内で好ましからぬ活動をしていた場合、その始末は、秘密裏に捕まえて、テルアビブに送ってしまうというのは、50年前という時代を感じる。

毎部、最後は危機的状況で終わるというのは、反則じゃない?いかにも売らんかなで。その意味でげんなり。
とりあえず完結させるというのが紳士的進め方だと思う。

第5部予想:マルチネス問題は終結、政治家としてジャイルズにスポットライト。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 ジェフリー・アーチャー

ヒューゴー・バリントン 一九三九年-一九四二年
メイジー・クリフトン 一九三九年-一九四二年
エマ・バリントン 一九四一年-一九四二年
ヒューゴー・バリントン 一九四二年-一九四三年
エマ・バリントン 一九四二年
ハリー・クリフトン 一九四五年
解説 最高傑作の誕生か 山本一力

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)
(2013/09/28)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る


ヒューゴー・バリントン、本シリーズ最悪の登場人物が「活躍」(?)する。本シリーズはこのヒューゴーの行いが端緒となっているし、その身分が重大な鍵なのだから、この人物を好むと好まざるに関わらず、この人物の暗躍なくして話は進まない…そう割り切って読むことだ。

ヒューゴーに惑わされたポーランド系ユダヤ人移民、オルガは、あまりにもかわいそうだ。アーサーは、登場人物に過酷な運命を平気で背負わす。上巻登場のベイツ、そしてクインも同様だ。

もてもてのメイジーが、いつのまに第3の男、ミスター・ホールコムと特別に仲良くなったのか。ちょっとわかりにくい。

フィリス大叔母を訪ねてからのエマ。次々に味方を得て、ハリーのために大活躍。読んでいてわくわくした。

ハリーとジャイルズが帰国してからの展開は、それまでの生死を賭した展開と比べると少々緊張に欠ける。
バリントン家のタイトルと財産がどっちへ行くことになるかということは、今までの問題に比べるとたいしたことがなく思われる。どっちにしても二人が仲良くやればいいだけなのではと思えるから。
ハリーが最愛のエマと結婚できるかどうかの問題はあるが、事実婚でいいじゃんって。
現代人目線で思ってしまう。

ともあれ、先が気になることに変わりはない。Best Kept Secret: Book Three of the Clifton Chronicles。うを!今タイムセール中ですと?(2013/10/24 19:50現在)
今度こそ、原文で読もうかと思う。正直、翻訳には「?」なところが結構あって、対して原文はわりと簡潔でわかりやすい。それでも私の英語力では解釈に問題があるところもあるのだけれど。
どうして永井淳氏が訳してくれないの?と思って、ぐぐったら、2009年にお亡くなりになっていたことがわかった。大変、残念。ご冥福をお祈りする。
THEME:小説 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

死もまた我等なり(上): クリフトン年代記 第2部 ジェフリー・アーチャー

アメリカ人、トム・ブラッドショーを名乗ったハリー・クリフトンに、刑事により「第一級殺人罪だ」と容疑が告げられたところで前編「時のみぞ知る」は終わった。その続き。

ハリーの弁護に敏腕弁護士がついたが、その弁護士セフトン・ジェルクスは別のクライアントの依頼を果ため、ハリーに取引を持ちかけ、ハリーはそれに応じる。ブラッドショーとして、アメリカ合衆国海軍からの脱走の罪をかぶり、服役した。
一方、エマは、ハリーが航海中船がドイツのUボートに攻撃された際に亡くなったと伝えられていたが、当時の情報を集めようと、トム・ブラッドショー(本当はハリー)が救出された船に乗り、アメリカに渡った。

ハリー・クリフトン 一九三九年-一九四一年
エマ・バリントン 一九三九年-一九四一年
ジャイルズ・バリントン 一九三九年-一九四一年
ハリー・クリフトン 一九四一年
エマ・バリントン 一九四一年
ジャイルズ・バリントン 一九四一年
エマ・バリントン 一九四一年
ジャイルズ・バリントン 一九四一年-一九四二年

死もまた我等なり(上): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)死もまた我等なり(上): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)
(2013/09/28)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る


ハリーの刑務所での様子は、誇りと復讐を思い出させられる。刑務所内で味方を作り、持てる能力を最大限に発揮して…という。

本巻では、エマが大活躍する。冒険と言っていいだろう。従業員としてカンザス・スターに乗り込み、アメリカに渡ってからは、自分の力だけで、ハリーの足跡を追う。

ジャイルズは、色網を隠してまで、軍に志願して故国のために働く。途中死んだかと思われ、さらにまた死線をくぐる。

3人とも機知を働かせ、逆境をはねのけると同時に、ひどい不運を背負わされる。はらはら、どきどきで、今回も一気読み。
THEME:小説 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)

ハリー・クリフトンは、親友のジャイルズ・バリントンの妹、エマと恋に落ちる。エマの父親ヒューゴーなど一部の人間を除き、周囲は2人を似合いのカップルと考える。しかし、その恋は、2人が演じたロミオとジュリエットのように悲劇で帰結する運命だった。

また一部の人間にしか知られていなかったハリーの父、アーサーの死因の真実、ハリーとバリントン家の関係が明かされる。

オールド・ジャック・ター 一九二五年-一九三六年
ジャイルズ・バリントン 一九三六年-一九三八年
エマ・バリントン 一九三二年-一九三九年
ハリー・クリフトン 一九三九年-一九四〇年

時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)
(2013/04/27)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る


アメリカに入国した途端、ハリーは逮捕される。そして刑事により「第一級殺人罪だ」と容疑が告げられ本巻の本編が終わる。
マンガなら、手錠を嵌められてハリーの驚きと戸惑いの様子のコマの下に「~号(~月~日発売)につづく!」となるところだ。
上下巻読んだら、とりあえずの完結があるのではと期待したのだけど、まるっきり、それはなかった。

ただし印象は強烈だ。このように脳裏に鮮やかな映像が浮かぶシーン。
教会での結婚式の宣誓のシーンでの「異議あり!」の声以下とか、

ヴィクトリア十字勲章をつけているオールド・ジャックを見るのは初めてだった。

からのくだりもそうだ。なぜオールド・ジャックがヴィクトリア十字勲章をつけていたのかが明かされる。そして

一等車にともに坐っていると、若い人生に陽が落ちていった。

泣かされた。

泣かされたと言えば、エマからハリーへの手紙にも泣かされたな。

エマと言えば、エマの章は、

エマが小さな声で訊いた。「生まれてくる子に父親はだらかと訊かれたら、わたしは何と答えることになるのかしら」

で、終わっている。上記のハリーのシーン同様、後がどうなるのか猛烈に気になるじゃないか。

オールド・ジャックより自分の葬儀が先になるとは、そのときのハリーには知るよしもなかった。

も、さりげなく書かれているものの、強烈なトリックだ。

読者を惹きつけるトリックは数多く仕掛けられているが、本作の読みどころは、それだけじゃない。
出てくる人物、出てくる人物が、ヒューゴー以外は魅力的で、思わず愛してしまう。
上巻で、初対面のハリーをかばってポリッジのボウルをハリーと同じように舐めたジャイルズ・バリントン。ハリーが夜間に寮から逃げ出した後、朝戻ってきたときに「今朝は一人でボウルをなめなければいけないかと思った」というセリフなど、ウィッティー。イートン校を落ちるための画策や尾行をまくための工作など、面白いことを思いつくアイディアの持ち主。
エマをかばう優しき母、エリザベス。いざというときの行動が鮮やか。またヒューゴーのハリーに対する不当な扱いを許さない公正で差別のない態度。ハンサム・ウーマンである。
ジャイルズ、エマの二人の祖父、オールド・ジャック・ターなど、シニア・キャストも魅力的。

訳者あとがきによると、すでにイギリスでは第二作"THE SINS OF THE FATHER"、第三作"BEST KEPT SECRET"が発売されているという。
上述のような終わられ方じゃ、手を出さずにはいられない。ジェフリー・アーチャーは商売上手だ。

続きを読む

THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 ジェフリー・アーチャー

1919年、身持ちの堅いメイジー・クリフトンは、結婚間近にして、婚約者以外の男と関係を持った。イギリスの港町ブリストルで、メイジーの息子ハリーは成長する。天性の美声から奨学金を得て聖歌隊学校に入学。階級の異なる友人を得る。

メイジー・クリフトン 一九一九年
ハリー・クリフトン 一九二〇年-一九三三年
メイジー・クリフトン 一九二〇年-一九三六年
ヒューゴー・バリントン 一九二一年-一九三六年

時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)
(2013/04/27)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る

ストーリーテラー健在。
するっと読んでしまった。

ほぼ同じ時の流れが異なる登場人物の視点で語られる。
視点が変ることで、それまで読んできて感じていたミステリーの種明かしが提示される。一方、新たなミステリーやスリルが、もたらされる。ドキドキ、はらはら、それで気がつけば巻末のページとなる。
ジェフリー・アーチャーに限らず、物語は普通主役側の視点で語られる。本作の場合、ハリーやメイジーの視点。しかしヒューゴーは今のところ完全なる悪役。その悪役の企みや考えを読むのも面白い。物語に一層のスリルが加わっている。

20世紀初頭のイギリスの寄宿学校の様子を知るのも楽しみ。だけど、ハリーは、グラマースクールでは通学生(day boy)になってしまった。ちょっと残念。
しかし、他にも興味をそそられるイギリス文化が詰まっている。ウェイトレスの制度、軍隊の制度、などなど。ジェフリー・アーチャーにかかれば、説明臭くなく、ひたすら興味深く読まされる。

それに何てったって、この展開。翻訳文学が苦手な私は、多少「あれ?」って思わされる。でも、それを忘れさせられるように、物語にのめり込まされてしまった。

もう下巻を読み始めている。下巻の最初は、オールド・ジャック・ター。謎多き人物のヴェールの内側!面白くないわけがない。
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして