カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

04/29のツイートまとめ

kiyohara00

主人のアニメ好きに手を焼いている私だが、あえて教えてあげちゃう親切な私。スカパー!アニメ3日間無料放送 http://t.co/9tePW1c1mh
04-29 12:19

家にいると朝5時、6時から起きていても、英訳、和訳にガチになるのは、決まって夕方以降だ。この作業だけ、昔の名残りである「夜型」が残っているのか?ともあれ、もう寝る。明日は、ディーラーに車を持っていき、12ヶ月点検してもらうんだから。
04-29 23:52

関連記事

七つの会議 池井戸潤

坂戸宣彦は、努力家で上司の覚えもめでたい、厳しいノルマを達成する営業部のエース。営業一課の課長であった。しかし、ある日、ぐうたら社員として社内で知られる部下の八角(やすみ、通称はっかく)にパワーハラスメントで訴えられ、課長職を退き、人事部付となった。社内の誰しもが納得しかねる処遇には、裏があった。
7つの会議を核に繰り広げられる企業ミステリー。

日本経済新聞電子版に連載したものを大幅に加筆修正したもの。

七つの会議七つの会議
(2012/11/02)
池井戸 潤

商品詳細を見る


大手メーカー企業の子会社社員に、イマドキ、これはないだろう。現代の東京の話だとは思いがたい。登場人物の泥臭さ、ダークさに、そう思った。
しかし、自分の心の中にも、泥臭い唾棄すべき自分って、いる。だから会社で職業倫理や規範を細かく言われ、それに従って表面上洗練された行動を取る大手企業や系列会社の社員達も、心の中には、泥臭さ、ダークマターを抱えているのかもしれない。
本作は、読み進むと、次第にまともな(現代の日本人としてリアリティーを感じられる)人物の登場が多くなり、読みやすくなってはいった。

第一話でダメダメの会社員として登場する「居眠り八角」が物語の鍵を握り、後半活躍する。いやな人間が幅をきかせて読んでいて息苦しかったのが、八角が活躍するあたりから、徐々に爽快に。
といっても最後は、こんなもんかなという程度の解決で終わる。最初はリアリティーをはずれた嫌な感じで、最後はリアリティーに沿った、そこそこの感じって、微妙なバランス感だ。
八角の真意も、私の読解力のせいか、はっきりわからない。(内部告発は両方とも八角がしたんだよね?)

ミステリー仕立てでるけれど、殺人事件は起きない。そこは、いい。
殺人事件は起きないけど、スリルとサスペンスがある。そんな話は、大歓迎。

各話で1人ずつ、登場人物にスポットが当てられる。企業バイオグラフィーを連想させられた。
それで、また何か面白い企業バイオグラフィーを読みたいと思った。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

04/28のツイートまとめ

kiyohara00

昨日、昼寝したり、(非学習系の)読書をしたり、パソコンでどうでもいいサイトを閲覧したりと、一日だらだら過ごしたら、ライフゲージがぐいんと回復。今朝は、行方不明になっていて図書館に返却しなければいけない本も発掘でき、心爽やか!さあ、GW中の各ミッショッンに取り組もう。
04-28 10:10

【本棚登録】『聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)』長谷川 修一 http://t.co/gyl5C2fNKJ 本棚に登録 #booklog
04-28 10:20

関連記事

国が亡びるということ 竹中平蔵、佐藤優

竹中平蔵は、小泉政権下で経済財政政策担当大臣を務め、経済を素人にもわかりやすく説明できる経済学者。佐藤優は、元外務官僚で、インテリジェンス(諜報)の専門家にして、同志社大学神学修士、現在作家として活躍。本書は、この2人が2012年に国内状況を憂いて行った対談。

はじめに(佐藤優)
ウォーミングアップ 私とマルクス
1 大きなところを間違う日本
2 官僚の劣化、その根底にあるもの
3 欧州、北朝鮮、そしてイラン
4 日本が世界に喰われないために
おわりに(竹中平蔵)

国が亡びるということ国が亡びるということ
(2012/04/24)
竹中 平蔵、佐藤 優 他

商品詳細を見る


ちょうど1年前に出版された本だけど、すでに歴史資料になっていると感じた。
当時から政局は変ってきている。民主党政権から自民党政権に戻った。橋下氏を評価し取り上げているが、この当時は、まだ慎太郎に取り込まれる前だった。隣国との関係は、対中国、対韓国で、今よりずっとあいまいだった。世界情勢も今とはちょっとずつ違う。

経済畑の竹中氏とインテリジェンス畑の佐藤氏とで、異なる視線の切り口で、経済・政治を語る。
それぞれに面白いことを語り、吹き出してしまったこともあるほど。
TPPは単なる自由協定ではないという。

佐藤 プーチンは、「日本のTPP参加=日米同盟の深化」であることを、日本の政治家以上に正しく理解しています。…(中略)…対外経済担当の副首相などは、協力するどころか、「TPPにロシアが入ってもいい」とさえ発言しています。
竹中 ロシアが日米と組む理由はなんですか?
佐藤 中国への牽制です。アメリカと同様、ロシアにとっても、「仮想敵」は中国なのです。ちなみに、TPP協議にあまり積極的ではなかったカナダやメキシコは、日本が態度を表明したのを見て参加を決めました。つまり、実は野田さんの決断は、本人たちにどのくらいの自覚があったのかは分りませんが、現実に中国をうろたえさせ、ロシアを驚かせ、態度を決めかねていた国々の背中を押し……、と世界に地殻変動を起こしました。残念なのは、そのことについて世界で一番分っていないのが日本だ、ということなんですよ。


他にも、「ギリシア人はなぜ「働かない」のか、「金正日死亡情報」は遅れたのか、イスラエルの抹消を主張するイランなど、興味深い話題が俎上にあがっている。

続きを読む

関連記事
THEME:政治・経済・時事問題 | GENRE:政治・経済 | TAGS:

04/27のツイートまとめ

kiyohara00

ゴールデン・ウィーク!!朝、寝室の南東向きの霞ガラスの窓の外の光が金色に輝いて見えたのは、建物の壁の煉瓦がクリームイエローのせい?緑道では、日向の草も木も花も、陽の当たる面と影となる面を鮮やかに表して、そのコントラストから、輝く季節の訪れを告げていた。
04-27 10:38

今日から10連休。犬が5時台に私を起こしたのは、きっとゴールデン・ウィークをいち早く味わうべしということだったのだろう。昨日までの疲れから、起こされたときは、頭痛がしたが、今は治った。 #headache @myEN
04-27 10:43

洗濯機の柔軟剤投入口に洗剤を投入してしまった。洗濯に使う3つの液体(洗剤、賛成ブリーチ剤、柔軟剤)、ときどき入れる場所を間違える。
04-27 11:02

昨日職場で、2人の中国人に(別々に)私が来月職場を去ることを伝えた。すると、2人とも、もっといい仕事が決まったのかと私に尋ね、決まっていないと答えても、専業主婦になればいいというようなことは言わなかった。これって私にとってすごく心地の良いこと。2人に対する評価がさらにあがった。
04-27 14:19

以前から「専業主婦」とは、自分とはカーストの異なる貴族だと思っていたが、たしかに社会主義なり共産主義を経験した国々の人々の頭の中にはこの人種がいない。対して日本人からは男女を問わず「仕事がなければダンナに食べさせてもらえばいい」的なことばをきく。きくたび、ストレスを感じる。
04-27 14:27

関連記事

04/23のツイートまとめ

kiyohara00

円安でイカが食べられなくなる~~~!首相どうにかして~~~!!
04-23 23:17

関連記事

マスカレード・ホテル

客は往々にしてホテルで仮面をかぶっている。偽名で訳ありだったり、事実とは異なる理由を言ってホテル従業員に対応を求めたり。

都内屈指の一流ホテル、コルテシア東京に何人もの警官が潜入して張り込むことになった。過去すでに3件起きている連続殺人事件の4件目の現場として推定されたためだ。

フロントクラークの山岸尚美は、フロントクラークとして張り込む捜査員、新田浩介警部補の教育係を務めることになった。

マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る


マスカレード・ホテルって隠微な響きがある。会員制秘密のラブホでの話?なんて思ったけど、天下の東野先生がそんな話を書くはずないわけで。

ホテルでは、次から次へと挙動不審な客が現れる。それぞれが予測されている殺人事件につながりがあるのか?と思わされる。ヤマがいくつもあり、退屈する暇がない。ひとつひとつがトリックなのだ。それぞれの種明かしに感心する。
また現実にありそうな、ワケあり話を読むのも面白い。

サービス業務に就く者が主人公(の1人)というのは、『日の名残り』以来。
人より気が回らない、人より思ったことを垂れ流しの私は、山岸の機転に驚くばかり。

新田警部補が、当初、男・警察官・帰国子女といった概念でまとめられるエゴをぷんぷんさせていたのに、変っていく。山岸に感化されるようにして、一流ホテルマンにふさわしい心構えとスキルを身に付けていった。
刑事としても、自分の手柄をあげたい一心だったのが、殺人事件を未然に防ぐことの重要性を理解し、チームプレイに徹しようとする態度となった。

犯人は意外や意外なあの人。この驚きも評価ポイント。
犯人の殺人の動機は、聞かされて、「そんなのカンベン~~~」だったけど。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 2/21号

フィギュアスケート特集。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 2/21号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 2/21号 [雑誌]
(2013/02/07)
不明

商品詳細を見る


フィギュアスケート専門の定期刊行誌で追っていると、各大会での結果で、その時、その時のことばかりに目が行ってしまっていたのだということに気付かされた。
世界のトップレベルに名を連ねる一流の選手達は、どんな選手であるのか、どんな風に頑張ってきたのかが、シーズンを超えた切り口で示されている。

表紙になった今シーズン一番の注目株、羽生結弦はもちろん、高橋大輔も、パトリック・チャンも、浅田真央も、鈴木明子も、村上佳菜子も、キム・ヨナも安藤美姫も、全日本で3位入賞の宮原知子も、みんなすごい!みんないいこだ!と思った。

チーム高橋。高橋がモロゾフから離れた際に、長町歌子コーチが、

正直、自分ですべてをまかなえる能力を持っていないので、各スペシャリストにお手伝いしていただこうと思ったんですね。

というのが始まりであったという。

それに彼らの仕事を見ることで、男としての責任感や、プロとはこうあるべき、という姿勢を学んでほしかった。


というのは、親心的だなあ。大ちゃん、ぜひ孝行してね。

高得点の理由を冷静に分析して、逆に自分に足りないところを突き詰めて考える。
敗因を分析する羽生のかたわら、ブライアンは練習方法を考え抜いた。
現採点システムの申し子の選手とコーチなのだ。

ショートの世界最高得点を更新したスケートアメリカの羽生のショート後の緊張の描写が劇的。

夜中だというのに無心になろうと、会場の外でランニングを始めた。…(中略)…それを小塚崇彦のコーチ・佐藤信夫がじっと見つめていた。

この大会、羽生はフリーで崩れ、小塚崇彦が勝った。過去に読んだ記者会見によると小塚はいつものように自分にできるベストの演技を行えるように努めたところ、優勝できて驚いている、得点差が大きかったので優勝は考えていなかったという無心ぶり。しかしコーチの佐藤信夫は教え子がベストの演技でベストの順位となる方法を考えていたのだろう。浅田真央の記事から、そんな佐藤コーチの側面を読んだ。どちらも野口美惠氏の記事。

コリオグラファーを取り上げた記事は田村明子氏によるもの。
現在のトップ・コリオグラファーの2人であるデイビッド・ウィルソンとローリー・ニコル。
難しいトランジションを入れ、はっとする個性的な動きで評価を得るローリー・ニコルの振り付け。

一方デイビッド・ウィルソンは、選手にあまり無理させずに「本人らしさ」を大切にする振り付け師である

という。
パスカーレ・カメレンゴやジェフリー・バトルもちらっと出てくる。

ルール&採点基準の潮流は「個性」重視へ。ルール&採点基準の主な変更点が表にまとめられ、この見出しの内容をぱっと見て納得させられた。

伊藤みどり×マツコ・デラックスという異色の対談。マツコ・デラックスは、伊藤みどりの大ファンであるらしい。

日本のスポーツ史において、長嶋茂雄さんとかと同列に語られなきゃいけない人なの。

とまで語っている。
確かに伊藤みどりの3Aは、今でも別格だ。男子も含め。
マツコが斬るのも楽しく読め、伊藤みどりさんもこんなことを考えていたんだと興味深くもあった。
関連記事
THEME:フィギュアスケート | GENRE:スポーツ | TAGS:

04/21のツイートまとめ

kiyohara00

「嵐にしやがれ」録画を視聴中。岡田准一くんの嵐へのおみやげが、ほぼ全部いい!相葉君へのLEDランタン、大野君へのEOSはミラーレス。軽そう。松潤へのステンドグラス、激シブ。櫻井君への「百年法」は、図書館に予約。
04-21 09:56

あ、また揺れてる。
04-21 12:25

雨が上がり、雀もさえずっている。外干し用の洗濯開始だ!
04-21 13:12

狂犬病予防接種→混合ワクチンは1週間以上の間隔、混合ワクチン→狂犬病予防接種は、4週間以上の間隔。昔打ったときは、前者だったんだろう。今回混合ワクチンを先に打ってしまい、へたうった!覚えておこう。 http://t.co/4JFs4uw9Q1
04-21 15:55

気象庁の今日の最高気温のページを見たら、うちから一番近い東京都東京は二月上旬並みだって。どうりで寒い。4時過ぎに見たときは、うちから次に近い江戸川臨海は、「最も寒い時期を下回る」だった。
04-21 18:25

西原理恵子さんがフレディー・マーキュリーの大ファンとは。「フレディーは死んでいません。今もその辺で歌っています」とまで。 #j-wave
04-21 18:28

関連記事

いぬけいと―大好きな犬の毛をつむいで編む

もくじ
犬毛糸をつむぐ
犬毛フェルトをつくる
犬毛糸ニットと犬毛フェルト
ニットとフェルトのつくり方

いぬけいと―大好きな犬の毛をつむいで編むいぬけいと―大好きな犬の毛をつむいで編む
(2008/11)
青山出版社

商品詳細を見る


愛犬家なら誰しも思うだろう。飼犬の換毛期に。あるいは、トリミングで被毛を切るとき。愛犬の毛は毛糸にできないのかと。その半端ない量を目の前にして。

うちの犬は、冬至後、毛が抜け始める。今シーズンの場合、それからずっとじょじょに抜けていき、この週末になって、犬の手触りが変わった。冬毛のアンダーコートがほぼ抜けきったようだ。
この期間、「かわいい犬の毛で何か作れないか」と思う。部屋を汚すゴミとして捨てる代わりに何か役立てられないかと。

この本には、その手順が示されている。犬毛を集めて、洗うところから、毛を紡いだり、フェルトを作ったりして、さらにはその毛糸やフェルトで、ニット作品やフェルト作品を作るところまで。

必要な道具もあまさず示されている。グルーミングブラシや洗剤といった身近にあるものから、ハンドカーダー、スピンドル。あると便利なつむぎ車、かせとり棒、かせくり器、毛糸玉巻き器まで。

扱いの難しいカット毛(ミニチュア・シュナウザー、ショート・コーテッド・チワワなど)や少ない毛・短い毛(ビーグル、フレンチブルドックなど)、ねこの毛、うさぎの毛までカバー。

全体の4/3を占めるカラーページで視覚的に理解でき、さらに作品のほっこり感が伝わってくる。
巻末の白黒ページに各作品に必要な材料と道具、つくり方ポイントの詳細な説明がある。

ニット作品は、花モチーフ、帽子兼スヌード、マフラー、ルームシューズ、ベスト、携帯ケースなど。
フェルト作品は、ネックレス、豆パグ、フォトフレーム(のモチーフ)など。

続きを読む

関連記事
THEME:犬との生活 | GENRE:ペット | TAGS:

04/20のツイートまとめ

kiyohara00

今日は右手と右足の先が、ちょっぴりしびれている。最近時々手先のしびれを感じるのでぐぐってみた。間欠的に症状が出ているうちは、様子見でよいということで安心。原因は私の場合、肩こりに関係した整形外科的なものかなあ…と思える。http://t.co/wQD5NRxI8A
04-20 07:21

掛り付け医(内科等標榜)で診てもらったついでに、右半身外側の軽い痺れ感について、相談してみた。握力の確認と感覚の確認(異常なし)の上、頸椎7番8番がずれているのだろうと。続くようなら、整形外科医で頸椎がずれていないかレントゲンと撮ってもらうといいとのこと。
04-20 11:06

駅前の大学構内に区立図書館の図書受渡窓口が。べえんりぃ!勤めや外出など駅から帰ってくるときに使えるし、うちから歩いても10分。
04-20 11:49

住んでいる区の図書館のウェブの貸出し情報一覧に[延長]ボタンが。ここ何年かこの図書館で本を借りていなかった。使えないシステムだったから。(ウェブで貸出し延長できない、DB更新がリアルタイムではなく、1日一回のバッチ処理のため、情報に矛盾が生じていた)でもこれからは使ってもいいかも
04-20 11:57

関連記事

テルマエ・ロマエ II  ヤマザキマリ

第6話
男根信仰

第7話
入浴のマナー

第8話
ルシウスは、ティヴォリのハドリアヌス帝別荘の浴場の修理を行っていた。

第9話
ハドリアヌス帝が後継候補として養子にしたルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス改めルキウス・アエリウス・カエサルの人気を得るため、ルシウス・モデストゥスは新しい浴場の設計を依頼される。

第10話
伝統的なローマ浴場の人気がなくなり、経営が厳しい。ルシウスは、人気の回復方法を考える。

ローマ&風呂、わが愛
エッセイ

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
(2010/09/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


第6話が出色。
平たい顔族の温泉にタイム&プレース・トリップしたルシウスが、温泉の中から出てきたその折、金精まつりの神事の真っ最中。出てきたルシウスをおばあさんが

金精様じゃ~ッ!!

って。
抱腹絶倒。

平たい顔族の人々は、現代の日本人の平均よりずっと大らかでのんきだ。年配の登場人物が多いせいかもしれないが。それでいて、日本人の性格であり、振る舞いをする。日本人が、素朴で魅力あふれて描かれているのも本作の魅力なんだろう。
関連記事
THEME:テルマエ・ロマエ | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

04/16のツイートまとめ

kiyohara00

PCのDドラの空き容量を増やそうと、録画した番組捨てまくって、500GBにした。しかし未だに495番組、録画時間551時間。いつか見ることはあるのだろうかとは思うもののあとは、捨てられない。特にフィギュアスケート番組。ながらで見れないから滅多に見ない。2011年のからたまっている
04-16 20:35

カルピスを豆乳で割ってみたら、やっぱり固まった。牛乳割りと同様。ペクチンとタンパク質が凝固するんだからということを覚えておかなくちゃ。
04-16 21:26

今日は人生で初めて、波平頭のヘアスタイリストさんにカットしてもらった。10分カットなのに、30分ぐらい掛けて丁寧に切ってくださった。
04-16 21:31

関連記事

晩夏―東京湾臨海署安積班 今野敏

安積剛志が所属する東京湾臨海署で同じ日に2件の殺人事件が発生した。1件は新木場のクラブでセレブが集まるパーティーで。1件は羽田沖で漂流していたクルーザーで。

新木場のでは、安積と同期で交通機動隊所属の速水が被疑者となった。速水は取り調べで拘束され解放された後、監視がつく中、クルーザーの殺人事件の担当となった安積とともに捜査について回る。

晩夏―東京湾臨海署安積班晩夏―東京湾臨海署安積班
(2013/02/15)
今野 敏

商品詳細を見る


安積班シリーズNo.1の縦横無尽男、速水が被疑者となり、解放後、嵌められたかもしれないと考え、怒れる速水はいつも以上にやり放題。そこが本編の見どころかなあ。

安積は、本庁のエリート意識の強い若手でちょっと困った君と組まされる。速水と安積とともに行動し、この困った君が使える男になるというのもポイントか。

他の今野敏警察小説にもちょくちょく登場の田端捜査一課長や池谷管理官など、いつもの面々登場。田端捜査一課長は、ちょこっとしか登場しないが、見事な仕切りを見せる。田端守雄はこれじゃなきゃ。

主犯の動機は、まあ納得してもいいけど、その他関係者の行動がちょっと現実離れしてるっていうか。
面白かったけど、そこが、ちょっとね。
関連記事
THEME:今野敏 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:

04/15のツイートまとめ

kiyohara00

最寄り駅を降りたとき、その駅で人身事故があったことがアナウンスされていた。運行遅延の理由として。その刹那、消毒液の臭いが鼻についた。続いて肉の臭い。事故に遭われた方にとって、事故が不幸中の幸いとなりましたように。さもなくば、その魂が安らかに眠ることができますように。
04-15 19:40

関連記事

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

古代ローマ帝国建国から約800年、ハドリアヌス帝の時代。公衆浴場設計士のルシウス・モデストゥスが、古代ローマの公衆浴場で湯に潜り、出てきたところは、現代日本の銭湯だった。ルシウスは日本の銭湯のアイディアを取り入れた公衆浴場を設計し、一躍評判に。
その後も、たびたび、古代ローマから日本の浴場にトリップし、勉強熱心なルシウスは、その度、日本の技術やアイディアを古代ローマの公衆浴場に再現していく。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


第4巻から読んだ本作の第1巻をやっと読んだ。
4巻は話が続いていて、若干物語の起伏に掛ける感があったが、こちらは、1話1話できっちり、まとまりがついているので読みやすい。

日本の文化や技術に肯定的なルシウスに、日本人なら好感を持ってしまうだろう。それでルシウスに感情移入して、チャレンジがうまくいくようにと物語に引き込まれる。

第1巻最終コマが

「離縁させていただきます」リウィア

となっていて、気の毒なことなのではあるが、奥さんが出て行ってしまったのは、第5巻を読んでいると、おかしくて吹き出してしまえる。
関連記事
THEME:テルマエ・ロマエ | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

04/14のツイートまとめ

kiyohara00

地震!
04-14 10:22

豆乳+水+キャベツ+フィッシュソーセージ+固形スープストック+ホワイトペッパー。このスープ簡単だけど、なかなかおいしかった。また作ろう。
04-14 13:35

外は暖かかった。風が強いし曇りかけていたし、朝7時半に出掛けたときは肌寒かったから、寒いに違いないと思ったけどはずれた。Tシャツ+長袖カットソーワンピ+レギングスでちょうどいい。天気予報だと最高21度だもんな。あと覚えておかないと、図書館は暑かった。先週同様、暑くて小汗をかいた。
04-14 15:39

関連記事

通訳・翻訳キャリアガイド2013

巻頭インタビュー
米倉涼子さん
川島永嗣さん

第1特集 通訳・翻訳業界の未来予想
 需要増が見込まれる分野を言語別、ジャンル別、スキル別に
第2特集 クールジャパン~日本の伝統文化&エンタメ輸出を支える通訳・翻訳~
伝統芸能・文化の普及に貢献!
日本のエンタメを世界に発信!
イベントの舞台裏を支える!
遠くて近い日本に暮らして
第3特集 通訳・翻訳のスキルを身に付けられる学校
大学・大学院
専門スクール
通訳・翻訳キャリアガイド2013通訳・翻訳キャリアガイド2013
(2012/07/27)
不明

商品詳細を見る

自分に興味がある内容を拾い読みしようと思うと、ほとんどスルーすることになってしまう。
それで自分の興味を掘り起こすようにして、川島さんや米倉さんが海外で培った語学力についての記事や日本文化の発信を担う通訳・翻訳の記事、ヒット作の翻訳者など読んだりした。

読み物として、面白いが、通訳・翻訳のキャリアガイドとして、これを役に立てられそうな人って、あんまりいないだろうな。
読み物は読み物として楽しみ、それとはある程度切り離して、残り誌面の40%位を占める学校案内の記事と広告を見て、学校の選定に役立てるというのが、このムックの読み方になってくるだろう。

産業分野の翻訳だと、法律・契約書が需要が安定し、地位が確立されている。ということだけど、やろうという気には、なかなかなれない分野。職場で大学が国際法専攻だったという人さえ、契約書のチェック業務に苦労したとおっしゃってたことが思い出された。

お役立ちツールとしてKODが紹介されていた。まだ、あったんだ。自分の電子辞書に収録されている辞書とほぼ同じだけど、電子辞書の小さなキーボードを叩くのが面倒で、KODのアドバンスト会員になった。半年で6300円。ちょっと高い。
技術系英文ライティング教本も紹介されていて、「そうそう、これ、読んだ。私って、いい本、読んでるじゃん」と、鼻高々の気分。
関連記事
THEME:英日・日英翻訳 | GENRE:学校・教育 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして