カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

満潮に乗って アガサ・クリスティー

富豪のゴードン・クロードが渡米中に結婚し、イギリスに帰ってまもなく空襲で亡くなった。結婚によって無効になった遺言書を書き換えることもなく。結婚によりゴードン・クロードの遺産は、ともに空襲に遭いながらも奇跡的に助かった未亡人のものになることになった。一族は、故人の常からの言葉もあり、彼の財産に頼って生活していたため、各人が生活に窮していた。
そこに未亡人ロザリーンがクロードより前に最初に結婚した相手であるロバート・アンダーヘイはロザリーンと死に別れではなく、まだ生きていると示唆する者が現れる。アンダーヘイが生きていれば、ゴードン・クロードとロザリーンとの結婚は無効になる。一族にとって非常に都合がよかった。

満潮に乗って (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)満潮に乗って (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/06/14)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る

プロローグでのポアロの登場。

 ここでポーター少佐はまた息を入れた。彼の目は、エナメル靴から、縞のズボン、黒いコート、とたどっていき、卵形の頭と、仰々しいひげに巡りついた。


脳が文字の入力を映像に変換しまざまざと描き出さずにはいられない。
そして、場面変わって、ポアロの事務所を訪ねてきたケイシー・クロード。霊の導きでポアロの元へ来たという。ポアロは依頼を断るが、読者はいずれ関わり合いになることがわかっている。この後、第二篇の225ページまで登場がなくても、退屈することなく読むことができる。

実際、空襲の日にロンドンの会員制クラブでポーター少佐が話していたロザリーンの前夫が生きているという話はどうなるのか、その場にいた一族の一人であるジャーミイ・クロードはその話を聞きながら、誰にも話さず何の行動も起こさないのも気になる。
また一族の視点で語られるため、一族に同情して読んでしまう。各世帯が経済的に破綻してどうなってしまうのかと。

シェークスピアのジュリアス・シーザーからの引用によるタイトル、テニスンの物語詩の主人公の名前をかたる登場人物と格調高き文学の薫り。
最後に明かされる数々のトリックと意外すぎる真相の数々。
傑作!

絶対読んでいないはずだと思ったが、あらすじに記憶が。たぶん「名探偵ポアロ」で見たのだろう。しかし、トリックや結末はまったく記憶がないので、非常に楽しめた。

キャムデン・ヒルは、カムデン・ヒルってロンドンの人たちは言うよね。キャムデンって、イギリスだとどっちの方の訛り?西の方だっけ?と初っぱなから思ってしまい、翻訳には重箱の隅をつつくような態度で読んでしまった。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

02/23のツイートまとめ

kiyohara00

昨夜よく眠れなくて頭が冴えていないのか、今日は知らず知らずにバランスを崩したり、空間感覚がいつも以上に悪い。家の中でぶつかったり擦り傷を作ったりしている。
02-23 18:19

関連記事

さいごの毛布 近藤史恵

家族と折り合いが悪く家を出て一人暮らしをしている智美。20代で大卒だが面接で落とされ続けバイトで生活費を稼いでいた。人の目を見て話せず、声が小さく、うまく人と馴染めない。
そんなとき、昔からの数少ない友人であるマキに「老犬ホーム ブランケット」での仕事を紹介され、働き始めた。

智美は今まで犬を飼ったことがなく「ブランケット」での仕事が勤まるか自信がなかったのだが、「ブランケット」の門の前で置き去りにされていたパピヨンのララを自分で飼わせてもらうことにした。しかし、ララはなかなか智美に馴れず、歯をむき出して威嚇し、智美を何度も咬んだ。

不安だらけの生活のある日、同僚の碧に問題が起き、さらにはオーナーの藤本麻耶子が何者かに命を狙われているという。
さいごの毛布 (単行本)さいごの毛布 (単行本)
(2014/03/26)
近藤 史恵

商品詳細を見る


面接時に「犬は好き?」と麻耶子に問われ、「好き……だと思います……」と答えた智美に対し、
「ま、その方がいいわ。この仕事、すごく犬が好きだときついから」
と引き取った麻耶子。

それはすごくわかる。この本は老犬ホームの話と知り、図書館で借りたものの読まずに返してしまおうと思ったぐらいだから。
そもそも犬が飼い主の元を離れ、老犬ホームで暮らさなきゃならないというのも切ないし、老犬だから、人間にとってはそう長くない日々を送って亡くなっていくのだろうし。さらに「南方署強行犯係」シリーズのようにテーマを深耕すれば、経営難や、それに波及してのずさんな飼育、犬同士や犬対人間の事件なんていう問題が出てきそうだ。それに「薔薇を拒む」のような犬が犠牲になるミステリー仕立てだったら、絶対に読みたくないと思ったのだ。
タイトルからして「さいごの毛布」なんて、やばい臭いがぷんぷんするじゃないか。
読んでしまったのは、寝る前に読む娯楽用活字媒体が、読み始める時点でなくなってしまったから仕方なしだった。

少しネタバレになるが、犬は確かに死ぬが特に事件性はない。それで泣かずにはいられないのだが、気持ちにしこりが残るようなことはなかった。
ハッピーエンドの類いだったので、よかった。

元々雑誌(野生時代)に連載されていたもので、話がある程度の長さで盛り上がり決着しながら進む。小さなエピソードに泣かされながら読み進んだ。
特にビーグルの小麦と石焼き芋屋のエピソード。ビーグルだから鼻がよくて食いしん坊なんだって思わせといて…。やるよね、近藤さん。

麻耶子、碧、そして智美の犬についての見解に、いちいち、そうなんだよねと思う。犬と人のあり方については見方が違うので相反する意見もあるのだが、それぞれが一理ある。
麻耶子が「犬は昨日を生きている。昨日が楽しく、今日も同じであることを望んでいる」といったことを言っていたのは、至極名言だと思った。
また、麻耶子が息子より犬を選び、その理由が息子はほかに面倒を見てくれる人がいるが、犬には自分しかいないと考えたというのもすごくよくわかったが、その考え方は、人間界では少数派なのかもしれないと思った。
関連記事
THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:

ミレニアムと私 エヴァ ガブリエルソン、マリー=フランソワーズ コロンバニ 他

原題のMill énium, Stieg et moiのとおり、「ミレニアムとスティーグと私」の内容。ミレニアム3部作の作者スティーグ・ラーソンと32年間パートナーだったエヴァ・ガブリエルソンが、ラーソンから聞いた二人が会う前のラーソンとガブリエルソン自身、そして共に歩んだ32年間のラーソンとガブリエルソン自身について語る。ミレニアムに関連し、ミレニアムが生み出されることに大きく寄与した二人の人生、生活について。ミレニアムはガブリエルソンの知識とスティーグの創作能力を組み合わせた産物であり、どちらを作者としてクレジットするかは重要と考えていなかったと。
ラーソンの作品の著作者人格権をめぐりラーソンの家族との争う状況にあり、内容の客観性のため、第三者のマリー=フランソワーズ・コロンバニに原稿を預けて共同作者とした。
…という内容だったと記憶。

社会福祉・社会保障の先進国と考えていたスウェーデンで結婚していないパートナーに遺産が入らないというのが驚きだった。これは、ミレニアムを文庫版の訳者あとがきなどでわかっていたことだが。

ミレニアムでにわかに興味を持ったスウェーデン、そしてラーソンについていろいろ知れて面白かった。
二人が住んでいたフラットがうちよりも床面積が狭いというのは、かなりびっくりしたし、余裕のない生活を送っていたというような記述は掛け値のないものなのだろうと思った。

あと、びっくりしたのは、作者が北欧神話に基づいた呪いの儀式を行ったという記述。結構鬼気迫るものがあった。スウェーデン人は合理的な考え方をし、そういうものとは無縁だという先入観があったから。それできっぱり怨嗟が晴らせたなら、合理的な方法だったし、そういうことをしたと書くことにより広く伝えて相手を糾弾するという効果を得られたと考えるのであれば、それもある意味合理的だが。

ラーソンの死、その後の遺産を巡る悲劇的な展開には、あらかじめわかっていたことだけど泣かされた。

ミレニアム4は、著作者人格権さえ得ることができれば、ガブリエルソンが完成させルことができると言っている。つまり、話はほぼほぼできあがっているのだろう。
単純なミレニアムファンとしては、それは吉報。とにかく出してほしい。

ミレニアムと私ミレニアムと私
(2011/11)
エヴァ ガブリエルソン、マリー=フランソワーズ コロンバニ 他

商品詳細を見る
関連記事

黄泉路の犬―南方署強行犯係 近藤史恵

強盗事件が起き、被害者の姉妹が可愛がっていたチワワが連れ去られた。捜査により、そのチワワは、ある女性に引き取られた可能性があり、南方署強行犯係の會川圭司は黒岩花に伴われ、その家に行った。しかしその女性、驫木有美(とどろきゆみ)はロープに首を吊って亡くなっていた。大量に犬猫を保護して飼っていた生活が立ちゆかなくなっての自殺とみられた。

序章 二ヶ月前
第一章 地獄
第二章 疑惑
第三章 迷走
第四章 停滞
第五章 嗚咽
終章
あとがき
解説 大倉崇裕

黄泉路の犬―南方署強行犯係 (徳間文庫)黄泉路の犬―南方署強行犯係 (徳間文庫)
(2008/11/07)
近藤 史恵

商品詳細を見る


南方署強行犯係の第二作。
本作のテーマは、ペット動物の保護。狼の寓話と同様、深い。ミステリーのお題として通り一遍取り扱ったというものではない。むしろ動物愛護の現状を伝えたくて、ミステリー仕立てにしたというのが近いようにさえ思える。

犬好きの近藤氏だけど、近藤作品に犬が出てきたときの例によって、犬好きには読むのが苛酷な描写が。あとがきによると近藤氏が飼っているのは黒い小さな犬(twitterの写真を見るとトイプーの様子)とのことだけど、お願いだから、黒い小さな犬に残酷な出来事が起きるようなお話は書かないでほしい。

會川はワトソン/ヘイスティングズなのだと思ったが、解説者は、ワトソンではないと言っている。

南方署強行犯係シリーズ、新しいのが出ないかな。
関連記事
THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 |

02/15のツイートまとめ

kiyohara00

本郷理華:すごいなあ、シニアデビュー以来、ほぼ常にベストパフォーマンス。あと5人いるけど、これは、表彰台確定だな。
02-15 20:07

ポリーナ・エドムンズもいい調子。これは本郷を抜くかも。
02-15 20:15

宮原知子:後半の3Lzで転倒するまでが、ちょっと堅かった。でも以降が表現力豊かでとってもよかった。暫定2位
02-15 20:28

ジジュン・リ:最近になくほころびのないフリー。ファンとしてはすごくうれしいなあ。黒地に肩と胸元・背中のみピンクできらきらひかるのコスチュームにというのもすごくエレガント。思ったより得点が伸びなかった感あり。暫定4位
02-15 20:37

グレイシー・ゴールド:キス&位でクマのリュックの中身が気になって取り出したという様子がかわいい。疲労骨折後の復帰で万全じゃなったんだろうな-。残念。
02-15 20:48

関連記事

ワールド・フィギュアスケート 66

まっちーがソロで表紙って初めてだよね?
引退の発表を受けてのことかと思ったけど、スケートアメリカ優勝ゆえのよう。掲載されているこの頃のインタビューではまだワールズに意欲を見せていた。昨シーズンの終わりのワールド・フィギュアスケートのインタビューでは今シーズンで競技スケートは引退するとは言っていた。その時には大学も卒業するとも。親御さんにそう誓ったらしい。そこから考えると、ちまたの噂のように卒論が大変で(卒論をまとめるために)引退したのかとも思える。でも卒論提出期限からワールズまで時間はあるだろうし。
いずれにしても、惜しまれる。

チャーリー・ホワイトがタニス・ベルビンの姿が写っていて、「新婚」と読んでびっくり(ネットで調べた限り「婚約中」)。デイヴィス/ホワイト組がアイスダンスにしては早い引退が不思議だったが、これが理由か?

リプニツカヤが、COCの表彰式に出損ねたという話を読んだ記憶。
その後、ロシアナショナルズでまさかの代表落ちと、今シーズンは受難のシーズンのようだ。がんばって!

ワールド・フィギュアスケート 66ワールド・フィギュアスケート 66
(2014/12/03)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る
関連記事
THEME:フィギュアスケート | GENRE:スポーツ |

02/14のツイートまとめ

kiyohara00

無良を見ていたジェイソン・ブラウンとハン・ヤン。仲良く並んでいた。明るくていいなあ。
02-14 20:58

デニス・テンは、やっぱ頭一つ飛び出している。エキゾチックなイスラム音楽を自分の文化としてかっこよく決めてた。パフォーマンスの前から、コスチュームからしてぴたっときていると感じた。
02-14 21:18

村上大介:決めるときは決める。4Sをクリアに2回。このままワールズに連れて行ってあげたいところだ。表彰台に乗れなくてくやしいという率直な感想がいい。チャイコのピアノ協奏曲を繰り返し聞きたくなった。
02-14 21:37

並んで座っていたのは、暫定の1位から3位が並べられて座らせていたんだな。
02-14 21:38

関連記事

02/11のツイートまとめ

kiyohara00

久しぶりに見たホーチミン・シティ、すっごく変わっている。私が行ったときから20年ぐらい経っているので当たり前と言えば当たり前だけど、ヨーロッパの街だと、そんな変わってないからさ、結構びっくりした。 #世界入りにくい居酒屋
02-11 23:39

関連記事

狼の寓話 南方署強行犯係  近藤史恵

大阪の南方署、刑事課に配属になった會川圭司。事件発生から1週間経ち初動捜査が終わった殺人事件を黒岩花と二人きりで担当することになった。ホテルで男性、小早川卓雄が殺され、半年前に再婚したその妻の梓が事件以降、行方不明になっている。ホテルの部屋では梓の指紋や髪が発見されている。
梓の容疑が濃いのだが、黒岩は逮捕状発行を保留してもらって、捜査を続ける。

狼の寓話 南方署強行犯係 (徳間文庫)狼の寓話 南方署強行犯係 (徳間文庫)
(2013/09/30)
近藤史恵

商品詳細を見る


序章と各章の冒頭に気味の悪い童話(=狼の寓話)が挿入されている。
しかし、これを除いてしまえば、登場人物による大阪弁でコメディータッチのやり取りを楽しめる。クールな印象で美人と言えなくもない先輩刑事、黒岩と年下の新米刑事の會川圭司。寮で一緒に住む刑事の兄で地域課で町のおまわりさんをする宗司。女性の趣味が特殊で、黒岩がどストライク。黒岩に会って、一目惚れしてしまうというのが愉快。また、ほんわかした熊系キャラというのもいい。

ドメスティックバイオレンスを近藤氏ならでは(女性ならでは?)の観点で切り取っているのもいい。DVを当事者だけでなく、取り巻く家族、友人知人との関係性まで描き出している。

驚く真相が用意されているが、犯人逮捕までの描き方が、ずいぶん駆け足。ミステリーを作者からの挑戦状という楽しみ方をする人には、評価できないだろう。そういうタイプでない私にとっても、その点は、ちょっと、物足りない。
関連記事
THEME:犬に関する本 | GENRE:本・雑誌 |

教会で死んだ男(短編集) アガサ・クリスティー

戦勝記念舞踏会事件 The Affair at the Victory Ball
(=戦勝舞踏会事件:ポワロの事件簿 1)
ヘイスティングズは、ポアロと起居をともにしている時代の話。ジャップも登場。
戦勝記念の本格的舞踏会が仮装って、異文化感じるわー。
1951年発表

潜水艦の設計図 The Submarine Plans
「謎の盗難事件」 The Incredible Theftのショートバージョン
ポワロの事件簿 1にも収録
こちらもヘイスティングズがポアロと一緒に住んでいる模様。
1951年発表

クラブのキング
ポワロの事件簿 1にも収録
こちらもヘイスティングズがポアロと一緒に住んでいる模様。
ブリッジが鍵となっている。ひらいたトランプを始め、ポアロのシリーズで最近読んだのにブリッジをしていたという記述が多いなあ。
1951年発表

マーキット・ベイジングの怪事件 The Market Basing Mystery
(=マーキット・ベイジングの謎:ポワロの事件簿 1)
ジャップ警部の提案で週末にみんな(ポアロとヘイスティングズ)で仲良く、マーキット・ベイジングというひなびた田舎町で過ごすことに。
「厩舎街(ミューズ)の殺人」(Murder in the Mews)のショートバージョン。
1951年発表

二重の手がかり The Double Clue
資産家のハードマン氏が友人を招いてコレクションの宝石を見せた。友人たちが帰った後、アンティックの宝石がなくなっていた。ポアロは内々の調査を依頼される。
ヘイスティングの語り。
『ヘラクレスの冒険』に登場のヴェラ・ロサコフ伯爵夫人登場。この事件でポアロと初めて会ったということなので、『ヘラクレスの冒険』より以前の話ということになる。
1961年発表

呪われた相続人 The Lemesurier Inheritance
(=呪われた相続:ポワロの事件簿 1)
ヘイスティングズの語り。
不貞を疑われ無実の罪を着せられ殺された妻子の呪いにより、長男はぜったいに相続できないというリムジュニア家。祟りを信じないが長男に続けざまに起きた事故に不審を抱いたリムジュニア夫人からポアロは調査の依頼を受けた。
ヘイスティングズの語り。1951年発表

コーンウォールの毒殺事件 The Cornish Mystery
(=コーンウォールの謎:ポワロの事件簿 1)
ポアロはコーンウォールからのペンジェリー夫人の訪問を受けた。夫が食事に毒を混ぜているのではないかと疑っている。ポアロは、翌日訪ねていったが、すでにペンジェリー夫人は亡くなった後だった。
ヘイスティングズの語り。1951年発表

プリマス行き急行列車
(=プリマス急行:ポワロの事件簿 1)
ヘイスティングズの語り。1951年発表
解説(「わがクリスティー体験」)にあるとおり、そうだ、そう言えば『青電車の秘密』と同じトリックだ。

料理人の失踪
(=料理女を探せ:ポワロの事件簿 1)
ヘイスティングズの語り。1951年発表
これも結構、鉄道と関わり合いが深いのよね。

二重の罪 Double Sin
ヘイスティングズの語り。
こちらは、長距離バスの話。
1961年発表

スズメ蜂の巣 Wasps' Nest
冤罪阻止という点で、「マーキット・ベイジングの怪事件」なんかと、同系列。
1961年発表

洋裁店の人形 The Dressmaker's Doll
非ポアロ。

ほんとに、あたしは、好きなの。このお人形も、そういってもらいたいのよ。かわいがってほしいと思っているのよ

と少女が語るオチが、怪奇モノという印象から、一気に変わったな。
1961年発表

教会で死んだ男 Sanctuary
ミス・マープルだけど、ミス・マープル特有の昔の話とか村の誰だかの話がなくて、よかった。
1961年発表

わがクリスティー体験 関口苑生
教会で死んだ男(短編集) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)教会で死んだ男(短編集) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/11/11)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

02/02のツイートまとめ

kiyohara00

ASWADはうちの犬のノリに合っているということを発見。空ビニール袋をくわえ、それを質に食べ物を要求、Shineのリズムに合わせて無言で寄こせ寄こせとぐるぐる回るという踊り。
02-02 10:25

関連記事

死人の鏡 アガサ・クリスティー

ポアロ登場の中編集。

厩舎街(ミューズ)の殺人 Murder in the Mews
女性が拳銃で自殺をしたと思われたが、自殺としては不自然な点があがってきた。
「マーキット・ベイジングの怪事件」(The Market Basing Mystery)のロングバージョン。


旅先で知り合って意気投合した女性同士でハウスシェアって、あこがれる。

謎の盗難事件 The Incredible Theft

「潜水艦の設計図」(The Submarine Plans)のロングバージョン。

トリック以上に犯人の処理と、その賞賛のことば、「おお、なるほど」と。
もちろん慧眼のポアロは、真実を見抜き、小粋な計らいをするというところもいいね。

死人の鏡 Dead Man's Mirror
ポアロは地方(ハムバラ、ウィムパリー)に住む旧家の当主に電報で呼びつけられたが、着いたときに当主が密室で亡くなっていたことに立ち会うことになった。

砂にかかれた三角形 Triangle at Rhodes

静かな休暇を望んで、季節外れのロードス島に来たポアロ。しかし、5回の結婚をした美貌のチャントリー夫人が、夫を尻目に、夫婦で来ているゴールド氏に秋波を送り、不穏な雰囲気が広がっていた。

死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/05/14)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上)(下)  スティーグ・ラーソン

頭に銃弾を受けたリスベット・サランデルだったが、サールグレンスカ大学病院の緊急治療医のヨナソンにより銃弾は取り除かれ、命を取り留めた。
しかし同じ入院病棟のフロアには、その銃弾を放ちリスベットを土中に埋め、リスベットからの攻撃を受けた、実の父、ザラェンコが入院している。
またザラチェンコのソ連からの亡命を秘密裏に受け入れ、以降ザラチェンコが問題を起こすたびにもみ消しを図り、機密保持を図ってきた公安の一派が、秘密の封じ込めに動きだす。


ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/12/05)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る

ミレニアム3  眠れる女と狂卓の騎士(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/12/05)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


2の続きって感じが濃い。つまり、2でゴッセベリヤで頭に銃弾を受け、土の中に埋められたリスベットが、そこから自らの力で這い出て、父親を斧で襲った後、力尽きたという待ったなしの話のうねりの延長線上に展開する。

サランデルは助かるのという心配。同時にミレニアム編集長のエリカがミレニアムを去る。公安の元ザラチェンコ・クラブのトップ、グルベリが暗躍を始めたかと思ったら、自身に重要な使命を負わせ、意外な幕引き。ザラチェンコ・クラブ→班がミカエルを狙い、ミカエルは裏をかくが、班はミカエルに対し新たな手を打ってくる。班に操られた検事エクストレムはリスベットを起訴…と怒濤の展開。そして、「眠れる女」リスベットが「狂卓の騎士」ミカエルに促され、病室に閉じ込められたまま、活躍。

毎夜、ベッドの上で、眠りが訪れるまでのわずかな時間を使って読んでいたけど、それがわずかな時間にとどまらなかったことも終盤に近づくにつれ多くなった。
もう読み終わる前から、ミレニアムロスで、読み終えてしまうのが名残惜しくて。でも最後はどうなるのという気持ちは抑えられないという心情だった。

ドラガン・アルマンスキー、ヤン・ブブランスキーと純然たるスウェーデン人ではない登場人物がキーパーソンとして登場するが、スウェーデンには多いのだろうかと思っていた。しかしクルド人が登場するに至っては何か意図があるのだと感じた。クルド人は、ヨーロッパにだってそんなにたくさんいる人種ではないだろう。
解説に、これにはラーソンの思想的意図があると。少数民族、女性。そして、同性愛者、リスベットを始めとするプレイグやハッカー共和国の社会不適応傾向の強い者たち、ミカエルやガールフレンドたちのようなキリスト教モノガミズムに適応できない人々まで肯定しているのかもしれない。
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして