カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

07/25のツイートまとめ

kiyohara00

東京都知事候補政見放送。谷山ゆうじろう:まるで吹き替えのような政見放送。さすが元BBC司会者。後藤輝樹:放送禁止用語のオンパレードで音声切れまくり。トーンとしては鳥居みゆきみたいな芸風。高橋しょうご:少子化対策など
07-25 22:44

関連記事

この島でいちばん高いところ 近藤史恵

女の子だけで夏休みに海水浴の旅行にきた少女たち。日帰りで無人島のビーチに足を伸ばしただけのつもりだったのに、夕方の帰りの船に乗り遅れてしまう。

表紙に「推理小説」と書かれているけれど、むしろサスペンスものかなあ。
でないと、問題の人物が少女たちのひとりに最初に接触したときの行動とその後の行動の説明がつかない。(少なくとも私には)
さらにいうと、ミステリーやサスペンス以上に、少女たち一人一人の心の描写が優れている。すぐにばれるような嘘をつくってそういうことかと腑に落ちる。それぞれの少女のアイデンティティ付けとなる記述があり、それが無人島に残されて恐怖にさらされた少女たちの行動に結びつく。

『この島でいちばん高いところ』のアマゾンのページへ
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

ありきたりの痛み 東山彰良

流で直木賞受賞の東山氏のエッセイ集。映画評が半分以上。

東山氏はハードボイルド小説を書いているということがわかった。う~ん、どおりで。

ハードボイルドとひと言で言ってしまえばわかりやすい。そんな内容と大学の語学講師とのギャップを埋める1冊だった。
ハードボイルドとアカデミカルなものって結びつかないので、作者は自分の中に秘められて現実世界で実行されることのない何かを小説にしているのだろうと思っていた。しかし、作者の体験も結構反映されているのだとこのエッセイ集を読みながら思った。
つまり、東山作品の主人公は東山氏の分身であると。それって、当たり前のことなのかもしれないけど。
そうわかって、なんか安心した。親しみも感じた。

福岡で映画評を書いている…ラブコメの法則
独自の考えを持つ母親や親戚の女性たち…ラブコメの法則、他
暴力的な衝動を抑えられない瞬間を持つ主人公…逃亡作法 TURD ON THE RUNイッツ・オンリー・ロックンロール、他
東京で就職してほどなく仕事を辞めて郷里に戻る主人公、ラブコメの法則、、イッツ・オンリー・ロックンロール

また、68年に台湾で生まれ、日本と台北(台湾)で70年代、80年代の思春期を過ごしたという東山作品の源泉に触れることができた。

同時に、ハードボイルドは現在の私向きじゃないのだから、で惚れ込んだからといって無理はよそうと思った。


ありきたりの痛み

関連記事

路傍 東山彰良

近藤史恵氏のサクリファイス、今野敏氏の隠蔽捜査等々、そして、東山彰良氏の。何らかの賞を受賞した作品というのは、その作者の中でも飛び抜けた出来。だからこそ、受賞の栄誉と相成ったと考えられる。
とすれば、次の私の東山は路傍。こちらもサクリファイス同様、大藪春彦賞受賞。
ということで読んでみた。

暴力、セックスの繰り返し。さらに本作は、主な主人公が日本人、(千葉県の)船橋が舞台。私にとって行ったことのない福岡県が舞台なら外国同様、中国人が主人公なら他人事なのに対し、日本人が主人公で買物に行ったことがあったり、親戚の家に行くのに通ったりすることがある船橋が舞台とは、他の作品より現実感が強くなる。
さらに動物(昆虫・ほ乳類)が出てきて、それが虐待され、さらに私には受け入れがたい展開に。
ハードボイルド小説。ありきたりの痛みで、東山氏が自分の小説についてそう語っている。そうかー、そうだよねー。よく考えたら、大藪春彦って思いっきりハードボイルド小説だったよね-。若い頃の一時期は大藪もよく読んでいたよ。でも、もうこの歳でハードボイルドはToo Much!

好みの問題をおいておけば、よくできている。同じ主人公や周りのメンツで6つの短編でそれぞれに小さなオチを付けながら流れるように展開する。

親友の喜彦の異常な暴力的態度にやさしい気持ちになれるというのは実は少しわかる。自分のもやもやを他人が解消してくれる感覚。

暴力、セックスの中に笑いと哲学が織り込まれ、まごうかたなく東山という作品だった。


路傍
関連記事

モップの精と二匹のアルマジロ 近藤史恵

キリコは、キリコの評判を知った女性から旦那さんの身辺調査を依頼された。その対象は越野友也。モデルのようにかっこいい男性で、キリコの夫、大介と同じビルに勤めていた。友也が会社の帰りに中野のマンションに入っていくことをキリコが突き止めた矢先、友也は大介の目の前で交通事故に遭い、過去3年の記憶を失ってしまう。


モップの精と二匹のアルマジロ

今までのシリーズで一番面白かった。
長編で無理のない話運び、内省的で人の良い大介が語り手になっている、自分が好きな話題を扱っている、というところ。あと悪い人が出てこなかったのもよかった。誰も話の進行の中では死ななかったし。そして最近の近藤作品が持つリズム。段落の終わりに差し込まれている、金言のような台詞。
クライマックスには、泣いた。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

モップの魔女は呪文を知ってる 近藤史恵

水の中の悪意
スポーツジムのプールで火傷騒ぎが。薬品投入が疑われた。

愛しの王女様
ペットショップのスコティッシュフォールドに恋した大学生の女の子が、二十二万のそのコを買おうとバイトと節約に励んだが。

第二病棟の魔女
小児病棟に入院してきた女の子は、その母親に問題があるようだった。

コーヒーを一杯
衝動的に妹を殺してしまった会社社長が取った行動は。


モップの魔女は呪文を知ってる

今回もキリコがさまざまな所で、清掃員として働き、事件の真相を推理。
動物好きとしてはスコの話が、うえーってなった。
あと、「第二病棟の魔女」のどんでん返しにびっくりだった。

関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

07/15のツイートまとめ

kiyohara00

北からちょっと冷たいよって位の風が入ってくる。室温は26度に。梅雨明け前の極楽。長袖着よっと。
07-15 13:55

関連記事

07/14のツイートまとめ

kiyohara00

「頭が痛い」と思ったら、室温が31度に。結構私の脳神経ってば精密。エアコン付けよう。痛いのは大雑把に言って後頭部右がメイン。
07-14 11:27

気がついたら1か月以上経ってしまったが、今朝フィラリア駆虫薬(ミルベマイシン)投与。
07-14 22:30

関連記事

07/12のツイートまとめ

kiyohara00

エアコン止めたら頭痛になったので、またつけた。
07-12 21:24

こんな人物を担ぎ出したとは相当あざとい。でも野党はこういうとこをちょっとだけ見習っていただきたい。でないと政権取れないよ? 今井絵理子氏、米軍基地問題は「これから向き合いたい」 池上彰氏が驚く https://t.co/BCq8fLM0Pc @HuffPostJapanさんから
07-12 22:32

関連記事

モップの精は、深夜に現れる 近藤史恵

CLEAN 1 悪い芽
IT開発会社で課長を勤める栗山の課に新人二人と上司が一人配属になった。

CLEAN 2 鍵のない扉
くるみは小さな編集プロダクションに勤めている。ある日、社長がぜんそくの発作を起こして亡くなった。

CLEAN 3 オーバー・ザ・レインボウ
モデルの葵がある日事務所に行くと、つきあっていたモデル仲間のケンゾーが別の売れっ子モデルを妊娠させ、結婚すると知らされた。

CLEAN 4 君に会いたいと思うこと
キリコが突然1か月の旅行に出た。もう帰ってこないのではないかとぼくは気をもむ。


モップの精は深夜に現れる

今回は1冊に4編なので、1編が『天使はモップを持って』(全7編)よりは長いように思った。1編が長い分、話の密度が濃くなる。

そして、今回は語り手が1編ごとに変わる。前作で語り手だった大介は「CLEAN 4君に会いたいと思うこと」のみで語り手復帰。気がつかずに相手を苦しめたというテーマは青葉の頃は終わったと重なる。うーん、これは若い頃読んでいれば、ぞくぞくしたと思うけど、シニアの今となってはちょいめんどくさいかな。

でも、今回もかる~く読めた。こういう気楽な読書って何より。

関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

07/05のツイートまとめ

kiyohara00

夕方、散歩兼図書館で借りた本の返却に出掛けたら、行きに「イノシシみたい!」と言われ、帰りに「イノシシ!」と言われた。たぶん別の人。昨日シャンプーしてそこそこ冬毛が取れたせいで、イノシシ シェープになったのだろうか。
07-05 19:48

昨日友人に税務相談したところ、このままだと税金や国保保険料がすごく多額になると言われ、今日は仕事そっちのけで、高額経費の使い道の妄想に耽ってしまった。電動で高さが変わるデスク(アサイチで長時間座ったままでいるのは健康にすごく悪いって)とかエアコンとかパーティションとか。
07-05 23:33

あと、Xperia。もう通販で買っちゃえっと思ったけど、欲しいモデルの一番欲しい色が一番安い店で品切れ中だった。
07-05 23:40

関連記事

ラブコメの法則 東山彰良

プロローグ    トラウマは何にも増して重要なラブコメの前提である
1    男女の出会いは唐突であるほどよく、第一印象は悪ければ悪いほどよい
2    物語を恋のほうへとねじ曲げるのは、いつだって親友の役割である
3    ミステリは最高の隠し味である
4    仕事とは主人公そのものである
5    二度目の出会いは恋の予感が濃厚に漂うものである
6    受け身ばかりではいけない、三度目の出会いは自力で手繰り寄せろ
7    恋に落ちたからといって世界が変わるわけではない
8    子供をだしに使えば男女の急接近はおのずと可能になる
9    ギャグとユーモアを混同してはいけない
10    ラブコメといえど、突破口を切り開くためには流血をも辞さない
11    束の間の幸せはつぎなる試練の序曲である
12    値千金のひと言は妥協を許さない生き様の賜である
13    女と会えない時間が男を育てる①
14    登場するべくして登場した人物はかならず波風をたてる
15    女と会えない時間が男を育てる②
16    ついに愛と夢を秤にかける
エピローグ    ラブコメの未来像を描く試み
解説    瀧井朝世


ラブコメの法則


ラブコメって、JKがトースト咥えてあほ毛を立たせて、朝遅刻しないように慌てて学校に向かう途中で、角でイケメンとぶつかるという出会いじゃないの?

東山のラブコメは、映画評論家の「わたし」がガイジン御用達のブリティッシュ・パブで酔った白人に絡まれた岩佐まち子を救おうとしたと勘違いされて始まる。そのとき、エアロスミスの、あの『アルマゲドン』の主題歌が高らかに鳴ったという(少なくとも「わたし」の頭の中には)。

「わたし」の心境はよくわからない。岩佐まち子に恋をしているのかが伝わってこなかった。要するに女にありつきたいだけで、岩佐にいくらかの勝機を見出して、行動を起こしただけなんじゃないのと読めてしまった。濃すぎる親族の女たちも現実離れしている。
それでも最後に「わたし」が岩佐となにがしかの関係を築いたのを読み取り、これもラブというものなのかと思った。
関連記事
THEME:文学・小説 | GENRE:小説・文学 |

年金月21万円の海外暮らし実現ガイド 立道和子

はじめに
第一章 ●海外で暮らすということ
なぜ、海外暮らしなのか
海外暮らしの費用
海外暮らし3つの形
海外暮らしに向く人、向かない人
第二章 ●海外暮らし・事前の準備
海外の情報はどうやって集める?
あなたに合った海外の選び方
海外暮らしをはじめる手順
海外滞在と健康保険の問題
海外で実感するパソコンの便利さ
年金は海外で受けとる?それとも日本で?
日本の家をどうしたらいい?
先輩たちの失敗体験から学ぶ
海外暮らしをサポートする会に入ってみるのも
お役立ち情報:サポートする団体の連絡先
海外に持って行くと便利なもの。あればよかったと思ったもの
自分の体の情報を英文にして
格安航空券を上手に買うには
長期滞在の前に必要な下見の旅
留守宅対策と出発前のチェック事項
第三章 ●いざ、海外で暮らす
実際に海外で長く暮らした場所の費用
お金はどんな風に用意する?
慎重にしたい貴重品の管理
海外に銀行口座を開く
海外の住居は、買う?借りる?
海外で住居を探す
海外では何をして暮らすか?
海外ひとり暮らしは可能か?
海外暮らしの実態は……
日本食品は手に入るか?
日本人コミュニティとの付き合い方
ことばはどの程度必要か?
医療保険・海外旅行傷害保険の実態
海外暮らしに年齢制限が?……
暮らしてみて、いちばんよかった海外の街
海外リタイア暮らしに成功する5つの条件
退職者ビザは必要か?
お役立ち情報:退職者ビザ・長期滞在ビザのある国


年金月21万円の海外暮らし実現ガイド

目次が内容を語っている。そして目次から自分に必要な情報にアクセスできる。きわめて実用的。
自分が本当に海外で暮らせるのかという問いかけから始めて、実際に海外で暮らす際の心得まで確認できる。

一緒に旅をしてきたパートナーが疾病で母国に帰っても、計画していたとおりオーストラリアに退職者ビザで渡っている。ゴールドコーストで暮らしながらの本書執筆。

2004年の執筆から12年、その後どうなさっているのか気になる。

巻末の「退職者ビザ・長期滞在ビザのある国」の一覧を見ていると、自分が興味のある国だと、イギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ブラジルに当該の長期滞在精度があることがわかった。
イギリスで「年間2万5000ポンド(約500万円)以上の年金または金利収入があることが条件です」は、ずいぶんハードルが高く感じるが、Brexitが決まった現在(2016年7月3日)の2万5000ポンドをネットで調べると340万ほど。為替って大きい。2004年からでは金額が変わっているかもしれないと思いググってみたところ、依然として£25,000であるよう。(https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/488269/Retired_persons_of_independent_means_v10.0.pdf のEligibility requirementsのセクション)また、
Has under their control, and disposable in the UK, an income of their own of not less than £25,000
なので、年金または金利収入に限られているわけでもない。ただし、Retired person of
independent meansが前提だし、Has made the UK their main homeなのでがちでイギリスを家として住んでいる実績が必要など、条件は厳しい。

関連記事
THEME:海外生活 | GENRE:海外情報 |

天使はモップを持って

新入社員の梶本大介の会社で怪事件が起きる。清掃作業員のキリコは、その仕事を行う中で得た情報で、事件の真相を推理する。


天使はモップを持って

軽く、読みやすい。寝る前の読書にぴったり。格好はギャルだが、若く小柄なキリコがきびきび働き、主張すべきと頃は主張しながらも譲るべきと頃は譲るというコミュニケーションの態度もいい。
また語り手が若く控えめな男子であるのもいい。(私好みだ)

タイトルに添えられた「本格ミステリー」というのは、「本格ミステリー」ってなんぞやというミステリーを投げかけられてしまうけど。
「天使」というタイトルと、漫画風イラストに苦手意識があり、今まで読むのを避けてきたけど、まったくもって、杞憂だった。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

年金・月21万円の海外2人暮らし〈2〉オーストラリア・ポルトガル・チェンマイ 立道和子

出版社で雑誌編集をしていた作者が55歳で早期退職して、60歳までに定住する場所を探すつもりで、勤めていた会社からの年金、月約21万円をベースに始めた「暮らす旅」。3年を超えた時点での移住候補国3国のレポート。イギリス人のパートナーと一緒に。


年金・月21万円の海外2人暮らし〈2〉オーストラリア・ポルトガル・チェンマイ


地球の歩き方から『アパートホテルで巡る欧州』や『熟年夫婦のスペイン行き当たりばったり移住記』等々海外で旅行、暮らす情報の本を数々読んできた。ネットの情報も見てきた。

その中で、これが私の求めていた情報を一番提供してくれたと思う。(もちろん、地球の歩き方の端っこに書いてある各地の気候や物価、治安なんかも非常に役に立ったのではあるが)

「海外で暮らしてみたい」という声をたくさん聞くようになったが、たとえそう思っていても日本の自宅を処分して一挙に先方に引っ越してしまうのは、冒険と言うより蛮勇と言うべきだと私は思っている。


という現実的な感覚、この本が書かれた時の年齢が現在の私に近い、さらに実用的内容を手掛けてきた編集経験から内容が実用的でテクニカルな情報が網羅されているというところから、そう思った。

オーストラリア、ポルトガル、タイのうち、私に興味があるのは、ポルトガルのみなので、読んだのはほぼポルトガルの章のみ。
2001年5月の滞在で、ユーロの現金導入直前。当時より今の方が物価は上がっているだろうとは思う。経済以外にも、状況は変わっているだろう。特にヨーロッパで言われている移民の問題がポルトガルだけ無縁とも思いがたい。それでも素朴な人々と鰯の塩焼きのうまさは変わらないだろう。

ペンション暮らしで、キッチンが使えず、外食のみで、オリーブオイル責めの食生活に作者の胃が悲鳴を上げて、予定より早く切り上げて帰ってきてしまったというのは残念。だが、現地に住んでいる引退後の日本人カップル3組のインタビューで生活の様子はわかった。

作者が滞在したカスカイス(カスカイシュ, Cascais)は、リスボンから30㎞ほどの海沿いの街。インタビューした日本人カップルが住むのもカスカイスなど、リスボンからちょっと離れた街。リスボンに通勤するというわけではないのなら、リスボンから少し離れたのんびりした街で暮らすというのがいいかもしれないと思った。

↓本日(7/2)に取ったGoogleマップのスクリーンショット。午後2時過ぎにして26度って、すばらしい。こっちは、もう夜の11時を過ぎているのに27度を超えているそうな(家の中は30度を超えている)。今年初の熱帯夜かなあ。こういう気候のいいところに住みたいよ。特に夏。それで私の妄想海外移住計画はまだまだ続きそう。
カスカイシュ(ポルトガル)
関連記事
THEME:ヨーロッパ | GENRE:海外情報 |

06/30のツイートまとめ

kiyohara00

嵐の櫻井君のパパが都知事選に立候補というのは、まんざらガセではなかった。 小池氏立候補の意向 桜井氏は固辞 自民都連の対応は | NHKニュース https://t.co/6iOQBZRfJ1
06-30 13:11

関連記事
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして