カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

きのう何食べた?(11) よしながふみ

事務所の志乃さん結婚。
史朗が住まいのマンションの大家さんにカミングアウト。

#81
鱈のちり蒸し、茶わん蒸し、春菊とにんじんのごまみそあえ、里芋と長ねぎとあげのみそ汁

#82
じゃことごまのいなりずし、にんじんとねぎの肉巻き、鮭の南蛮漬け、だし巻き卵、アスパラガスのいかかあえ

#83
鶏わさ、なすとししとうの揚げだし、にんじんとツナのサラダ、じゃがいもとわかめのみそ汁

#84
レバニラ炒め、蒸しなすのじゃこマリネ、きゅうりとキャベツの塩もみ、かきたま汁

#85
かれいの煮付け、オクラのおかかいため、ポテトサラダ、とうふとわかめとねぎのみそ汁

#86
関西風お好み焼き

#87
クラムチャウダー、アボガドとエビとブロッコリーのサラダ、コーンバターライス

#88
シロさんちふうシフォンケーキ生クリームぞえ



お好み焼きの豚玉は片面しか焼かないで、カリカリになるのね。

新婚の旦那の健康を気遣って、史朗に体型維持のために食事で気をつけていることが、
  • 一汁三菜の献立の時は「少なくとも二品はノンオイル」
  • 夜8時半以降に夕飯になったら白飯は食べない
  • おかずは甘じょっぱい・しょっぱい・すっぱいのバランスを取る
  • どこかに必ず緑黄色野菜
それを聞いた女性陣全員が内心、細けえ~~~~~~と。
そうそう、こういうところが史朗が嫌だなあと思っていたところだ。でも、できたらいいよね。私は基本一汁一菜だけどね。
保存保存
関連記事

03/27のツイートまとめ

kiyohara00

誰も(犬も主人も)いないのに私の背後の数メートル先でジージー変な音がする。こんなとき、一人じゃなくてよかったと思う。夜一人のところでこんな音がしたら不安だ。(変な音はハエじゃないかと思うけど、今日はハエが飛ぶにはちょっと寒い気もするし…室内温度17度ぐらい)
03-27 22:21

関連記事

外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ 宮崎里司

外国人力士の日本語習得方法から語学上達の方法のヒントを得る。
平成13年の出版。現在は主にKindleかオンデマンド版になっている。


Amazonの『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』のページへ

かねてから、外国人力士は日本語がうまくなった(昔と違って)と思っていて、それはどうしてなのかに興味があった。
白鳳なんか、日本語がうまいという以上の次元だ。みごとなプレゼンテーション力。その極意は?
だから、食いついた。
けど、まだ執筆中に曙が引退を表明し、朝青龍が幕内入りを果たしたばかりという時期。
本書には私が日本語がたどたどしいと思っていた力士も日本語が上手な力士の例として挙げられている。
まあまあ。いいか。

外国人力士の生活がつぶさにわかる。おかみさん、親方、兄弟子、床山、教習所。支えもするがほとんど外国人という手心なしに厳しくあたる。地域の人々との人情味あふれる交流も印象的。

日本式の礼儀作法と旧弊な体育会系の頑張りを求められて、力士たちはさぞかし大変だろうと思うが、よくぞ皆耐えるものだと感心。


関連記事

天才 石原慎太郎

田中角栄の回想録の体の小説。子供の頃のエピソードに始まり、

そしてそのままもっと深く長い眠りに落ち込んでいったのだった。

で終わる。

本文はびっくりするほど短い32文字x16行=512文字詰め/ページが3ページから始まり200ページで終わる。
しかし、あとがきは「長い後書き」とあるとおり、長い。
さらに田中角栄・年譜、田中角栄が提案者となって成立した議員立法と続く。

慎太郎x角栄が面白くないはずがないと思ったが、個人的には期待したほどではなかった。


演説の内容は裏日本と呼ばれている日本海に面した雪国を表の日本にするために、三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばせば越後に雪は降らない…(後略)


土建屋の角栄らしいが、まあ「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばせば越後に雪は降らない」はインパクトが強かった。

ロッキード事件はアメリカに嵌められた冤罪だとある。考えてみるとそれはそうなのかもしれないなと思った。ただし、国内で金にあかしていろいろ有罪になりそうなことはやっていそうな人ではある。

表紙の田中角栄の顔。現在の私より若そうにみえる。
角栄が総理大臣に就任した頃、私は子どもだった。子供心に怪しげで「まあその~」で中身のあることをやっているのか不明に感じたものだった。日中国交正常化というのも正しいことをやっているように見えなかった。
しかし、今は自分がその頃の角栄と同じ年頃になり、本書でそれなりに卓越した人だったのだと感じることができ、感慨深い。


Amazonの天才のページ
関連記事

会長 島耕作(5) 弘兼憲史

STEP 47 Ain't No Sunshine
STEP 48 Only The Lonely
STEP 49 Since You've Been Gone
STEP 50 No More Lonely Nights
STEP 51 Venus
STEP 52 Steal Away
STEP 53 Pillow Talk
STEP 54 The Happening
STEP 55 Trouble
STEP 56 Paint It, Black
STEP 57 One Bad Apple


Amazon『会長 島耕作(5)』のページ

島耕作って、ときどき人が死ぬよね…というのを思い出す。
これが島が会員になっている経済同友会でのテーマ-高齢化社会、独居老人、在宅死、介護問題-ということになってくるようだ。そして超高齢化社会がビジネスチャンスとも語っているので、テコットで新事業が立ち上がるのだろうか。

久しぶりに孫鋭登場。島と孫と中国から同行した元銀座のクラブのママ、典子と銀座で寿司を食べているが、それは産業スパイ問題への導入。奚錦梅こと曽烈生の再登場。
関連記事

03/17のツイートまとめ

kiyohara00

男女ともにライブだ。すばらしい!が、女子は深夜。どのみち、ライブで見れるかどうかわからないので録画だな。世界フィギュアスケート選手権2017 - フジテレビ #fujitv https://t.co/gX1mislFf9
03-17 13:51

関連記事

機は熟せり ジェフリー・アーチャー

1970年~1978年
バリントン海運会長のエマがヴァージニア・フェンウィックに訴えられた裁判の判決から、ジャイルズが恋したカリンの危機まで。

 
Amazonの機は熟せり検索結果

1970年~1978年というと私の少女時代になる。その頃のサブカルチャーが出てこないので読んでいてあんまり実感なかったけど。(セブのデートはバレエで演目は白鳥の湖だった)
ハリーとエマの息子、セブは私よりずっと年上で、私はその娘のジェシカの世代なんだなと確認。

アーチャーの作品は主人公に試練が数々あるもののそれらを乗り越え大成功。その分、バランスを取るかのようにバイプレーヤーに不幸が襲いかかる。
本作品の場合、ジャイルズとセブが割を食っていないか。女運が悪い。特にジャイルズ。
そう、ジャイルズと言えば、元妻のヴァージニア、活躍というか暗躍しすぎ。一族に関係ないところまで描かなくてもいいのではと思ったり。ジャイルズと結婚していたたから、一族の扱いなんだろうか。それにしてもレディーなのに浅ましい。レディーなんだから、ちょっとはレディーらしく振る舞ってくれてもと思うけど、そういうキャラクター付けになっちゃっているのよね。

次がシリーズ最終。This Was a Man。Amazonにはすでに英語版を読んだ人のレビューが書かれていて、おっと、中身がわかっちゃう…。でも、「なか見!検索」で、6部の最後のクリフハンガーがどうなったか確認。

前回新潮文庫を読んだのはクリフトン年代記の第5部だったはず。新潮文庫は文庫でも紐のしおりが入っているところが便利でいいと毎度思う。
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

マル暴総監 今野敏

北綾瀬署管内で殺人事件が起きた。被害者は半グレの若者だった。刑事組織犯罪対策課の組織犯罪対策係の甘糟達夫は前日に被害者を含めた3人と管内に事務所を構える多嘉原連合の半ゲソ(準構成員)の2人がもめていたところを取りなしていたことから、捜査本部に加わることになった。
捜査本部では前日に二組がもめているところに割って入った白いスーツの男が怪しいとされた、まずはその男を見つけ出すことになった。


Amazonの『マル暴総監』のページ

へたれ警官、甘糟と、暴れん坊将軍を気取った警視総監。
設定がちょっと狙いすぎと思わなくもなかったが、犯人を割り出すまでの道筋は感心した。
関連記事
THEME:今野敏 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 ダヴィド・ラーゲルクランツ

人工知能研究者のフランス・バルデルは、突如アメリカからスウェーデンに戻り、元妻と再婚相手の元から自閉症である息子のアウグストを連れ出し、ストックホルムの自宅に引きこもっていた。公安警察の分析官、ガブリエラ・グラーネから「身に危険が迫っている」と警告を受け、自宅から警察が用意する隠れ家に避難するように言われ、さらに、一種の生命保険だと思ってバルデルが知っている秘密をマスコミに話すように勧められる。嵐のその夜、家に設置したセキュリティー・アラームが鳴り、セキュリティー会社の当直から電話があり、侵入者がいると言われる。
バルデルはミカエル・ブルムクヴィストに電話を掛け、ミカエルは夜中にタクシーでバルデルの家に向かった。

一方、リスベット・サランデルは、NSA(アメリカ国家安全保障局)へのハッキングに成功し、暗号化された内部文書を盗み出した。


Amazonの『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)』のページ

ミレニアムの続編が出ていた! 私が3(と『ミレニアムと私』)を読んで間もなく。遺稿から書き起こされたものと期待したが、残念ながら違うらしい。出版社からこの作者、ダヴィド・ラーゲルクランツに新たに続編を書き起こす持ち込まれたそうな。
著作者人格権をめぐってはラーソンの事実婚のパートナーと遺族(父親と弟)がもめていたということだったけど、これが出て、「謝辞」に父親と弟の名前が出ていると言うことは、パートナーは負けたということになるのだろう。気の毒。

と、思ったせいかどうか、手にしてからしばらく読む気になれなかった。開くのが重いというか…
でも、読み始めたら、読み進めるのは早かった。
ちょっとネタばらしになる…アウグストにサヴァン症候群の特別な才能があるとわかる、バルデルに身の危険が迫る、リスベットがNSAにハッキングする、ミカエルがバルデルの家に着く、リスベットが殺し屋の手からアウグストを救い出す、NSAのセキュリティー管理最高責任者であるエドウィン・ニーダムがリスベットを追う手掛かりとしてスウェーデンに来てミカエルに会う…それから結末まで、上下巻700ページがあっと言う間。

けちを付けたいところはいろいろある。訳文は重訳だという以前の方がよかったとか、ホルゲル・パルムグレンにリスベットの過去をぺらぺらしゃべらせすぎだとか、リスベットの行方不明の妹の役はこれで正解だったのかとか。

でも、とにかく面白いし、よくできている。
リスベットとアウグストとの心の交流が泣かせる。

これが(スウェーデン語で)出てから、そろそろ2年。5が読みたい。
それと、ラーソンの遺稿の完成版も(結局、遺稿はどうなったんだろう。ダヴィド・ラーゲルクランツが遺稿を読んだという話はまったく出てこないので、今でもラーソンのパソコンの中に入っていて、そのパソコンをラーソンのパートナーが所持しているのだろうか)。
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

03/10のツイートまとめ

kiyohara00

中央ヨーロッパ時間(CET UTC+1)で行動している人がなんでこんな時間に仕事のプラットフォーム経由のメッセージをくれるんだろう。早起きの国民とは聞いているが。またUTC-3(日本と12時間の時差)にいるはずの人がこの時間帯にメールをくれたこともあった。どうなっているのか不思議
03-10 14:13

森友学園籠池理事長の記者会見は、てっきり「ごめんなさい」なのだろうと思ったが、マスコミ非難など意外な内容だ。
03-10 17:51

RT @xxxdorogamexxx: これからPKO撤退安倍会見って森友とぶつけてんの?それぞれ印象薄くなるように。
03-10 18:13

関連記事

03/07のツイートまとめ

kiyohara00

今さらだが、昨シーズン(2016)の#フィギュアスケート #ロシア選手権 女子を見た。ヨーロッパ選手権レベルはいくだろうと思って見たが、世界選手権を超えるレベルだった。岡部さんは変わらず辛口で1位の美しくないお手挙げと2位のいっぱいいっぱいで得点を挙げている無個性を批判していた。
03-07 13:03

(つづき)そのとおり。溜飲が下がるというの?3位のアンナ・ポゴリラヤについては持ち味のダイナミックで豊かで滑らかな表現力が発揮されていた。あれがNHK杯の後の試合なのよね。見れて良かったー。 #ロシア選手権2016
03-07 13:12

(つづき2)いずれにせよ、ソトニコワもリプニツカヤもこの強豪ひしめきすぎの状況では代表に選ばれることは難しい。近隣国で国籍取ってそちらの代表として出られるようにするなんてできないんですかね。好調なポゴリラヤさえ、今シーズン唯一ロシア選手権で表彰台を逃している。
03-07 13:24

関連記事

殺人者の顔 ヘニング・マンケル

スウェーデン南部の小さな農村で農民の老人が惨殺される。その農村を管轄とするイースタの警察官、クルト・ヴァランダーが事件捜査の指揮を取る。
発見時には重傷ながらまだ息のあった農民の妻は、「外国の」とひと言発して、亡くなってしまう。それが犯人に関することなのかどうかは明らかにしないまま。


Amasonの『殺人者の顔』のページ

スウェーデンが広く外国から移民を受け入れていた時代。そして、元からのスウェーデン人にそれについて不満を持つ者が現れ始めていた時代。
農民の妻のいまわの際のひと言がマスメディアに漏れ、ヴァランダーら警察署は殺人事件捜査と、外国人への攻撃の警戒の両方にあたらなければならなくなる。
さらにヴァランダーの私生活と話はてんこ盛りだが、不思議ととっちらかった感じはない。

北欧小説の主人公たちは、どうしてみんな離婚しているんだ?(ミレニアムのリスベット(独身)を除く)これでもというぐらい気の毒な描写がされがち(ミレニアムのミカエル(島耕作並みのもってもて)を除く)
中でもヴァランダーは気の毒そうだ。さらに元妻を殴っていたり、社会的に情けないことをしたりと主人公にこれはないと思えるような記述が。
それでも随所に活躍するし、オペラ好きという高尚な趣味がなんとか救っている。

それにしても男が女を殴るっていうのも北欧小説に毎度出てくる。特に暴力的とは描かれていない人物たちのDVなんかがね。平均的に日本人より筋骨に恵まれているだろう北欧の男が女を殴るって怖いって毎度思う。

90年代初頭の話だから、スマホとインターネットでコミュニケーションと情報取得ができる現代の話よりじれったいとは思ったものの、シリーズ読むよ。面白かったもん。

関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

Remembering Pie and Patty-Pan/パイがふたつあったおはなし - Beatrix Potter/ビアトリクス・ポター

ピーターラビットの絵本、19巻。
猫のリビーが黒い犬のダッチェスをお茶に招待した。ダッチェスは招待を受けるものの、出されるであろうねずみのパイを食べるのが嫌でたまらない。そこで一計を案じる。


Amazonの"The Tale of the Pie and the Patty Pan"のページ


Amazonの『パイがふたつあったおはなし』

facebookのスキッパーキーグループで紹介されていた。
黒い犬はまごうことなくスキッパーキーだ。
われらが女公爵様(Duchess)!
リビーにねずみのパイを食べさせられると思い込んで(実際にそうなのだが)、それを避けようと慌ただしく行動する様がまさにスキッパーキ。
そして巧みなイラストにかわいい、かわいいスキッパーキが描かれている。
アマゾンのサイトの「なか見検索」でいくつか黒い犬のダッチェスの挿絵を確認できる。

私が見た英語版はNew color reproductionsということでの方が挿絵が大きくていい。
関連記事
THEME:絵本 | GENRE:本・雑誌 | TAGS:
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして