カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

機は熟せり ジェフリー・アーチャー

1970年~1978年
バリントン海運会長のエマがヴァージニア・フェンウィックに訴えられた裁判の判決から、ジャイルズが恋したカリンの危機まで。

 
Amazonの機は熟せり検索結果

1970年~1978年というと私の少女時代になる。その頃のサブカルチャーが出てこないので読んでいてあんまり実感なかったけど。(セブのデートはバレエで演目は白鳥の湖だった)
ハリーとエマの息子、セブは私よりずっと年上で、私はその娘のジェシカの世代なんだなと確認。

アーチャーの作品は主人公に試練が数々あるもののそれらを乗り越え大成功。その分、バランスを取るかのようにバイプレーヤーに不幸が襲いかかる。
本作品の場合、ジャイルズとセブが割を食っていないか。女運が悪い。特にジャイルズ。
そう、ジャイルズと言えば、元妻のヴァージニア、活躍というか暗躍しすぎ。一族に関係ないところまで描かなくてもいいのではと思ったり。ジャイルズと結婚していたたから、一族の扱いなんだろうか。それにしてもレディーなのに浅ましい。レディーなんだから、ちょっとはレディーらしく振る舞ってくれてもと思うけど、そういうキャラクター付けになっちゃっているのよね。

次がシリーズ最終。This Was a Man。Amazonにはすでに英語版を読んだ人のレビューが書かれていて、おっと、中身がわかっちゃう…。でも、「なか見!検索」で、6部の最後のクリフハンガーがどうなったか確認。

前回新潮文庫を読んだのはクリフトン年代記の第5部だったはず。新潮文庫は文庫でも紐のしおりが入っているところが便利でいいと毎度思う。
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |
プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして