カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

レッド

懐かしのメロディー、(タイトル曲の)レッド。とっき時、聞きたくなったりしていたメロディーだったんだけど、キング・クリムゾンってだけで、曲名がわからなかった。
じゃあ、なんでこの曲を知っているかというところ。初めは、ラジオで聞いたんだろうな。何しろこのアルバム(のLP盤)がリリースされたのが、1974年。私はまさに中二だった。中二病の罹患患者のメンタリティーにぴったりくる曲だ。もっとも私はその頃、ごくごくメジャーな洋楽を聴いていたのだけど。

このアルバムをリリースして、アルバム・ツアーもせずにクリムゾンは解散してしまったという。ライナーノーツでは、中川五郎氏が

各々異なる方向に向いていたミュージシャンたちの強い理想がその演奏に緊張感を生み出していた…(中略)…解散するきっかけを作るほどピリピリとして張りつめたムードを作り出しているからであり、それを証明するように後にも先にも本作以上の緊張感をもった作品は生み出されていない。

と言っている。
確かに緊張感、半端ない。そこがかっこいいんだよな。
客観的に聞けば、昔の怪獣映画のサントラみたいでもあるけど。
グレッグ・レイクもピート・シンフィールドも、もういなくなっちゃった後だけど、私のイメージする、これら二人の世界を感じる。簡単に言えば、私にはEL&Pとの区別がつかない。

せっかくのインストルメンタルの名曲、レッド。フィギュアスケーターに使ってほしいなあ。フィギュアスケート界で使われるプログレといえば、ひたすらピンクフロイドだけど。

レッドレッド
(2008/03/26)
キング・クリムゾン

商品詳細を見る


私が聴いたのは2004年版。
関連記事
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして