カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

青青(あお)の時代 (3) 山岸凉子

卑弥呼の時代末期。卑弥呼(照日女子)の姉、照日女(ティラヒルメ)とともに離島で暮らしていた孫の壱与(イヨ)は、祖母とともに都に連れて行かれ、王の相続争いに巻き込まれる。

青青(あお)の時代 (1) (潮漫画文庫)青青(あお)の時代 (1) (潮漫画文庫)
(2004/11/01)
山岸 凉子

商品詳細を見る

青青(あお)の時代 (2) (潮漫画文庫)青青(あお)の時代 (2) (潮漫画文庫)
(2004/12/01)
山岸 凉子

商品詳細を見る

青青(あお)の時代 (3) (潮漫画文庫)青青(あお)の時代 (3) (潮漫画文庫)
(2005/01/01)
山岸 凉子

商品詳細を見る


渦巻く陰謀。その渦中に日女子はおり、かつ日女子自身も相当な陰謀をめぐらす。そもそも照日女を聞こえさまの座から追いやったのは、日女子だった。そうして聞こえさまに収まったものの、日女子には、聞こえさまに求められる、日女や壱与のような超常能力は備わっていなかった。
そこを埋め合わせていこうと画策する日女子が描かれているところが、山岸マンガの味。

悲惨な状況から始まる。壱与とばばさまは冷遇され、食事もろくすっぽ与えられない。挙げ句の果てに家を追い出されてしまう。
しかしこのあたりの最初の部分が一番悲惨かな。その後もピンチはあるが、まあ、なんとか切り抜けられるということで、山岸マンガにありがちな、なんともやりきれない展開ではない。大団円ではないけど、さわやかに終わるということで、まあよかった。
次から次へと起こる戦と陰謀の応酬に息つく暇もなく読んだ。

たまに読みたくなるのよね、山岸凉子。
この話が、そんなに暗くもなく面白かったので、また何か読みたいな。
関連記事
THEME:漫画 | GENRE:アニメ・コミック | TAGS:

COMMENT

No title

この作品は未読です。
面白そうですね。
陰謀渦巻く「古代」ってところが、いいかも。
でも「やりきれない展開」だとつらいので、
自分にとって終わり方は肝心です。
これなら読めそう。

Re: No title

>まいまいさん

> この作品は未読です。
とおっしゃるということは、山岸作品を結構読んでいらっしゃるのですね。まいまいさんとは、共通で読んでいる漫画が多いですね。

> 面白そうですね。
> 陰謀渦巻く「古代」ってところが、いいかも。
面白かったです。あと、なんとなく古代史が分ったような気になるっていうところも、いいかもです。

> でも「やりきれない展開」だとつらいので、
> 自分にとって終わり方は肝心です。
そうなんですよね。私にとっても終わりは肝心です。
いろいろ残酷だったりしますが、文庫で読むと話がどんどん展開して、(雰囲気の上で)妖精王的エンディングでよかったです。

> これなら読めそう。
機会があったら、読んでみてくださいませ。

返信遅くてごめんなさい。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして