カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

正体不明で悪趣味な外国人、シャイタナ氏が、ポアロをパーティーに招待した。人殺しをしながら、巧みに見逃げおおせた人間たちを一級品の芸術品とみなし、陳列品として晩餐に呼ぶという。
その晩餐の後、ブリッジをした後、ポアロらが帰ろうとシャイタナ氏に挨拶しようとすると、シャイタナ氏はすでに殺されていた。

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


4人の探偵/刑事と4人の殺人経験者(少なくともシャイタナ氏がそう信じていた)。
探偵vs殺人者という構図が面白い。

4人の探偵とは、ポアロ、バトル警視、レイス大佐(秘密諜報員)、売れっ子探偵小説家のオリヴァ夫人。
オリヴァ夫人のポアロシリーズ初登場編。その後も『象は忘れない』(クリスティーが生前最後に書いたポアロシリーズ)まで登場するのだから、オリヴァ夫人じゃないはず。でもレイス大佐なんか案外クロかも。秘密諜報員って、場合によっては人を殺したりするもんじゃない?なんて考えながら読む。

読む順を後にしたのは、少なくとも『名探偵ポアロ』で観た覚えがあるから。でも、例によって、犯人を覚えていないのよね。

探偵側は、まず容疑者4人についてシャイタナ氏が人を殺したと考えた根拠になる事件を探す。ポアロが主張するのは、同じタイプの殺人を犯している者が殺人者であると。
それでポアロは容疑者たちにブリッジの展開を質問したり、部屋にあった物を思い出してもらって言わせたりのポアロ流の捜査方法は、少々退屈。現代にはちょっとアピールしなくない、そういうのって。

それでも、それぞれの容疑者に対し、殺人or事故/病気というエピソードがあきらかになっていくし、意外な人物の自白と目撃。退屈せず展開していった。どんでん返し続きで真犯人が判明。しかし、真犯人もずいぶんあっさり罪を認め、まるでカードの勝負のようであった。


そうそう、後半、ポアロが『オリエント急行の殺人』について、ちらっと話している。

関連記事

THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして