カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ミレニアム2 火と戯れる女(上) (下)  スティーグ・ラーソン

ミレニアムはフリージャーナリストのダグ・スヴェンソンによるスウェーデン国内における人身売買を告発する本を出版しようとしていた。関係者から内容の裏を取る作業など本の完成前の最終段階にあったところで、ダグはガールフレンドのミアと住むアパートでミアとともに銃殺された。やがて同じ夜にリスベットの後見人である弁護士のビュルマンも同じ銃で殺されていたことが発覚する。銃はビュルマンの物で、リスベットの指紋がついていた。そのため、リスベットは指名手配で追われる身となる。

ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/11/10)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る

ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/11/10)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


読者にもリスベットがやったかもしれないと思わせる記述。そしてもしかしたら3人と同様に殺されてしまったかもしれないと匂わされる。
犯人ではないかという点については、ミカエルは仲間が殺され、第一発見者となっても殺したのはリスベットではないと信じる。同様にドラガン・アルマンスキーも。そして1では死んだと思われていた元後見人の弁護士、ホルゲル・パルムグレンも。
だからといって、読者はリスベットがやっていないということだとは信じるわけにはいかない。それでも、リスベットの信じる人々が一人増えるたびに、うれしい気持ちにさせられる。自分を信じてもらえているような気分にさせられるのだ。
読者としてリスベットが犯人ではないと信じる根拠は、リスベットはこの3部作の主人公の一人のはず、それが今ここ(第2部)で犯人になるはずがないということのみ。

「プロローグ」のリスベットではないかと思える少女の監禁シーン。いや、そういうのはもう勘弁…そう思って読むのはやめようと思ったが、この先そんなシーンが続くということはないと聞き、思い直して読んだ。

全体で考えると、息が詰まるような閉塞的なシチュエーションで猟奇的事件を扱った第1部より、こちらの方がいい。被害者の残忍な殺され方の描写やセックスに関する描写は気持ちが良くなかったし、前半の数式にはわけがわからず辟易したけど。
我らがリスベットは登場している場面に関しては、自由だというのもよかった。また、警察小説の側面も私には楽しみやすい部分だったかもしれない。さらに謎の黒幕「ザラ」の正体に驚愕。さらに金髪の巨人の正体も。想像外の設定に驚かされた。
500ページの下巻は、昨夜から今日にかけて一気に読んだ。上巻を読み終えたところで、早く結末にたどり着きたいという気持ちが高まってしまったから。

上巻と言えば、リスベットのカリブ海の長い旅行とそこで起きた出来事は、何でしたかね?第3部に続くのだろうか。
これで終わり?という唐突な終わり方に、第3部をすぐに読みたくなった。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

おじゃまします!

リポートありがとうございます。
まだ、下巻読んでいないのですよ。
ちびちび読んでらしたキヨハラさんも一気読みなんですね。
これは「ザラ」と金髪の巨人の正体に興味をかき立てられます。
リスベット、どうなるのかしらん。
早く読みたいです!!

Re: おじゃまします!

v-111まいまいさん

ごめんなさい。
いただいたコメントにずっと気がつきませんでした(滝汗

今は、もう、私より早く第3部も読み終わってしまってらっしゃったのですよね。
もったいぶって、まいまいさんに結末のヒントを出せなくて残念。v-8

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして