カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ポワロの事件簿 1 アガサ・クリスティ

戦勝舞踏会事件
料理女を探せ
マーキット・ベイジングの謎
呪われた相続
潜水艦の設計図
ヴェールをかけたレディ
プリマス急行
消えた鉱山
チョコレートの箱
コーンウォールの謎
クラブのキング

 訳者あとがき

ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)
(1980/10)
アガサ・クリスティ

商品詳細を見る


「ヴェールをかけたレディ」、「消えた鉱山」、「チョコレートの箱」、「訳者あとがき」を拾い読み。あとは、教会で死んだ男 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)にも収録されているので今回はパス。

「ヴェールをかけたレディ」 ポアロがウィンブルドンのお屋敷に忍び込む。
『名探偵ポアロ』で見たなあ。それだと最後のポアロとレディが小箱をお互いに記念にほしいという駆け引きが面白かった。

「消えた鉱山」 鉱山のありかを示す地図を持つ中国人、ウー・リンがロンドン到着後に行方不明に。
これも『名探偵ポアロ』で見た。ロンドンの阿片窟なんて出てきて、見た当時は、どきどきしたなあ。

「チョコレートの箱」 ポアロがベルギー警察隊に所属していた頃の回想。休暇中に突発的に起きた心臓麻痺により死んだとされたポール・デルラールについて、自然死ではないと主張する若い女性からの依頼を受けて、個人的に調べることになった。
これも見たーーー。

ポアロは短編でも、どれも面白い。
21世紀の日本で生活する私には現実に迫るものもないので、寝る前に読んでも眠れなくなることもなく、寝る前に1編ぐらい読むというのにちょうどいい。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして