カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

満願 米澤穂信

夜警
交番勤務の巡査が殉職した。上司の巡査部長が殉死した部下の配属から死までを語る。

死人宿
去られた元恋人を追って山奥の温泉宿に。その宿は近くに有毒ガスが溜まる場所があり、自殺目的に泊まる宿泊客が後を絶たない。

柘榴

美しく策にも長けていたさおりは、大学のゼミで出会った成海に魅了され、他の女子たちを注意深く蹴落とし、成海と結婚したのだが、成海はとんでもない男だった。

万灯
商社に入社し、海外勤務で順調に実績を上げ、出世しつつあった「私」。冷静で迅速な決断には間違いがなかったはずが、大きく歯車が狂うことになった。

関守
伊豆の峠道に起こった都市伝説の取材で、ほとんど客のない峠のドライブインに立ち寄った。店を切り盛りする年配の女性に都市伝説について水を向けると思いがけず様々なことを教えてくれた。

満願
大学時代に下宿していた家の奥方・鵜川妙子が殺人で裁判にかけられた。弁護士の「私」は、恩義も好意も感じていた妙子の弁護を進んで引き受けるが、妙子は途中で控訴を取り下げ服役した。「私」は事件が正当防衛によるものと考えていた。

満願満願
(2014/03/20)
米澤 穂信

商品詳細を見る


それぞれが違った味わいでミステリーであり、ホラー。短編ながら、どれも伏線が効いていてトリックや最後の落ちに感心させられた。

今となってはどうしてこれを借りることにすることにしたのかわからない。最初の短編を読んで警察小説だからかと思ったが、残りは警察小説じゃなかったし。受賞か何かで内容紹介を見て図書館で予約して借りた。だが、何が読みたいと思わされたのかが予約から何ヶ月も経った今ではわからないのだ。
単にミステリーと思うと陰気なトーンがなんともやりきれない気にさせられたのだが、「インシテミル」や角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞というデビュー履歴からして「ホラー」色の強い作風だということを理解し、何となく腑に落ちた。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして