カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ポアロとグリーンショアの阿房宮 アガサ・クリスティー

死者のあやまち』(Dead Man's Folly)の原案版。100ページ余の中編にクリスティーの孫やら表紙のイラストレーターやら研究者のエッセイ。

ポアロとグリーンショアの阿房宮 (クリスティー文庫)ポアロとグリーンショアの阿房宮 (クリスティー文庫)
(2015/01/09)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


こちらの原題は「Hercule Poirot and the Greenshore Folly」で、follyが阿房宮と訳されている。ナス屋敷がグリーンショア屋敷に変わっているということと、全体に短くなっている以外に同じという印象。と、実行犯が一部違っていたかな。このぐらい短い方が展開が速くていいかもと思った。でも、よくよく考えてみると『死者のあやまち』にあった重要部分がなかったりするかも。例えば後半の犠牲者の家族とポアロの会話。真相に迫る重要なヒント。あるとないとじゃ違う。

舞台は、グリーンウェイという名前でクリスティーの別荘だったという。クリスティーが実在する場所を舞台にしたのは数少ないのだそうだ。ここは、『五匹の子豚』の舞台にもなっているという。99年にナショナル・トラストに譲ったということ。あのデヴィッド・スーシェのポアロの舞台を見ることができる。いつか是非行きたい。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして