カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

祈りの幕が下りる時 東野圭吾

世話好きで人のよい彦根(滋賀県)の女性、押谷道子が東京の小菅のアパートの一室で腐乱死体となって発見された。
また、この押谷の死と前後して新小岩駅が最寄りの荒川河川敷のホームレスの小屋で火災があり、1人の焼死体が発見された。
加賀の従兄弟である警視庁捜査一課の松宮は、小菅も荒川沿いであることから、2つの事件が連続殺人事件ではないかと考えた。
しかし、押谷が発見されたアパートの借り主、越川睦夫は行方不明で、この名も偽名であるようで、身元を特定する手掛かりもなかった。
やがて押谷が亡くなる前に中学時代の同級生に会っていたことがわかった。その同級生、角倉博美が演出を手掛ける芝居が明治座で公演中で、初日の前日に押谷が角倉に会いに来ていたという。何の偶然か、加賀は角倉と知り合いだった。

祈りの幕が下りる時祈りの幕が下りる時
(2013/09/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


読み終えてみると、『新参者 』から、『麒麟の翼』、本作と日本橋署の加賀恭一郎シリーズは、隠れた親子愛の物語ということになった。

明治座、浜町公園、総合スポーツセンター、甘酒横丁、人形町駅と(モデルとされる)久松署から見て南側エリアから、日本橋界隈の12の橋(というキーワード)という下町の舞台は今回が最後になるのだろう。加賀恭一郎が本庁の捜査一課に戻るということだから。

これとこれが、こうつながりますかーっていうのは、いつもながら見事。いろんな「?」が最後に明らかになり、すっきり。判明した事実、得られた証言、残された物証から推理をして事実を解き明かしていくという組立が丹念で展開も自然だからこそ、繋がりを示されて、素直に気持ちよく驚ける。

加賀はお母さんに捨てられたわけじゃなくて、すごく愛されていてよかったねと思ったが、失踪の原因が鬱病っていうのは、味気ない。
また、美人なのに36歳で仲居の経験がないとお断りされちゃうって、結構厳しい。日本人の平均年齢がどんどん上がっている今なら大丈夫そうだけど。

ジェフリー・ディーバの後だからか、湿度がずいぶん高い感じがした。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして