カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ロードサイド・クロス ジェフリー・ディーヴァー

パトロール警官がハイウェイの路肩にロードサイド・クロスを見つけた。ロードサイド・クロスとは犠牲者を弔って事故現場に簡易的に設置される十字架で、一緒に花やぬいぐるみなどが置かれることもある。
この警官が見つけた十字架に入った日付は翌日付だった。そして翌日、事件が起きた。地元の高校生、タミー・フォスターが襲われ、すんでのところで溺死を逃れた。
キネシクス、すなわちボディランゲージ分析の専門家であるキャサリン・ダンスは被害者のタミーに事情聴取を行った。タミーは自分を襲った者の人相を見ていないと言ったが、ダンスはそれが犯人からの復讐を怖れた嘘であると見抜く。ダンスは大学で教授をしているコンピューターの専門家、ジョン・ボーリングの力を借り、タミーが怖れる相手がタミーと同じ高校に通うトラヴィス・ブリガムであることを突き止める。タミーは社会派ブログ、チルトン・レポートの書き込みで、トラヴィスをキモオタとして中傷していた。そのブログのある記事では、匿名だがトラヴィスが交通事故を起こし、同乗の高校生二人が志望したことに触れていた。
ダンスはトラヴィスの家に事情聴取に行った。その直後、トラヴィスは消息を消した。ダンスら捜査当局は、トラヴィスの行方を追った。
しかし、トラヴィスは見つからず、二人目の犠牲者が出た。

そんな中、ダンスの母、イーディー(看護師)が、入院していたダンスの部下、ファン・ミラーの希望に応じて薬剤の調整で尊厳死させたという容疑で逮捕された。



今回もどんでん返し2回。注意深く読めばヒントが提示されていたのだけど、とにかく先を知りたくて飛ばし気味に読んだので全く気がつかなかった。
ファン・ミラー殺害の真相は、かなりアクロバティック。これが独立した作品だと考えると、そんなのありかいって思う。まあ、こっちはおまけなんだから、いいけどね。

夫を亡くして2年目のダンスが恋をしたくてたまらないときがあるって、米国人女性ってそういうもの?って思ったが、もしかしたら、これは、日本の男性作家が日本人女性を主人公にしたときに感じるような男性の願望が反映された女性像という可能性もある。
ダンスの男性の知り合いに過剰反応する、息子のウェスがオニールに続いて、ボーリングにもOKサインを出した。こちらもおまけだけど、作者は結構力を入れているもよう。

舞台のカリフォルニア州モントレー(本書の訳では「モンテレー」)。風光明媚なところらしい。私にとってはモンタレー・ポップ・フェスティバル。大学の英語ドラマ聞き取りの宿題で「ペブルビーチ」が何だか(地名だということが)わからなくて悩んだこともあった。

関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

キャサリンダンスシリーズ

キヨハラさん、こんにちは。
キャサリンダンスシリーズも面白そうですね♪
ディーバーと言えばどんでん返し。
これも2回ばかりあるのですね。
やっぱりキャサリンダンスシリーズも読んでみることにします。

リンカーンライムは「ボーンコレクター」「コフィンダンサー」
が超弩弓に面白くて完全にはまってしまいました。
しかし、残念ながらその後は段々質が落ちているような気がします。
まあ一定の面白さは保っていますが、
初期の頃の猛烈な面白さはなくなっている気がして、
最新作とかは読んでいないのです・・・。
007もイマイチだったし・・・(^^;)

Re: キャサリンダンスシリーズ

v-380鴨ミールさん、こんにちは。

またまた、コメントありがとうございます。参考になります。

う~ん、キャサリンダンスシリーズも2作目より1作目の方がより面白かったように感じました。
それは、ひとつには1作目のどんでん返しに慣れ、「ここはひっくりかえるんじゃないの?」という予想を立ててしまうというところがあります。でも、予想外のひっくり返しもあって、まあ、満足です。
ただし犯行の動機については、そこそこ現実味はあるものの、そんな殺人者は精神鑑定が必要だよねってところがあります。(殺人者って普通まともじゃないわけですが…)=つまり、動機の設定が弱いかなと。

リンカーンライムは「ボーンコレクター」「コフィンダンサー」 なんですね。
私は「ウォッチメイカー」を取り寄せてしまいました。キャサンリンダンスが出てくるということで。

「白紙委任状」も読んじゃおうかと思っていたのですが、イマイチなんですかー。残念。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして