カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

私の命はあなたの命より軽い 近藤史恵

臨月の「わたし」の夫、克哉は海外赴任になった。
急遽、大阪の実家に帰ってお産をすることにしたが、意外なことに両親は歓迎ムードではなく、年の離れた妹とも何かぎこちない空気を醸していた。家族がよそよそしく、何かを隠している。
違和感や不快感をさまざまなことに感じながらも安産が出来るように努めるが、やがて問題が明らかに。


私の命はあなたの命より軽い のAmazonのページへ

ミステリー作家の小説のタイトルがこれとは、SF的怖さがある。トリッキーな題ではあるが、本書の扱うテーマを表している。
女として体内に命を宿したとき、状況によって変わる、その命の価値。
女にとっての命題であり、男からも考えてほしい命題でもある。

結末に加えられた1つの要素は、過去1年以内ぐらいに読んだ女性作家の小説にもあったものなので、ちょっとお腹いっぱい。
それを除けば、冷静で前向きな「わたし」がどうなるのか感情移入しながら読めた。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして