カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ダークルーム 近藤史恵

マリアージュ
高級フレンチ店に毎日来店する美女の正体は?

コワス
立花明充が別れを告げてすぐ片岡友子は自殺した。

SWEET BOYS
親友が育児ノイローゼで自殺したと連絡があった。

過去の絵
芸術大学に通っているわたしの身の回りで、盗作疑惑が発生した。

水仙の季節
ぼくは一卵性双生児の駆け出し少女モデルの写真集の撮影をしていた。

窓の下には
同じマンションに越してきた同世代の少女。こどもだった私は友達になりたいと思った。

ダークルーム

ぼくは写真の専門学校で高倉榊と知り合った。

北緯六十度の恋
私は園子と鉄道でモスクワまで旅行するために、ヘルシンキまでやってきた。

解説 藤田香織


ダークルーム


短編集だけど、中編長編にもできたのではないかという熾烈さを持つものが多かった。
レズビアンありゲイあり双子とモチーフは私好みだが、それが愉快という展開ではない。ミステリー、サスペンスの緊張の中で味わうことになる。
「過去の絵」はのどかそうな基調で提示されているが、内容はあくまで謎解き。
「SWEET BOYS」のどんでん返しのサスペンスはどきどきだった。幕切れも衝撃的。
「ダークルーム」と「北緯六十度の恋」はハッピーエンドを予感させる終わり方。
「水仙の季節」はハッピーエンドとは言えないけれど、ある意味、よかったねーという話。推理も面白かった。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして