カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

モノグラム殺人事件 <名探偵ポアロ>シリーズ ソフィー・ハナ

ポアロは、休暇を取るために、ロンドンの自宅近くで知り合いの目を避けて下宿していた。
下宿の同居人、スコットランドヤードの若き警察官・キャッチプールに教えてもらった珈琲館で過ごしていたところ、自分は殺されるであろうと語り、それは当然の報いであると言う女性に会う。
その頃、ロンドンの一流ホテルで同一犯の犯行と思われる3件の殺人事件が起きていた。3人の男女は別々の部屋で服毒死しており、死後、同じ体勢に整えられ、同じように口にモノグラム(イニシャル図案)付きのカフスボタンが入れられていた。
ポアロは捜査担当のキャッチプールを助けるべく、事件を解明しようとする。


モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シリーズ)


ポアロ全部読んじゃった。しかもいくつかは2回。テレビの名探偵ポワロも終わっちゃったし(デジタルリマスター版放送中で、また見ているけど)。
この表紙いいよね。ポアロを象徴するような口ひげと帽子。そして現代的な効果をもたらす赤のストライプの背景の組み合わせ。「ポアロが現代に蘇りました!」と告げているような。
やっぱりこれを読むしかないだろう。
ポアロはあれだけ作品があるのだから、誰もがキャラクターを把握しているだろう。この作品がポアロファンであるミステリー作家であれば間違いないだろうと思った。

長編はうれしい。読んでも読んでも終わらない。(読みにくかった…かも)
トリックは複雑。本格的ミステリーだ。だけど、自分は殺されるであろうというジェニーのつかみが芝居がかりすぎていて、ちょっと引く。

あとポアロのキャラクターの解釈が。キャッチプール君への指図、ジェニーにもう一度会おうと珈琲館に通い詰めるなど、ちょっと違うんじゃないかと。
キャッチプール君はなんで警官になったのだと思えるような自分に自信がない性格。私から考えて、イギリス人っぽい性格だとは思うので、イギリス好きとしてそれはいいかな。まだらっこしいけど。

なんだかんだ、また、ポアロに会いたい。次回作も是非お願い。

・カテゴリーはクリスティーじゃないけど「アガサ・クリスティー」に入れました。
・翻訳は…原書で読めるならぜひそちらをお勧め。また、日本語以外で読めるなら、そちらをお勧め。

関連記事

THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして