カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

逃亡作法 TURD ON THE RUN 東山彰良

たぶん、近未来。死刑のなくなった日本。キャンプ9と呼ばれる北九州の刑務所に収容されていたツバメら、囚人たち。
連続少女暴行殺害犯の川原昇の被害者の父親たちが、川原に復讐しようとキャンプ9に潜入。復讐はすんでのところで失敗し、囚人たちはほとんどすべて脱獄した。
ツバメらは、捕らえようとする警察の手から逃れようと手段を尽くす。
また、引き続き超法規的に川原の復讐を企てるカイザーら、被害者の父親たちはツバメらと一緒に行動している川原を追う。


Amazonの『逃亡作法 TURD ON THE RUN』へ


読んでいくうちにツバメが主人公とわかる。思慮深さと行動力。といって力が抜けているところは抜けている。そして一度仲間と認識した人間は裏切らないという性格。魅力がある。
犯罪者なのに憎めない仲間たち。
川原は重度のパーソナリティー障害なのだが、それが笑える存在に。
そんな川原を恋人かペットのように執着する張。声を出して笑ってしまう。
その他、笑えるということを狙って書かれていると思う。それとスリリングな展開。引きつけられる。
私には諸々えぐ過ぎだし、長い(500ページ+、新しい文庫は上下巻の構成になっているよう)。だけど、面白く読めた。

「のどをクリアにする」とか外国語由来の表現が結構あるようだ。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして