カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

イッツ・オンリー・ロックンロール 東山彰良

インディーズでずっと鳴かず飛ばずのロックグループ、ロウ・マインズ。ベーシストのべっさんが服役中のため活動休止中。ふとしたきっかけで、ロウ・マインズにスポットライトが当たり、折良くべっさんは服役を終え、ロウ・マインズは活動再開。


イッツ・オンリー・ロックンロール


ロックンロールというと用心する。世の中には私にとってのロックとは違うものがたくさんあるから。それで、ロックには今でも少々こだわりがある。
だから、このタイトルは、どうかなーと思った。
で、手にとって、ぱらりと中を開いたら、「フレディー・マーキュリー」って目に飛び込んだ。…これは読むしかない。

主人公の「おれ」、青木満は、知識豊富で弁が立つ戦略的頭脳の持ち主、一方仲間思い、そして暴力的傾向。
ロックの蘊蓄が随所にちりばめられているが、それがイヤミではないのは、この主人公のキャラ形成によるところが大きいのだろうと思う。

過激な動物愛護主義者、甲本ゆい
初恋の相手だったけど結婚していながら満に強く迫る沙織
精神障害者のべっさんの妻、和美
女はひとりもまともな登場人物がいない。
男も似たり寄ったりだが。
それでも、そんな登場人物たちが仲間を助けるために働く。そして話が動いていく。
暴力やドラッグは、勘弁とは思うものの、満は最善を尽くしていると思われるかぎりは、応援したい気持ちでいっぱいだし、展開を確かめずにはいられない。
でも、ドラッグに流れたぐらいから、紅白での行動とか、よくわからず。
メンフィスの伝説の十字路(?)で終わったところは、かっこよかったけど、やっぱ、よくわからなかった。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして