カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで 宮部みゆき

朽ちてゆくまで
両親を早くに亡くした智子。両親が亡くなった後、一緒に住んでいた祖母も亡くなり、住まいは相続税を支払うために手放さなければならないことになった。
荷物整理で見つけた数々のビデオテープには、幼い日の智子が映されていた。しかし、その内容はかなり変わっていた。

燔祭
高校生の妹を殺された一樹は、思わぬ人間から思わぬ申し出を受けた。

鳩笛草
人の心を読むことができる貴子は、その能力を生かして警察官になり刑事として活躍していたが、その能力が失われつつあることに気がついた。


Amazonの『鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで』のページ

能力を役立てて生きるという点で、鳩笛草は作者にとって他人事ではないという。書けなくなったら。
それは、自分もそうだ。毎度仕事を受けるたびに、これは注文どおりの期限に間に合わせて、満足な内容で仕上げることはできるのかと不安になる気持ちがある。期限と内容を考えて断る案件は結構ある。それらの案件のように断るべきではなかったかと。
誰でも他人事ではない話。

燔祭は古代ユダヤ教/旧約聖書由来の生け贄の儀式ということ。火車といい熾烈な題名を選ぶ人なんだなあと宮部さんについて思った。今まで私が読んだ話は割りと暖かい感じで終わるのと対照的。
関連記事
THEME:小説 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして