カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

特捜部Q―知りすぎたマルコ ユッシ・エーズラ・オールスン

マルコはゾーラが率いる一族(クラン)でゾーラの命令のもと、スリや物乞いで生活していた。稼ぎの少ない同じ一族の少年がそれをとがめられ折檻されることについて止めるようにゾーラに頼みに行った後、ゾーラがマルコに障がいが残るようなけがをさせるように命令していることを知った。マルコはすぐに一族が住む家から逃げ出した。その途中に一族の重大な秘密を知り、それを知ったゾーラはマルコを見つけ出して殺すように命令した。

一方、コペンハーゲン警察のカール・マークが率いる未解決事件捜査専門チームである特捜部Qでは、外務省上級参事官、ヴィルヤム・スタークの失踪事件を追うことになった。

 
Amazonの『知りすぎたマルコ』検索結果ページ

冒頭から、カメルーンの善良な開発援助プロジェクトのリーダー、ルイ・フォンが殺される。いやあな展開だ。
そして鋭敏で優秀なスタークがフォンの携帯からのショートメッセージから異変を悟り調査をしたところまでは物事が良いほうに向かっているという気持ちの良さを感じながら読んだ。しかし、その上司がフォンの殺害に関わっていて、共謀者がスタークの始末を確約するという流れに、はらはら。さあ、どうなっちゃう?と。

特捜部Qでよく出てくるけど、特に後ろ暗いところがあるわけでもない普通の市民が脅かされて警察には言わないというのが、これでも出てくる。特捜部Qに限らず欧米の小説でよくあるよね。なんで?人々は警察に対する信頼性が低い?犯罪者のことばに惑わされやすい?日本人だったら、「警察に言ったら~の命はない」なんて言われてもたいてい警察に言うよね。

一人になって悪事に手を染めないで前向きに生きようとするマルコ。しかし、ゾーラのクランやプロの殺人者に追われる。マルコを応援しようと思わない人はいないだろう。早く、カール、なんとかしてと願いながら読んだ。

悪事に手を染めた外務省高官やら銀行の幹部は、普通に捕まろうと、そうでなくどうなろうと知ったものではないというところだが、最後は意外な展開だった。

特捜部Qの新メンバー、ゴードン・タイラーは本編からだった、たしか。いいとこのぼんぼんらしい。ローサのことを気に入っている。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして