カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

氷姫 カミラ・レックバリ

スウェーデン西海岸の小さな町、フィエルバッカで殺人事件が起きた。被害者は、フィエルバッカで12歳まで過ごし、イエーテボリに引っ越ししていった非常に美しい女性、アレクス。
ライターのエリカは、アレクスが引っ越して行ってしまうまでは、アレクスと大の仲良しだった。両親から県民新聞に掲載する追悼記事を書くように頼まれ、それとは別にアレクスの伝記を書きたいという野心を抱く。
アレクスの両親、夫とともに行ったターヌムスヘーデ警察署で幼なじみのパトリックと再会する。パトリックは刑事になっていた。
エリカとパトリックは急接近。
エリカは、謎の多いアレクスの身辺を探り、パトリックは刑事として事件の真相を探り、アレクスを殺した犯人を追う。


Amazonの『氷姫』のページ

若い女性作家ならではのエリカの心理描写。
そしてファッションやカロリーの取り過ぎを気にしながらおいしい料理を作ることに心を砕いたり。そして、膀胱炎の心配。
この寒い国では女性は風邪をひくことと同じ頻度で膀胱炎を心配しなくてはならないのだろう。消えた少年の登場人物もこの心配をしていた。もう一つ読みかけのスウェーデン推理小説にも出てきたように思うが、確信はない。私自身、この寒い時期、これらの作品を読んでいた日々にちょっとした痛みというか違和感があり、「もしかしてこれは尿道炎?」と思うことがあったので、日本とは遠い、行ったことのない地でありながらリアリティーがあった。
30代で、いろいろできるエリカにはあんまり親しみは湧かないけどね。

エリカよりもパトリックのほうにより好感を覚えた。礼儀正しい態度で人々に接して、捜査の聞き込みにあたり、子ども、赤ん坊にすぐに好かれる。
しかし、都会的、先進的な印象があるスウェーデンだが、田舎は田舎なんだろうなと思った。聞き込みに行く先々でコーヒーやケーキを出され、同僚にエリカとの仲を根掘り葉掘り聞かれるという人間関係の濃さ。

今までヨーロッパの国々って小さいよねって思っていた(チェコとかオーストリアとかベルギーとか小さいじゃん?)けど、スウェーデンはそこそこでかいな。フィエルバッカから、近辺で大きな町、イェーテボリの国際空港まで200キロ余りだそう。あ、Googleマップだと、そんなにないね。
https://www.google.co.jp/maps/dir/Fj%C3%A4llbacka,+%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3/Landvetter+(GOT),+438+80+Landvetter,+%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3/@58.1922434,10.6611125,8z/data=!3m1!4b1!4m13!4m12!1m5!1m1!1s0x46444ab498afaaed:0x2fb535a41099d251!2m2!1d11.2882238!2d58.5997756!1m5!1m1!1s0x464ffa015437846b:0x2460362f259684b3!2m2!1d12.292314!2d57.668799

翻訳は、はっきり言って読みにくい。たぶん、訳も正確ではないのではないか。次作も同じ翻訳者のようだが、その後は別の翻訳者になるようなので、ともかく読むか。

関連記事

THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして