カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

リガの犬たち ヘニング・マンケル

クルト・ヴァランダー シリーズ第2作
スウェーデンの南海岸沿いに位置する小さな町、イースタの警察署に匿名の電話があった。「まもなく近くの海岸に死んだ男二人を乗せた救命ボートが打ち上げられる」という。電話の予告どおり、ボートは打ち上げられる。
イースタ署に勤める警部ヴァランダーは、この捜査にあたる。間もなく死体がラトビア人とわかり、リガの警察署からリエパ中佐が派遣され、何日かの共同捜査の末、この事件の捜査はリガに引き継がれることになった。
死体はリガへ送られ、リエパ中佐も帰って行った。
しかし、リエパ中佐は殺され、中佐の上司からイースタ警察署に捜査の協力依頼があり、ヴァランダーはラトヴィアに飛んだ。


Amazonの『リガの犬たち』のページ

前作同様陰鬱な話が多い。ヴァランダーはベテラン刑事だが、相変わらず自分に自信が持てず、転職を考えている。有能な先輩捜査官のリードベリはガンで亡くなった。スウェーデンでは南で海岸沿いとは言え、寒そうな描写が続く。
しかし、その上を行く、リガの、ラトビアの陰鬱さ。ソ連支配下の監視社会、貧富の差。
これを読み進めば、事件は解決する。そうすれば、心がぱーーっと晴れる。そんな気持ちで読んでいた。
陰鬱であればあるほど、解決は晴れやかに感じるはず。

また、殺されていた二人の男が抱き合うように横たわっていたというのが、何かいいなあ、真相がわかったときに感動があるんじゃないだろうかと思わせる。

また、ヴァランダーが恋愛感情から、荒唐無稽とも思えるとんでもない決断をして、事件に深入りしていくというところもいい。決断の理由として民主化とか真相究明とかいう大義名分より説得力がある。
その恋愛の行方は、相手の作ったへたな手料理で自分と相手の人間の種類の違いを知るというところで事実上決着したのだろう。うならされた。

犯人のリエパ中佐殺害の理由はちょっと呆気ない。でも、その他の点でハラハラどきどきしたから、まあいいか。

次は『白い雌ライオン

BBCがドラマにしたものも見たいなー。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして