カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

煽動者 ジェフリー・ディーヴァー

ナイトクラブのライブ中に火災を思わせる異臭があった。会場を満席にしていた客は会場から出ようと出口に詰めかけたパニック状態になった。結果、死傷者を出した。異臭は建物の外から意図的に送り込まれ、非常口がふさがれ、事故ではなく意図的に起こされた犯罪であったことがわかった。
キャサリン・ダンスは捜査を担当し、同時に再発防止対策も講じるが、群衆のパニックを利用する犯罪は再び起きる。


Amazonの『煽動者』のページ

閉塞された空間で人が命の危険を感じて恐怖の虜になったときに取る行動を想定して仕掛けられる犯罪というのは斬新。

一方、過去に読んだディーヴァー作品と同様、犯人はサイコパスのようであるが、残虐な行為で事故の要求を満たす以外は理性的行動を取る。というより、その実行のために、徹底的に計画を練り、状況を合理的に判断し、計画をうまく進めるためには衝動をコントロールすることができる。
そこが恐ろしさを増加しているのだが、同時に面白さを強化してもいる。

他のキャサリン・ダンス シリーズと同様、キャサリン・ダンスには処理しなければならないその他の問題がいくつか持ち上がる。
その中のひとつ、ダンスの恋愛問題。ダンスの決断に、人間性の疑問を感じた。日本では、ヒロインが取る行動として理解されるだろうか。文化的違いなんでしょうかね。

このシリーズは、キネシクスとしてダンスが巧妙な犯罪者と対峙するというところが一番の見所と考えていたが、今回、それが顕著に発揮されるシーンはなかったなあ。単にダンスがキネシクスを用いて、相手の白黒を判断したり、相手の心理状態を読んだりするぐらい。
だからといって、面白くなかったわけじゃない。

日系人と日系人の強制収容所が出てくる。
戦争中に日本人・日系人にアメリカが政策で行ったこと。『パズルパレス』の原爆投下、NHKのドキュメンタリーの第442連隊戦闘団と日系人強制収容。ここのところ続いている。

約2年ぶりのキャサリン・ダンス シリーズ(そして、ジェフリー・ディーヴァー)。
読み始めてすぐ怖さ、気持ち悪さが私の許容範囲を超えていると思った。それで、もう嫌だと。
でも、読み終わって考えると、人が死ぬところや死んだ様子の描写には、そうそうグロテスクなところはない。
じゃあ、なんでそう感じたかと考えると、ディーヴァーの筆力ゆえなのだろう。つまり、本作はスリラーとして高レベルのスリルを提供している。
(けれども私はスリラーがそんなに好きじゃないんだな、きっと)
関連記事
THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして