カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

関口知宏が行くイギリス鉄道の旅 関口知宏

ロンドンから、ソールズベリ、カーディフ、リバプール、ウィンダミア、エディンバラ、インバネスなど、イングランド、ウェールズ、スコットランドを鉄道で巡る7日間の旅が、文、写真、イラストで綴られる。


Amazonの『関口知宏が行くイギリス鉄道の旅』のページ

諸々の成熟を日本より先に経験して(先進国で)、田舎主義を貫くイギリスを体感したようだ。

さすがにイギリスは鉄道発祥の国だからか、「イギリス鉄道の基本情報」がある。(これって、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、チェコ編でもあったっけ?)
鉄道ファンでなくとも、イギリスに行くならここは押さえなくちゃと思わせる内容。

今まで、「関口さん、なんで旅の前に髪を切ってこない?無頓着な人だなー」と、最近(去年か)の放送を見て思っていたが、これをみて、無頓着なヘアスタイルなのではなく、おしゃれ(自分の意思)でそうしていると気がついた。
パディントンベアと一緒に描かれた自画像の毛先はシャギーに流れている。
それに写真では髪を染めている。
それで、それがまた似合っている。
2006年。関口さんは、まだ若者だ。(最近何かで知ったのだが30台は「若者」の分類になるらしい)

「1階にトイレがない」
そう言われてみれば、そうそう。パブとかね。
日本の飲み屋でトイレが遠いとなると、泥酔者がたどり着くまでに失敗する(何らかの物体が体外に出てしまう)ということが懸念されるけど、イギリスではそんな分別を失うほど飲む人はいないのかな。
へべれけっぽい酔っ払いは見かけたけどね。

ウェールズ、スコットランドの城。ハドリアヌスの城壁。湖水地方。その他、都市と人々とのふれあい。やっぱ、行きたくなる。
関連記事
THEME:イギリス | GENRE:海外情報 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして