カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー

openclose

ときどき旅に出るカフェ 近藤史恵

奈良瑛子は、以前同じ会社に努めていた葛井円に再会した。円は瑛子の自宅のそばで、カフェ・ルーズというカフェを営業していたのだ。客を旅に出ている気分にさせるカフェ。円は、ほぼ毎月世界中に旅に出て旅先で出会ったおいしい料理やお菓子、飲み物をメニューに取り入れていた。
瑛子はカフェ・ルーズが気に入り、頻繁に通うようになる。

第一話 苺のスープ
第二話 ロシア風チーズケーキ
第三話 月はどこに消えた?
第四話 幾層にもなった心
第五話 おがくずのスイーツ
第六話 鴛鴦茶のように
第七話 ホイップクリームの決意
第八話 食いしん坊のコーヒー
第九話 思い出のバクラヴァ
最終話


Amazonの『ときどき旅に出るカフェ』のページ

第一話~第六話までは、瑛子の身の回りや店で起きた、ちょっとザワッとするような小さなミステリーを円または瑛子が看破していくという一話完結方式。
自宅のそばで気楽に行けてすてきな心地よいカフェで過ごす。このまま、ほわんほわんと続くのかと思いきや…。
第七話以降、カフェ・ルーズにライバル店登場というだけではない、円に何やらいわくがありげ。一話で完結しなくなり、「最終話」がそれまでのようなカフェメニューに掛けたタイトルがない。「最終話」とだけ記されたページを見ると、何とも不吉さを感じさせる演出。

語り手の瑛子は、控えめながらそつのない感じのいい女性だ。
好感の持てる人物だけに、心の中の描写として人を批判するときが刺さった。その批判が自分に当てはまるだろうと思えたから。カフェで大きな声で話していたり、人の悪口を言っていたりすることもあっただろう。
また、円も同様。外国のレストランにて日本語でその国を悪く言う。心当たり大アリ。
おっしゃることはごもっともだし、今後そのようなことのないようにとは思うけど、現実世界で自分が好きな瑛子や円のような人たちに内心そういうふうに思われていたんだろうなと思うとショックだよね。

瑛子のタイプは近藤氏の作品によくある若い男性の語り手とタイプが同じだ。内省的で周りをよく見ている。男性で世代も違うと、すてきな人物で流してしまうところだけど、同性となると、受け止め方が違うんだなあとも思った。
関連記事
THEME:ミステリ | GENRE:小説・文学 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK

当記事を引用の場合は、ぜひトラックバックをお願いします。それ以外の場合は、ご遠慮願います。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
自分的に人生で一番の読書ブーム到来。 忘れっぽいので、読んだ本のログをとることにしました。 題名だけじゃ、内容を覚えられなくて、読んだことすら忘れるほどの忘れんぼ。
カウンター
読みかけ
読み散らかしています。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Twitter
Blogram
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして